乙骨の真贋相愛の効果強すぎ!fate無限の剣製で掌印や無制限の術式模倣コピー【領域展開/呪術廻戦249話考察】

本サイトでは広告を利用しています

3.3/5 - (3 votes)

呪術廻戦249話にて、乙骨がついに領域展開『真贋相愛(しんがんそうあい)』が宿儺に向かって披露されました。

そこで今回は真贋相愛の効果や強すぎる能力、fateの無限の剣製が元ネタで乙骨の手印や無制限の術式模倣についてご紹介します。

目次

乙骨の領域展開・真贋相愛

乙骨は日車がやられたことについて考えており、羂索については自分が終わらせたかったことや、呪霊の暴走を止めるのにもリカちゃんの力が不可欠だった。全て言い訳で、全て僕が悪い。だからこの領域内で全ての決着をつけると考えて『真贋相愛』を発動しました。

真贋相愛の効果は、無制限の術式模倣だと宿儺が話していましたね。さらに領域に付与されている必中術式はなんとあの天使の術式を消滅させる『邪去侮の梯子』とのことでした。生身の宿儺もかなりダメージを受けていましたよね。特に魔の物に効くと言っていたはずです。

真贋は本物と偽物のことで、相愛は互いに愛し合っているという意味です。術式をコピーする乙骨の術式に、リカちゃんと相思相愛だという意味が込められた領域展開でしょう。

真贋相愛はfateの無限の剣製が元ネタ

そして、真贋相愛の領域内ですが、なんと複数の刀が刺さっていました。

場所も瓦礫まみれで動きにくそうな場所でしたね。

この複数の刀があることが、fateの衛宮士郎の無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)と同じだと言われています。

衛宮士郎の場合は無制限に武具の複製ができ、その所有者の記憶や経験までもが付与されたものとなってします。乙骨も術式をコピーされた刀がばら撒かれているので、衛宮士郎の無限の剣製と似ているとネットで言われています。

乙骨の掌印?

そして乙骨の領域展開は以前に使おうとしましたが、その時は辞めましたよね。

今回ついに使いましたけど、手印はかなり簡単で右手の手のひらを手前に向けるだけのものです。調べましたが意味はわかりませんでした。同じようなものが見つかりませんでした。

乙骨のものはシンプルでかっこいいですよね。個人的にも好きです。

無制限の術式模倣が強すぎ

そして乙骨の領域展開が強すぎとも言われています。

この理由は術式を無制限に使えるからでしょう。乙骨は呪力量がとんでもないですから、相当な厄介な力となるでしょう。宿儺は天使の術式の対抗策として簡易領域を使わせて腕と口を使わせないようにして、その間に術式コピーで責めることでした。宿儺でさえ劣勢の状況になっていましたけど、このまま宿儺は終わらないでしょう。

今回は烏鷺の術式を使いましたけど、最近戦った相手の術式も使うかもしれませんね。石流も戦いましたよね。その石流は宿儺に瞬殺されていましたけど。

まとめ

ということで今回は乙骨の領域展開についてご紹介しました。

狗巻からも何かもらっていたと思うので、それが次に使われるかもしれませんね。乙骨の奥手がどうなるか楽しみです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次