メイドインアビス3期アニメ続編の放送日いつからで内容ネタバレ!何巻何話どこからどこまでが続き?

2022年7月より『メイドインアビス』2期が放送されています。現在まで深界6層成れ果て村を中心にストーリーが展開されています。

今回はそんなメイドインアビスの3期について考察しました。2期の内容を始めとして3期の放送や3期の内容について触れていますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

では見ていきましょう。

目次

『メイドインアビス』2期アニメはどんな内容で漫画何巻どこまで?

『メイドインアビス』2期は現在7話まで放送されています。深界5層前線基地(イドフロント)から降り、深界6層に到達する場面から2期がスタートしました。

深界6層成れ果ての村を中心に物語が進行しており、リコたちの現在ガンジャ探窟隊の過去の真実が現在の7話まで描かれています。7話の時点で成れ果ての村が誕生するまでの過去は完結していませんが、ここまでが漫画では8巻後半~9巻序盤の内容になっています。

8話以降では成れ果ての村自体がイルミューイの成れ果てた姿であること、ファプタはイルミューイが欲望の揺藍の力で産んだ子供の生き残りであり、イルミューイとその子供たちを食したことで永遠の命と安住の地を得ている成れ果ての村への復讐、そして母親イルミューイを解放しようとするファプタがこの先で描かれると見ています。

最終的にはリコたちと共にファプタは行動を共にすることになります。漫画では成れ果ての村編は6巻終盤から10巻まで描かれています。そして現在の7話で9巻に差し掛かっている事から、10巻の成れ果ての村編の完結までが2期の内容になる、と考察しています。

『メイドインアビス』3期アニメの放送日や続編放送予定

メイドインアビスは非常に人気タイトルなので続編や3期アニメ化等に非常に期待が持てる作品だと考えています。

ただし、成れ果ての村編完結が2期までの内容となってしまうと、3期アニメ化する分の原作量最低でも1章開始~1章完結分の原作量)のストックが揃うまでは時間を要する可能性もあります。

原作に沿った本編の内容をアニメ化するとなると、3~4年は掛かると考えています。ですが本編総集編の劇場版、完全オリジナルストーリーの劇場版やOVAといった本編とは別の作品であれば1~2年以内に展開される可能性はあります。

原作本編に沿ったストーリー内容であれば3~4年、本編総集編あるいは完全オリジナルOVAや劇場版のように本編とは完全な別作品であれば1~2年程度での公開の可能性はあると考えています。

『メイドインアビス』3期アニメが放送なら漫画何巻何話から何巻までと原作ストックも

『メイドインアビス』が3期アニメ化されるなら原作漫画では成れ果ての村編が完結し、ファプタがリコ達と行動を共にし始めるところからのスタートとなります。

ですので原作の漫画だと10巻成れ果ての村編完結以降~となります。なので10巻58話または59話以降からと考えています。原作漫画は現状11巻まで発売されているのでそこまでは確実に収録されるでしょう。ですがこの時点でも明らかに3期アニメ化分の原作のストック量はありません。

1期(1~4巻)劇場版(4~6巻途中)2期(6巻後半~10巻)単純に考えても漫画10巻分の内容がこれまで収録されています。劇場版を除く1期と2期で各漫画4巻分程度の内容となっています。ですので最低でも14巻辺りまでの原作量が必要になる、と考えています。

『メイドインアビス』3期アニメの見どころ・登場人物

メイドインアビス3期ですが、ファプタを仲間に加えて冒険を再開しています。ですので6層よりも更に下の未開の地へ赴くことになるでしょう。

6層ですら未知の環境や成れ果てといった未開のもので溢れていました。ですのでやはり更にその下の7層に潜るに辺り、6層までの常識すらも通じない世界の冒険、が最大級の見どころでしょう。

そしてファプタは白笛の声が聴けるため、母ライザの手がかり枢機の輪といった謎の多いワードについても進展があるのではないか、と考えています。冒険を進めるたびに謎が謎を産み続けているので、謎の解決と更なる謎が待ち受ける7層の冒険は見どころとなるでしょう。

63話で『呪詛船団(ヘイルヘックス)』と名乗る探窟家たちが登場しました。そしてヘイルヘックスを率いる白笛『神秘のスラージョ』も登場しています。アニメ3期以降では彼らと共に7層に立ち向かい、謎を解明していく展開だと考えています。

『メイドインアビス』3期アニメのネタバレ予想

2期で成れ果ての村編が完結したこと、ファプタが仲間に加わった事から6層よりも更に下の7層へと挑むのは明白でしょう。

そして現在判明しているのはファプタが白笛の声を聴けること『呪詛船団』ヘイルヘックスと白笛である神秘のスラージョが登場していることです。ヘイルヘックスに所属する大柄の猫のような人物ニシャゴラはライザの娘であるリコが死産だったことも知っていました

第2層のシーカーキャンプでオーゼンに試されたように、今回も何かしらの試練が白笛スラージョから与えられ、それを乗り越えつつもヘイルヘックスから母ライザの事やレグの過去についても聞いていくのではないか、と考えています。

ファプタがライザの白笛から聞いた声ではドニという人物が『枢機の輪で待つ』ともあります。枢機の輪は7層にあること、そしてヘイルヘックス達は7層への挑戦目前であること、出会ったリコ達には試練を与えてクリアしたリコ達はヘイルヘックスと共に7層へ挑むのが大まかな3期の予想です。

枢機の輪で待つ人物と母ライザやレグとの関係性、そしてレグはどこから来たのか、などのこれまで謎だらけだったものが次々と明らかにされていく、と予想しています。

まとめ

今回はメイドインアビス3期について考察しましたがいかがでしたか。

原作のストック量も不足しているため、1年~2年以内とはいきません。ですが作品としての人気は非常に高く制作される可能性は大いにあります。更に下の7層に舞台が進展してこれまでよりも更に盛り上がる内容となることは間違いないでしょう。

時間は掛かるかもしれませんが、期待してアニメ3期を待ちましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次