バギー現在の懸賞金は31億8900万ベリーで確定!クロコダイルへの借金や海軍の勘違いでクロスギルドのリーダーで四皇に【ワンピース1058話考察】

ワンピース1058話では、麦わらの一味からバギーやミホークにクロコダイルまでも懸賞金が判明します。

そこでバギーの懸賞金がなんとルフィ超えの31億8900万ベリーという驚きの金額でした。

今回はバギーの懸賞金について、クロスギルドはクロコダイルが発起人でポスターで真ん中にいたことから、海軍が勘違いしてバギーをクロスギルドのリーダーだと認識して、懸賞金を上げ四皇認定したということ、クロコダイルに借金をしていたことなどご紹介します。

目次

バギーの懸賞金が31億8900万ベリーと判明

ワンピース1058話ではクロスギルドについておおよそ描かれますが、その中でバギーの懸賞金がついに判明しました。

31億8900万ベリーということでとんでもない金額です。

バギーの懸賞金が過去に公開された時は1500万ベリーとなっており、ここから更新されないままになっていましたが、さすがに途中で更新はされたでしょうね。

ロジャー海賊団にいたことや、インペルダウンからの脱獄、王下七武海入りにバギーズデリバリー結成など、さすがに1500万ベリーのままではなかったでしょう。

バギーが31億8900万ベリーの理由

そしてなぜバギーはこんな懸賞金になったかと言えば、もちろんクロスギルドが理由でした。

ただ、おかしな点がありました。それはクロスギルドの本当の発起人でボスなのがクロコダイルだったことです。ミホークを誘ったのもクロコダイルであり、2人はバギーの部下ではありませんでした。

しかし誰が作ったポスターなのかバギーが中心に描かれていたことから、海軍は勝手にバギーをリーダーだと判断したということです。そしてそれを理由として懸賞金を跳ね上げ、四皇にしたということでした。

完全に勘違いで成り上がった結果ですよね。バギーは凄いことを実際にしてはいますけど、こういった感じで手柄を手にしたりもしたことがあったり、悪運がめちゃ強いですよね笑

ポスターはもしかするとクロコダイルがバギーにリーダーを押し付けた形でわざとああいうのを作ったとかあるかもしれませんね。

バギーはクロコダイルに借金をしていた

そして今回バギーはクロコダイルに借金していたことが判明します。

バギーズデリバリーではある程度稼いだようですが、なんと人が多すぎて食費などで吹っ飛んだそうです。そこで運営資金をクロコダイルに借りたということでした。

そんな中、バギーは海軍に囲まれてしまいますが、そこにクロコダイルがやってきて海軍を蹴散らします。それを見てクロコダイルがバギーの元に来て海軍をやっつけてくれるなんてと部下達が思いますが、実際はバギーへ金の取り立てに来ただけでした。

そして返す金がなかったことから、クロスギルドに入れてくれと下僕になると言います。そしてデザインや宣伝・運搬などは任せてくれと言いました。そして部下に任せた結果、バギー中心のポスターになってしまい、海軍に勘違いされたという流れです。

そうしてミホークとクロコダイルに詰められることとなります笑

今後のバギー

ここまで成り上がってしまったバギーですから、これからさらにとんでもないことになりそうです。

ワンピースの目の前に行くとか、最終的にルフィと戦うとか、天竜人と戦うことになるとか。

バギーみたいなキャラは今までもあった通り、何かしでかしそうですよね。

ロジャーの船に乗っていた時に知った凄いことも知っていそうですから、やっぱりバギーって凄いとなりそうです。

まとめ

今回はバギーについてまとめてみました。

まさかの懸賞金ルフィ越えは笑ってしまいましたが、今後の行方は気になりますよね。

正直海賊王にはバギーがなっても笑って許せそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次