ルフィギア5の新技覚醒能力一覧を解説!ゴムゴムの巨人(ギガント)・風船・縄跳び・脱出ロケット【ギアフィフス/ワンピース1045話考察】

ワンピース1045話『NEXT LEVEL』にて、ルフィが覚醒した力でカイドウに新技を見せました。

以前使っていた技もありますが、その用途がこれまでとは違った覚醒能力を使いながらになっていました。

そこで今回は、ルフィのギア5の新技をそれぞれ『ゴムゴムのギガント(巨人)』『ゴムゴムの風船』『ゴムゴムの縄跳び』『ゴムゴムの脱退ロケット』について解説していきます。

目次

ワンピース1045話でルフィの新技が炸裂

https://twitter.com/YutooChizuru/status/1509462627071582209

1045話『NEXT LEVEL』では、能力が覚醒したルフィがカイドウと再度戦います。

ヤマトやカイドウの話では、全身の色が服を含めて真っ白になったルフィ。想像もつかないありえない攻撃をしていきます。

前回の1044話では、カイドウのボロブレスを地面を剥がしてゴム状にして跳ね返していましたよね。そのことからパラミシア系の他に能力を付与する力が発動しています。

カイドウもそのように分析していましたが、ルフィの姿の変化はゾオン系のようだと不思議に思います。ルフィの場合ニカの力がゴムなので、ニカの体に変身することがゾオン系の力であり、ゴムゴムの力はニカの体の性質だったというわけですね。

そこで1045話ではついに新技とも思えるとんでもない力を使ってカイドウと戦いますので、それを1つ1つ解説していきます。

ルフィのギア5の新技一覧と解説

ゴムゴムの風船

https://twitter.com/anishaciii/status/1509473798218678275

まずはカイドウの目の前に笑った状態でボヨンボヨンと飛び跳ねていたいたルフィ。不意を突かれてなんとカイドウの口の中え呑み込まれてしまいます。

しかしそのままルフィはカイドウの腹の奥へと行き内側から暴れます。

そんな時『ゴムゴムの風船』と言って中でルフィが膨らんだのか、カイドウの腹が一気に膨れます。モモの助はそれを見てカイドウが太っていると言います。

カイドウは俺はゴムの体じゃねえぞと言っていたことから、カイドウの体が膨らんだことはルフィが付与したゴムの力によるものでしょう。そして風船の力上空へふわっと浮かんでいきます。

腹の中にいるとかどういうことなんですかね笑

ゴムゴムの脱出ロケット

そして腹の中から脱出する為に、ルフィはカイドウの腹の中から2つの光を見つけます。それはカイドウの目の部分でした。

カイドウの目からルフィは両手を突き出します。カイドウの目はゴムのように伸びてそのままルフィはカイドウの鼻を掴みます。

その勢いを使って『ゴムゴムの脱出ロケット』という名でカイドウの腹の中から飛び出します。飛び出たルフィの腹も膨らんでおり、膨らませた息を吹き出すと、さらに雲がある上空へ飛んで行きます。

カイドウの口の中汚そうですよね。カイドウのよだれがルフィにたくさんついてそうです笑

ゴムゴムの巨人(ギガント)

https://twitter.com/Ervinempoamb/status/1509465117855031299

そして上空から出てきたルフィはなんと『ゴムゴムの巨人(ギガント)』と言ってなんと全身が巨大化しており、カイドウと同じもしくはそれ以上の大きさになっていました。

これまでのギア3の骨風船とは違い全身がそのまま巨大化しており、服までも一緒に巨大化していました。

それを見たヤマトとモモの助はあれは誰なのかと驚き、しかしあれからルフィの声が聞こえると言います。

これまでのルフィの技はなんとなく理解はできましたが、このギガントについては意味不明です。ゴムの力を持ってしても空気でふくらませるとかではなく、体全体がそのまま大きくなり巨人族のようになっていました。

ニカは巨人族の血が入っているのかとも思ってしまう姿でした。

ゴムゴムの縄跳び

https://twitter.com/the_stle/status/1509474442140913664

しかし巨大化したルフィでしたが、そのままカイドウに胴体を噛みつかれてしまいます。

ルフィはぎゃあああと言う中、カイドウを両手で掴み『ゴムゴムの縄跳び』と言ってカイドウを縄のようにしてぐるぐると自分を中心にカイドウを縄跳びのように回します。

しかしカイドウはボロブレスを放つとルフィがモロに受けてしまい焼け焦げます。ちゃんと火は効くんですね・・・笑

空中移動

そして空中に放り出されたルフィでしたが、脚を回転させるとなんとそのまま脚に火がついたようにブィィーンと空中を移動します。

これはどういう原理なんでしょうね。そもそもこのルフィが燃えているように見える何かは謎です。

そうしてカイドウの元へ再度くると、ゴムゴムの〜〜と何かを出そうとしますが、カイドウの降三世 引奈落にをウケてしまいます。すると鬼ヶ島の地上にいた人たちの頭上にルフィの顔がドームの天井がら突き出てきて全員が驚きます。


心臓の音で回復し再度覚醒状態に

ルフィがそこから抜け出しカイドウの前に戻ってくると覚醒した姿から黒髪に戻り、顔も体もよぼよぼのおじいちゃんのような状態になってしまいます。

ルフィはつかれたと言い、これ消耗が激しいともいいます。カイドウが安心して死ねというものの、死んだら骨だけだとルフィが言い、モモ、玉、錦えもん、ペドロの名前を言います。

ルフィが『上がれ心臓の音』と言うとまた『ドンドットット』と音が鳴り、またルフィの姿がニカの姿になります。しかしその瞬間カイドウに金棒で殴られてしまい、顔が金棒の形にトゲトゲになります。

ゴムなので、凹んだだけですがめちゃめちゃおもしろい顔になっていました笑

さらにカイドウの一撃をウケて地面に潰れたものの、ボヨンとなってダメージはないのか岩に飛びつきます。

腕振り回しパンチ

https://twitter.com/MarceloSchoffen/status/1509480606480142336

その状態で、ルフィはカウントダウンをします。3,2,1,0と言うと岩から離れ、腕を回転させながらカイドウに飛びつきます。

その腕はハンマーのようにしなり、カイドウの顔面を直撃し、カイドウの後頭部を貫いたように頭の後ろからルフィの手を飛び出します。

カイドウは倒れ、貫いたように見えた顔面でしたが、倒れたカイドウの顔に穴は開いていませんでした。つまりこれは攻撃の瞬間なのか、カイドウをゴム化させたということでしょう。とんでもない力です。

まとめ

ルフィのゴムの力を物体や生き物にも付与できるパラミシア系の能力、そして自身が心臓の『ドンドットット』という音で姿が代わり、巨人化したりもできるゾオン系の能力。

まじでルフィの能力が凄すぎます。

今回カイドウの攻撃にも痛えー!とは言っていたものの、ダメージをたくさん食らったようにはみえませんでした。以前は、カイドウの攻撃を食らった時はゴムのようにしなったりはしませんでした。

しかし今のカイドウの攻撃を食らっても全てルフィの体がゴムのように柔らかくなり衝撃を吸収しているように見えました。カイドウの金棒もゴム化したら威力なくなりそうですよね。

もうカイドウとの戦いがクライマックスですが、どんな技で決着をつけるのか楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる