248話で処刑人の剣が効果不発の理由なぜで虎杖は宿儺に当たらなかった?日車が死んだから?【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

呪術廻戦247話にて、日車が自分の命と引き換えに虎杖に処刑人の剣を渡しました。

しかし248話で虎杖が宿儺に処刑人の剣を突き刺したと思いきや、宿儺はなんともなく、普通に生きており、伏黒と分離されませんでした。

今回の描写がわかりにくかったので、どういうことなのか考察してみました。

目次

処刑人の剣の効果が発動しない

まず前回を振り返っていきましょう。

宿儺にやられまくっていたものの日車が覚醒したことによって、宿儺が興味が湧いてまだ生かされていた状況になっていました。

反転術式を使わせたりもしましたが、最終的には自分の命をかけて、宿儺に隙を作るようにしました。その結果、背後に回り込んだ虎杖に処刑人の剣を渡し、虎杖が宿儺の背中に突き刺そうとします。

しかし今回の248話では、なぜか宿儺にそれを効いておらず、すぐ後には処刑人の剣が消えてしまいました。

この描写が凄くわかりにくかったので、どんな結果になったのはよく理解していない人が多いようでした。

虎杖の攻撃が宿儺に躱されていた?

まずは1つ目。それは虎杖の攻撃が宿儺に躱されたことです。

虎杖は宿儺の背後にいたはずなのに、逆に宿儺がいつの間にか虎杖の背後にいました。

なので、これは躱したということなのかもしれません。

その後にすぐ処刑人の剣が消えてしまいました。ただ、ズバンッと効果音があったので、切り刻んだようにも見えたんですけどね。

日車が死んだことで処刑人の剣が消えた?

正直日車が死んだ、とはわかっていません。しかし今までの状況や回想から日車は死んだとするほうがいいでしょう。処刑人の剣も使えなくなりましたからね。

処刑人の剣が消えたタイミングで、憂憂と星綺羅羅が日車を回収していました。

宿儺も五条悟の死体が消えたのも奴らの仕業と言っていたので、日車も死体と認識したのかなとも思っています。その後『死んでもなお神武解はもっていかれたか』と言っていたので、日車の死亡は確定でしょう。

なので、日車が死んだことで処刑人の剣の効力もその瞬間に消えたのではないかという説です。

呪具として残っていたわけではない

そして、虎杖に処刑人の剣を渡したタイミングで日車が死んだとして、前回はそれで処刑人の剣が呪具として残ったのではないかと思っていました。

なぜなら日下部と日車の会話でハンターハンターの『死後念が強まる〜〜』をオマージュした『死後呪いが強まることもある』と言っていましたから。

なので、処刑人の剣が呪具として虎杖の手元に残ったということだったと思っていました。しかしこの『死後呪いが強まる』というのは、神武解が持っていかれたことが死後強まる呪いはこれのことだったかもしれません。

処刑人の剣が効果をなさなかった結論は?

では結局何なんでしょうか?

でも、見た感じ私は宿儺に躱されたと思っています。

なぜなら宿儺に傷一つついていなかったからです。もし刺さっていれば、そのまま背中に突き刺すような感じになると思っていました。

なので、虎杖がミスをしたということではないでしょうか。芥見先生……日車の死は意味がないものとなってしまいました。これはきついてです。でも神武解だけは使えないようになっていましたので、これは日車の功績でしょう。

宿儺の口から死亡が確定したようなので、日車が生き返ることはないでしょう……

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次