神龍ボルカニカ(リゼロ考察)の強さや正体!ルグニカの盟約やレイドとシャウラとの関係も

皆さんもご存知の『Re:ゼロから始める異世界生活』(通称:リゼロ)。

続編となる「2期・聖域編」が放送されましたね!楽しみに待っていたファンも多いのではないでしょうか!?

今回は、このリゼロより「神龍ボルカニカ」の正体や強さ、ルグニカ王国との盟約や「剣聖」レイドやシャウラとの関係など、調べていきたいと思います。

ネタバレも含まれているのでご注意くださいね!

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/15255
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/14485
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/14340
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/15543

目次

神龍ボルカニカのプロフィール

まず、神龍ボルカニカのプロフィールから紹介します。

名前:ボルカニカ
性別:不明(たぶん男性)
年齢:400歳以上

400年前に嫉妬の魔女サテラを封印した一人。なので年齢は400歳以上と思われます。

ボルカニカの情報は少なく、嫉妬の魔女に対抗するための保険として、現在でもエキドナの魂をこの世に繋ぎ止めているのはボルカニカだと言います。

また、三英傑「賢者シャウラ」「神龍ボルカニカ」「初代剣聖レイド」と名前は知られていますが、実はシャウラ曰く「皮肉屋」との事。

そして、エキドナに嫌がらせ用の魔法器/ミーティアを作られたり、剣聖レイドに返り討ちにあったり、レイドを嫌うシャウラからも「レイドが死ぬくらいならボルカニカが死ねば良いのに」と残念な言い呼ばわり。。。

また、怠惰の魔女・セクメトにタコ殴りにされ、大瀑布の向こうに追いやれたことでに苦手意識があるらしいです。。。

この事を知ったら、ボルカニカの印象が180度変わりました。嫉妬の魔女サテラを封印した人物には思えませんね。。。

ルグニカ王との盟約とは?

400年前「神聖ヴォラキア帝国」との闘いにて、当初のルグニカ王は龍神と盟約を結び、闘いに終止符を打った事が分かっています。

その、龍神との盟約とはどのような内容だったのでしょうか?

初代ルグニカ王は龍との盟約時、王国の繁栄をとだけはストーリーの内容から分かっています。

しかし、詳しい内容は分かっていません。

原作の3章にてドラゴンは自分と意思の疎通が可能なだけの存在と盟約を結んだわけじゃない。その人物が王国を背負う王であったから盟約を結ぶに至ったとあります。

龍はルグニカ王だったからこそ盟約を結んだことが分かりますね。

その王族が謎の病魔で次々と亡くなり、王国誕生のときより同じだけ歴史を積み重ね、王国の命運を左右する事態に呼応して文字を刻んできた竜歴石という予言版があるのですが、

「その内容が後の歴史を動かしてきたことを思えば、従うのが我らの務め」

と賢人会の代表であるマイクロトフは言っています。

その竜歴石に刻まれていた内容とは、今回の王不在の事態に対して

『ルグニカの盟約途切れし時、新たな竜の担い手が盟約の維持と国を導く。王家断絶の折、王家は竜珠に選ばれし5人の候補者を見つけ出し、新たな巫女として再び盟約を交わせ』

という内容の預言だったのです。

国の王が居ない今、一刻も早くドラゴンと意思を通わせることのできる『巫女』を新たに見出さなくてはならないという事ですね。

竜歴石

王国の命運を左右する事態に呼応して文字を刻む預言板。

ルグニカ王国王城にて安置されている。王族と神龍ボルカニカとの盟約の証として賜った国宝の一つ。破格の重要度として扱われており、竜歴石の安置された部屋には王族と、一部の限られたお役目のものしか入ることを許されない。

正方形の石版の形をしているが、その鉱物がなんであるのかは解明されておらず、材質同様にその機能の何もかもが明かされていない。

ただ確かであるのは、その石版が王国に何か危機的状況が迫ったとき、それを打開するための術が記述される、その一点である。過去にもルグニカは竜歴石の記述によって危機を脱したことが幾度もあり、その実績は十分に保障されている。

ちなみに、原作小説EX 「獅子王の見た夢」によると、400年前以前は獅子を紋章として持ち、国王を獅子王と呼んでいました。

神龍ボルカニカと盟約してから、ルグニカ王国となり、ルグニカ王国には龍との盟約を語り継ぐ宝珠があります。その宝珠をはめ込んだ紋章は資格にふさわしい者の中で輝くといいます。

その紋章に選ばれたのが今回のエミリアはじめとする王選のメンバーだったのです。

神龍ボルカニカとレイドとシャウラとの関係は?

400年前、嫉妬の魔女サテラを大瀑布の封魔石の祠に封印したとされる三英傑で名前が残っている3人が、「神龍」ボルカニカ「剣聖」 レイド・アストレア「賢者」シャウラです。

しかし、実際はシャウラではなく「賢者」フリューゲルで、フリューゲルはシャウラの師匠的な存在であり、またフリューゲルは自身の偉業をシャウラにすり替えたのでした。

また、原作では、レイドやシャウラなど登場し、どのような人物なのか分かりますが、ボルカニカは登場しない為、スバルが読んでいた絵本での龍のイラストでしか想像が出来ません。

その為、大きくて強そうな印象ですが、上記でも少し触れているように、レイドから返り討ちに合ったり、レイドを嫌うシャウラからも「レイドが死ぬくらいならボルカニカが死ねば良いのに」などと言われていたりと。。。

人物像は想像できても、全体的に一体どんな人物なのか想像が出来ませんね。

しかし、この3人は決して仲が悪いという訳にはなさそうです。

それは6章にて、スバル達がシャウラに会った際、レイドとボルカニカの事を聞いた時に、レイドは人間だから寿命で死んだと聞かされた時のシャウラは、物悲しい姿をしていたのです。

知己の『死』を知らされて、シャウラがしんみりとした態度で目を伏せる。ここまでの態度や言動がどうあれ、友人の死を悲しむ姿は平等に物悲しい。

この事から”友人”と表現しているので、何でも言い合える分かりあえた友人関係だった事が分かりますね。

神龍ボルカニカの登場回

何度も伝えていますが、神龍ボルカニカという名前はよく出てくるのですが、登場する事はあまりありません。

なので、どんな姿なのか、どのような経緯で登場するのかも不明です。

原作では、単行本ではなくWEB版の小説・6章にて、エミリアの前に登場しました。

また、ヴェルヘルムとテレシアが登場する外伝「剣鬼戦歌」という作品にて登場してきます。

今回はこの2つの登場シーンを見ていきたいと思います。

外伝「剣鬼戦歌」で盟約に従い登場!黒竜バルグレンを焼き払う

外伝「剣鬼戦歌」とは、「剣鬼恋譚」の数日後のストーリー、続編になります。

ヴォラキア帝国の息子・ストライドは龍の牙を用いてルグニカ国民20人の生贄の血で、邪龍バルグレンを召還しました。

そのバルグレンは3つの首の龍で、吐息で全てを焼き尽くし、ヴェルヘルムも3つの首を攻撃しましたが、倒す事が出来ません。

そんな中、当時のルグニカ王であるジオニス王は、ルグニカ王国の盟約の行使で神龍ボルカニカを呼びだし、ボルカニカは犠牲になった人々の傷を癒やし、バルグレンによる火災を沈下、青い浄化の息吹でバルグレンをチリと化し消滅させたのです。

しかし、ジオニス王がどのように、ボルカニカを呼んだのかは不明です。本作品にも詳しい事は書かれていません。。。

これはルグニカ王になった者でしか、分からない秘密なのかも知れませんね。。。

6章プレアデス監視塔1層でエミリアの前に登場

塔の2層にて、剣聖レイドと決戦するユリウスをおいて、エミリアはプレアデス監視塔の上へと駆け上がっていきました。

一心不乱に駆け上がっていくと、目の前に白い光が見え、ここで階段が終り、未知の一層へ続く光だと安堵したその時、目の前に広がったのは期待した一層と呼ぶべき空間ではありませんでした。

エミリアの目の前に現れたのは、塔の中ではなく、雲の上の外の世界だったのです。

そして目の前にいたのは、重々しく、魂に直接轟くような声で、その体を青く輝く鱗で覆い、魂さえ吹き消しそうな存在感と共に『神龍』ボルカニカが、エミリアの目の前に現れたのです。

『――汝、塔の頂へ至りし者。一層を踏む、全能の請願者』

『――我、ボルカニカ。古の盟約により、頂へ至る者の志を問わん』

この内容はまだまだ不明ですが、エミリアは『皆仲良くして!』と答えると、監視塔上空の雲が晴れました。

さらに一層に来たラムとパトラッシュでしたが、ボルカニカがパトラッシュを見て『パトラッシュ!?』と言っていました。ちょっとこれは予想外の展開ですよね。もしかするとパトラッシュは400年前から何か関係があるのか。

そして嫉妬の影が襲来した時、ボルカニカの息吹でそれを吹き飛ばしました。

まとめ

これまで、神龍ボルカニカについて詳しく調べまとめてきましたが、いかがでしたか?

以前のルグニカ王国を築き上げた獅子王との盟約にて、ずっとルグニカ王国を見守ってきたボルカニカ。その存在や威力からは想像できないほど、実はとても残念な性格の持ち主であり、意外な一面を発見できました。

2期・聖域編にて、この三英傑である「神龍」ボルカニカ、「剣聖」 レイド・アストレア、「賢者」シャウラが登場するのは不明ですが、原作にて、ボルカニカの登場で、今後どんな展開になるのか?

思うだけでも、楽しみで仕方ありませんね。

https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/15255
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/14485
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/14340
https://www.kagoshima-gourmet.jp/archives/15543

\「リゼロ」考察記事一覧/
リゼロ(アニメ)を無料視聴する方法
リゼロ1期アニメ リゼロ2期アニメ
氷結の絆OVA
リゼロ外伝小説ネタバレ
ゼロカラカサネルイセカイセイカツ アポカリプスガールズ
剣鬼戦歌 紅蓮の残影
赫炎の剣狼 Sword Identity
EX4最優紀行 Golden Sibilings
オルコス領の赤雪 魔女のアフターティーパーティ
氷結の絆 ゲーム偽りの王戦候補
リゼロ人物紹介ネタバレ記事
ナツキ・スバル エミリア
パック ロズワール
レム ラム
ベアトリス オットー・スーウェン
ガーフィール・ティンゼル フレデリカ・バウマン
リューズ・ビルマ フェルト
プリシラ・バーリエル アルデバラン
クルシュ・カルステン フェリス
ラインハルト ヴィルヘルム
アナスタシア・ホーシン ユリウス・ユークリウス
賢者シャウラ 大賢人フリューゲル
神龍ボルカニカ レイド・アストレア
エルザ・グランヒルテ メィリィ・ポートルート
フォルトナ ジュース
クリンド リゼロキャラ強さランキングTOP30
大罪司教・魔女の記事
大罪の魔女一覧 大罪司教一覧
ペテルギウス(怠惰) レグルス(強欲)
シリウス(憤怒) ライ・バテンカイトス(暴食)
カペラ(色欲) ストライド・ヴォラキア(元傲慢)
オメガ(復活後) サテラ(嫉妬)
エキドナ(強欲) カーミラ(色欲)
セクメト(怠惰) テュフォン(傲慢)
ダフネ(暴食) ミネルヴァ(憤怒)
パンドラ(虚飾) ヘクトール(憂鬱の魔人)
その他ネタバレ考察
叡智の書とは 魔女因子や賢人候補とは
聖域や結界とは エミリアの両親は誰?
エリオール大森林の封印とは 三大魔獣 白鯨/大兎/黒蛇
嫉妬の魔女サテラが聖域に顕現した方法 嫉妬の魔女サテラとエミリアが同じ顔の理由
リゼロ関連記事一覧
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる