ワンピース緑牛の名前はアラマキ!顔モデル俳優は原田芳雄で腰の刀や能力は指から蔦植物を出し人の養分を吸収!体に書かれた死川心中とは?【海軍大将/りょくぎゅう】

ワンピース1053話にてついに海軍大将の緑牛の名前がアラマキであることや姿と素顔が判明しました。

そこで今回は緑牛アラマキのモデルの俳優は恐らく原田芳雄さんであること、能力は植物を生み出すこと、指から蔦を出して操ったり、人から養分を吸収したりすることについてなどご紹介していきます。

目次

海軍大将緑牛の名前はアラマキ

ワンピース1053話にて、ついに海軍大将である緑牛が紹介されました。

これまで影や前回の話でも後ろ姿などしか映っていませんでしたが、今回は体全体や顔まで映りました。

さらに名前がアラマキということです。

大将と言えば、

・青雉 クザン
・赤犬 サカズキ
・黄猿 ボルサリーノ
・藤虎 イッショウ


となっていましたが、ここに緑牛 アラマキが追加されました。

緑牛アラマキのモデルの俳優は原田芳雄

これまで緑牛の顔がわからなかったので、モデルが誰かなど確定できませんでしたが、恐らく今回の顔から原田芳雄さんということになりそうです。

そして原田芳雄さんがタバコを咥えている画像がちょうど今回の緑牛がタバコを咥えている絵と同じなんです。

ちなみに青雉のモデルである松田優作さん松田優作さんは兄のように原田芳雄さんを慕っており、後に原田芳雄さんさんの家の隣まで引っ越したというエピソードもあるくらいです。

ワンピースで緑牛と青雉と仲が良い描写なんてあれば、まさに現実の仲を意識した内容ですよね。

ちなみに映画『浪人街』では、原田芳雄さんは『荒牧源内』という役をしていたそうです。名前そのままとってきたんですね。

緑牛アラマキの能力は植物

そして緑牛アラマキの能力ですが、今回登場した絵では、指から植物の蔦を伸ばしていました。

前回は背中に生やした花からその回転で空を飛んでいましたよね。

ということは、木から花まで全ての植物に関するものを自由に操れるものだと思っていいでしょう。

そして植物を作り出せるということから、なんと人の栄養分まで吸い取ることなんてできるようです。だから食事をずっとしなくても生きていけたんですね。

過去に登場した時には食事を全然とっていないことを言っていましたし。

そしてなんとキングやクイーンも緑牛の植物の蔦によって一瞬でやられています。そしてその栄養分なのかキュポキュポ吸い取って体が枯れていっているようです。

もしかすると、枯れたワノ国は緑牛の植物の能力で復活させることなんてあるでしょうか?

緑牛アラマキの腰の刀は?

そしてアラマキの腰には刀がありました。

これも業物なのかわかりませんけど、刀を持つキャラというのは結構限られますよね。

可能性として緑牛もワノ国出身とかありえるのでしょうか?よく見るとズボンには花びらの柄が入っています。このような花をモチーフにしていることからもワノ国出身はなくはないと思います。

緑と刀というだけなら、ゾロと一緒の設定ですよね笑

緑牛の髪の色がモノクロだとわかりませんが、やはり緑なのでしょうか?

緑牛アラマキの体に刻まれた死川心中とは?

上半身を晒しているアラマキですが、その体には大きな字で『死川心中』と書かれてありました。

これだけ大きな字で書かれていることにはその意味があるはずです。

そこでネット検索してみた所、この四字熟語はないようです。なのでワンピースオリジナルの言葉という意味でしょう。

さらに調べるとモデルである原田芳雄さんの歌に『新宿心中』という歌があったようです。それにかけた文字なのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる