真贋相愛(しんがんそうあい)の意味能力元ネタfate!乙骨憂太の領域展開名前に衛宮士郎の無限の剣製アンリミテッドブレイドワークス【呪術廻戦249話考察】

本サイトでは広告を利用しています

3.4/5 - (15 votes)

呪術廻戦249話にて、ついに乙骨が宿儺に対して真贋相愛(しんがんそうあい)という領域展開を発動しました。

そこで今回は真贋相愛の意味や、能力、そして元ネタがfate(フェイト)の衛宮士郎の固有結界『無限の剣製』ではないかということなどご紹介します。

目次

乙骨が領域展開『真贋相愛』を発動!能力の内容

乙骨がついに領域展開を発動しました。

日車が死んだのも全て自分のせいだとし、責任を負うつもりのような感じでしたけど、そこで領域展開『真贋相愛(しんがんそうあい)』を発動しました。

その領域は荒廃していて、刀が複数置いてありました。

この刀の一つ一つが恐らく術式が込められた刀となっていると思われます。

まず、領域に付与されているのは、天使の術式と宿儺が予想していました。これは邪去侮の梯子であり、あらゆる術式を消去するもので、当時食らった宿儺も黒焦げになっていました。これに対して簡易領域である彌虚葛籠を使わせ続けて、手と口を封じるという話でした。

そして、領域内でのみ使える無制限の術式コピーで攻めるという内容でした。

そもそも乙骨のコピーは元々無制限で使えていたと思っていたのですが、違ったようです。領域内でなら、もっと使えるということなのでしょうか。それなら五条の術式とか使えないんですかね。

真贋相愛の意味

では真贋相愛とはどんな意味なのか?

これは結構簡単ですね。真贋とは本物と偽物という意味です。つまり乙骨はコピーの術式なので、贋。贋作ということですね。

そして相愛とは互いに愛し合うことです。これはリカちゃんの事を言っているのかもしれません。もしくはコピーした術式達すら愛しているとかそういうこともあるかもしれません。

そういえば、領域内にリカちゃんの姿が見えませんでしたけど、いるんですかね。

烏鷺亨子の宇守羅彈(うすらび)を使いましたけど、その後に刀が消えていたことから、術式コピーは一回きりではないかと疑っていましたが、無制限のコピーだと宿儺は言っていたので、何回でも使えるはずです。

真贋相愛の元ネタは衛宮士郎のアンリミテッドブレイドワークス?

そして上記の動画を見てみればわかりますが、この乙骨の領域展開の複数の刀ですけど、フェイトの衛宮士郎の無限の剣製(UBW/アンリミテッドブレイドワークス)という固有結界と似ています。

恐らくこれが元ネタではないでしょうか。

これは、魔術で作り出した刀剣を持ち主の記憶や経験すら模倣し複製するものです。乙骨のコピーと似ていますね。衛宮の無限の剣製は簡単に言えば『無限に武具と能力を模倣する能力』となります。

乙骨の場合は『無制限に術式をコピーする能力』ですよね。かなり内容が似ています。

真贋相愛は受け切られる?

そして、宿儺はどうなるかですけど、今回虎杖の魂を捉える打撃という言葉が出てきました。244話でグラァと宿儺にパンチした時のやつはこれだったんですね。となれば日下部と入れ替わったのは何だったんでしょうか?捉えるだけじゃ入れ替わりは変ですよね。

乙骨が宿儺をどれだけ抑えられるかにかかっていますけど、うまくは行かないでしょうね。

フーガを使っていませんから、宿儺には奥の手がまだまだ残っています。

簡易領域を使わせてはいますが、乙骨の術式コピーでどこまで攻められるでしょうか。

まとめ

ということでついに乙骨の領域展開が見られました。

思ったよりシンプルでしたね。

見た瞬間アンリミテッドブレイドワークスやんと思いましたけどね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次