よう実3期は全何話13話!何巻どこからどこまで?1年生編全てアニメ放送

本サイトでは広告を利用しています

3/5 - (2 votes)

2017年から1期が放送されている『ようこそ実力至上主義の教室へ』

2期が2022年に放送され、よう実3期は2024年1月からスタートします。3期は1年生編全てアニメ化するということですが、全何話で何巻どこからどこまでやるのでしょうか。

目次

『よう実3期』は全何話放送?13話が最終回

『よう実3期』は全何話放送するのでしょうか。公式サイトのBlu-ray&DVD情報によると全13話放送することが分かっています。

2期も全部で13話でしたし、Blu-ray&DVDは全4巻で計13話と特典映像が収録されています。1月から13週間アニメを楽しめるということですね。

この13話で1年生編全てがアニメ化するということですが、よう実は小説の内容が盛りだくさんなため、アニメでカットが多いことでも話題になっていました。

13話で全てを描き切ることは少し難しい内容量だと思うので、今回のアニメ化でどのように映像化されるのか注目していきたいですね!

『よう実2期』は小説何巻どこまでやった?

『よう実2期』は小説何巻どこまでやったのでしょうか。1期が小説の1巻から3巻まで放送され、2期では4巻から7,5巻までやりました。4,5巻は夏休み中の話なのですが、プールの出来事などは1期ですでに放送されているので、それ以外がアニメ化されています。

無人島での特別試験の後、優待者試験が始まりA〜Dクラスの生徒14人でクループとならなければなりませんでした。また軽井沢のいじめ事件などもあり、軽井沢が綾小路の協力者になります。

また体育祭もありました。龍園の卑屈な作戦や櫛田の裏切りなど多くの内容のある体育祭ですが、1番の目玉は生徒会長でもある堀北学と綾小路のリレー直接対決でしょう。最終的に堀北学が勝利しますが綾小路の本気が周囲の人に知られたエピソードです。

その後の期末試験ペーパーシャッフルの過程で綾小路グループも結成されます。またその後の龍園との戦いを通して綾小路の本当の強さに私たち視聴者も驚かされたのではないでしょうか。

『よう実3期』は小説どこからどこまでやる?

『よう実3期』は小説の8巻から11,5巻まで放送されるでしょう。

8巻では林間学校での合宿が描かれました。2年生の次期生徒会長の南雲と同じグループになり交流することになります。大浴場のアレの大きさ比べにも注目ですね。

9巻では一之瀬が昔万引きをしていた罪が明らかになります。坂柳が綾小路を引き出すために仕掛けており、次の試験で対決することになります。

10巻ではクラス内投票でクラスからひとり退学者を選ばなければならなくなり、これも坂柳の作戦が動いていました。11巻の1年生最終試験で綾小路と坂柳はチェスで戦うことになりますが、綾小路の退学を目論んでいる月城に妨害されてしまいます。

11,5巻では春休みの様子が描かれます。月城のことや堀北との勝負など2年生編へのつながりが多くある巻なのでそこがどのように描かれるのか注目だと思います。

『よう実3期』の見どころは?

『よう実3期』の見どころは、やはり綾小路と坂柳との直接対決でしょう。クラス対決でクラスひとりだけがなる司令塔は、負ければ責任をとって退学しなければなりません。プロテクトポイントを坂柳の作戦で所持している綾小路が司令塔になります。

Aクラスも坂柳が司令塔になったため、7回戦目のチェスで直接対決をします。しかし理事長代理で現れた月城に邪魔をされ、公平な勝負ができませんでした。

そのため図書館でもう一度チェスをすることになります。二人だけのチェスがどんな風にアニメ化するのかも楽しみですね!

また一之瀬との雨のシーン軽井沢への告白シーンなど恋愛的要素もかなり見どころでしょう。軽井沢を抱きしめる綾小路の表情にも注目したいですね。また個人的に髪の毛を短く切った堀北も楽しみにしています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は『よう実3期』の内容について考えていきました。

Dクラスで始まった綾小路たちのクラスですが、1年を通してそれぞれのキャラクターの成長や変化が感じられました。最後まで1年生編を見届けるのはもちろんですが、2年生編のアニメ化にも期待していきたいですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次