賢者シャウラ(リゼロ)の強さや正体は大サソリでスバルをお師様と呼ぶ理由はフリューゲル?

「暴食」担当の権能により、レムたちは存在を奪われてしまいました。「暴食」の被害者たちを救うため、スバルたちは彼らを治せる術を知っているかもしれないという「賢者」シャウラの元へと向かいました。

今回は「賢者」シャウラのプロフィールや性格、強さや三英傑との関係などについてご紹介していきたいと思います。

目次

6章プレアデス監視塔で賢者シャウラが登場

リゼロ6章「記憶の回廊」編では、魔女教「暴食」担当の被害者となったレムたちを救うため、「賢者シャウラ」の知識を求め、スバルたちは賢者がいるというプレアデス監視へと向かいました。

彼らが向かったプレアデス監視塔というのは世界を半壊にした「嫉妬」の魔女サテラが封印されている大瀑布の封魔石の祠に近くにあり、それを賢者シャウラが監視している塔だと言います。

・アウグリア砂漠での魔獣の群れ
・シャウラの監視網

このような事もあるためにプレアデス監視塔に行くにもたどり着けないと言われてきた場所でした。

作中で最強と称されるラインハルトさえたどり着くことができなかったプレアデス監視塔にスバルたちはなんとか辿り着くと、そこに謎の美女が現れました。現れたのは400年以上プレアデス監視塔を守り続けているシャウラという女性でした。

賢者シャウラのプロフィール・性格

名前:シャウラ
誕生日:不明
年齡:400歳以上
身長:不明
肩書き:賢者
声優:不明

最初に登場しとき、シャウラは謎に包まれた美女という印象を抱いた人は多いかと思いますが、実は残念なキャラクターでした。シャウラはホットパンツに黒色のビキニ、そしてマントを身につけた美女です。髪をいわゆるツインテールに結んでいますが、彼女はそれをスコーピオンテールと呼んでいます。

性格はノリが軽く、語尾に「ッス」とつけて話します。400歳を超えているはずなのに、頭が弱く長齢であることが全く感じられません。

賢者シャウラの強さと針の攻撃

バカっぽい性格のシャウラですが、彼女はリゼロシリーズの中でも最強に近いとされている初代剣聖レイドと10回に1回くらい彼に両手を使わせるほどの戦闘能力を持っています。

そして彼女の得意技は自分の針と標的をマナで結び、それらを引き寄せる形で放つものです。「ヘルズ・スナイプ」と呼ばれるこの技は高速、高火力、高速射能力かつ超精密射撃なため彼女が守っているプレアデス監視塔へ近づくものはほとんどこの技で倒されています。ちなみにスバルもこの技で2回ほど体に穴を空けられてました。

賢者シャウラは三英傑ではなかった

シャウラは400年前に、「嫉妬」の魔女サテラを封印したとされている三英傑の1人として言い伝えられています。「賢者」シャウラの他に「剣聖」レイド・アストレアに「神龍」ボルカニカが三英傑です。彼ら3人が三英傑だと言い伝えられてきましたが、実は「賢者」が別に存在していました

本当の「賢者」はシャウラの師匠であるフリューゲルです。フリューゲルが400年前にサテラの封印に貢献し、その功績を弟子のシャウラのものにしました。フリューゲルは目立つのが嫌いな性格をしており、これまでに多くの功績を弟子に押し付けてきました。

なので、シャウラ自身は功績があるわけではなく、「賢者」というのもシャウラにつけられる栄誉ではなかったようです。

フリューゲルはサテラを封印したあと、彼が建てたプレアデス監視塔をシャウラに守るよう命令しました。シャウラは守るという命令以外にプレアデス監視塔について教わっていないため、塔についてはあまり知らないようです。

正体は試練のルールを破ると大サソリに!シャウラの星の意味も

シャウラは師匠であるフリューゲルからプレアデス監視塔を守るよう命令され、これを400年間守ってきました。守り人の他にもシャウラはプレアデス監視塔で行われる試練の番人もしています。

試練には5つの条件があり、このうちのどれか1つでも破ってしまうとシャウラは番人として挑戦者を殺すことになります。条件を破ってしまうと何らかの仕組みでシャウラはわかり、また違反者を罰する時にシャウラの意志はないので彼女によく思われようと関係ありません。

そしてシャウラという名前は蠍座(サソリ座)の2等星に由来しており、星名の意味は「針」です。シャウラの得意技「ヘルズ・スナイプ」も針を使うものなので、この技は彼女の名前から由来しているようです。

皮肉にも冒頭でも話したシャウラの髪型の「スコーピオンテール」は、シャウラの「さそり座」の意味、そして巨大はさそりとなって挑戦者を襲うような意味も含んでいたと思うと悲しいですね。

スバルをお師様と呼ぶ理由は?フリューゲルと勘違い?

作中ではシャウラはプレアデス監視塔に来たスバルを「お師匠様」と呼びました。この師匠というのは先ほども書いた「大賢者」フリューゲルのことです。

シャウラは人間の顔を区別することができないようで、人を臭いで区別をしています。なので、スバルとフリューゲルの顔が似ていたということではなく2人は同じ臭いをしていたということになります。

スバルだけがフリューゲルと同じ臭いをしていたのか、2人の臭いが同じことが大きな鍵となるかは今の所わかりません。

ただ、シャウラは「3つ・・・」とスバルに会った際に言っていました。恐らく臭いで判断していることから、魔女因子の数ではないでしょうか?もしそうならフリューゲルも過去に魔女因子を複数持っていたことになります。

4章から出てくる「賢人候補」という言葉も、恐らく魔女因子を持っている人のことであり、シャウラがフリューゲルの事を「大賢人」と呼ぶことを考えれば、フリューゲルは全ての魔女因子保持者だった可能性が高いです。

スバルは、この時点で怠惰と強欲を持っていますが、残りは嫉妬なのか傲慢なのか・・・

また、シャウラは「お師様」の他に「かか様」なる人物の名前も発言しています。これは誰のことなのか不明です。

まとめ

今回は「賢者」シャウラのプロフィールや性格、強さや三英傑との関係などについてご紹介していきました。

アニメでの放送はまだ先になるかと思われますが、アニメ1期で眠り姫にされたレムたちを救うヒントがシャウラにありそうです。

彼女がどう彼らの復活に関係するか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる