呪術廻戦250話で乙骨が捌で宿儺の斬撃コピー!真贋相愛の領域効果に使用術式一覧

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (2 votes)

前回乙骨の真贋相愛という領域展開が発動されて、fateの無限の剣製だとネットで言われていましたね。

そこで今回は呪術廻戦250話で、真贋相愛の効果が判明したことや使用した術式の全てをご紹介します。

目次

真贋相愛の領域効果

真贋相愛は、コピーをストックしている術式の仲から一つ選択して必中術式として結界に付与するとのことでした。それ以外の術式は領域内の刀にランダムに宿っていて、乙骨だけが、その効果を引き出すことができるものとなっているようです。

そして乙骨も刀を手にするまではどの術式が宿っているかはわからないとか。刀は一度術式を開放すると消滅するが、本数に制限はないようでした。

今回、烏鷺の宇守羅弾(うすらび)を二回使いましたけど、本数制限がないので、同じ術式でも刀を拾えば何度も使えるようです。

宿儺の状態

乙骨は小さいリカちゃんを三つ一気に宿儺へと周囲を囲むように射出します。後ろからは虎杖がそこでパンチを繰り出しました。

その瞬間にでかいリカちゃんが上から宿儺に攻撃しますが、あたりません。

宿儺は五条との戦闘の影響で領域展開は使えない反転術式の効果も鈍い、呪力総量も乙骨と同じ程度になっている。世界を断つ解も彌虚葛籠を維持しながらは撃てないとか。

さらには、虎杖のパンチ。真人に攻撃が効いたのと同じ道理だと言います。真人は無為転変によって、魂を直接攻撃するしかダメージを与えることができませんけど、虎杖は元々出来ていたようです。これ宿儺が中にいたからできたと思っていたんですけど、宿儺を感じることが出来た虎杖だからこそ、魂を知覚して攻撃できるということではないでしょうか。

魂の知覚

そして宿儺と伏黒の魂を知覚し打ち込んでくるのがわかっているようで、浴で沈めていた伏黒の魂を叩き起こして肉体の同調を阻害していると考えます。

虎杖の攻撃を受ける度に呪力出力は下がり、肉体の支配も鈍る。彌虚葛籠を維持できなくなるまで削ってリスク承知で天使の術式で伏黒の中の呪物を消し去るつもりだと予想します。

これは宿儺の指ってことですよね。

高度な結界術

そんな中呪言で「動くな」と乙骨が言います。その瞬間に刀をとって、再度烏鷺の宇守羅弾(うすらび)を使います。

すると宿儺はそこにリカちゃんの打撃がお見舞いされます。そのまま乙骨は走っていくと、そこで宿儺の斬撃を浴びせられます。

乙骨も虎杖も受けてしまいますが、耐えます。その様子に宿儺は、石流のことを思い出します。アレより堅いとも言わないけど、同様に触れて切らないと致命傷に至らないと考えます。

また、五条戦を経て呪力出力が下がっているせいだけではなく、それだけ防御力を戦線に出た高専術師全員が備えてきたと考えます。

さらに虎杖の反転術式、そしてこの領域。必中術式の対象を俺のみに絞れていることについて、元からできたのか。かなり高度な結界術の運用だと言います。

これは同じ領域内には虎杖もいるのに、その効果は宿儺だけに絞られているということですよね。

未来が見えるシャルルのG戦杖

宿儺はこのひと月何をしたのか聞くと、虎杖は努力と根性、乙骨はズルしましたと言います。このズルってどういうことでしょう。狗巻からもらったあの何かでしょうか。

乙骨は五条先生にやられた後遺症が残っていなかったら反転術式をする間もなく即死全滅していたと考えます。虎杖は認めたくねえけど事実上一番強い術師と戦ってる。ここで決着つけないと後が怖いと言います。

そこで既に条件(インク)は満たされていると乙骨は言い、シャルルの術式である未来予知を使います。

一コマでシャルルが結界の中はどうなってるんだ?と思っているシーンもありました。

乙骨が使った術式一覧

宿儺は乙骨の術式一覧を述べます。

①天使の邪去侮
②空間を面で操る術式(烏鷺亨子の宇守羅弾)
③式神の軌道に不可侵の結界を張る術式(ドルゥヴ・ラクダワラ)
④呪言(狗巻棘)
⑤未来予知(シャルル・ベルナール)

これ式神の軌道にってやつはドルゥヴでした。これを小さいリカちゃんのやつに使ってたんですね。

そして、宿儺は無下限呪術は六眼なしじゃコントロールできないと考え、これで出揃ったかと思っていました。

乙骨の捌

そして乙骨は宿儺でも初見の術式なら隙はできると考えます。そして、刀を握った瞬間にきたと思います。

刀で宿儺を斬ると止められますが、そこで、乙骨は「捌」と言い、宿儺の術式を使いました。

そうして宿儺は自分の術式で切り刻まれます。

これ面白すぎますね!

まさか宿儺術式まで使うとは。

ただ、所見と言いましたけど、自分の術式を初見と言えるのかどうかは微妙ですね。

宿儺は反転術式が鈍いので、回復は大変でしょうから、今のところはかなり優勢ですよね。

最終的に今までの使ったのは以下の術式のようです。

①邪去侮の梯子(天使/領域の必中効果に付与)
②空間を面で操る術式(烏鷺亨子の宇守羅弾)
③式神の軌道に不可侵の結界を張る術式(ドルゥヴ・ラクダワラ)
④呪言(狗巻棘)
⑤未来予知(シャルル・ベルナール)
⑥斬撃(宿儺)

宿儺は出揃ったかと言いましたが、乙骨は色んな知り合いがいますから、もっと他にも術式使えますよね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次