250話で乙骨が捌で宿儺斬撃術式コピー模倣!呪言・ドルゥヴ・シャルルの未来予知など使用した術式一覧【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

4/5 - (1 vote)

呪術廻戦250話では、乙骨がなんと宿儺の術式を模倣して、捌を使いました。

そこで今回は乙骨が模倣した術式を一つ一つご紹介したいと思います。

目次

乙骨が宿儺の斬撃・捌


今回、乙骨は、宿儺でも初見の技なら対応できないと考え、ランダムに術式が宿った刀の一つを引いた時、それが宿儺の術式でした。

そして斬撃の捌を繰り出す所で250話が終わりましたね。まさか宿儺の術式すらコピーできるなんて。

宿儺には二種類の斬撃があります。それが解と捌です。

解は簡単に言えば通常の斬撃です。そして捌は、相手の呪力量や強度に応じて卸す斬撃です。相手に直接触れることで広範囲を断ちます。蜘蛛の巣のような技も見せたことがありますね。

宿儺の顔に向かって捌をしていましたから、どうなるのか見ものです。

乙骨が使った術式一覧

そして宿儺との戦いでこれまで使用した模倣術式はこちらです。

①邪去侮の梯子(天使/領域の必中効果に付与)
②空間を面で操る術式(烏鷺亨子の宇守羅弾)
③式神の軌道に不可侵の結界を張る術式(ドルゥヴ・ラクダワラ)
④呪言(狗巻棘)
⑤未来予知(シャルル・ベルナール)
⑥斬撃(宿儺)

今までに6種の術式を使ってきました。乙骨の領域展開『真贋相愛』は、模倣した一つの術式を必中効果として領域に付与。他の術式は、落ちている刀にランダムに術式が込められていて、使うと刀が消えます。しかし無限に刀があるので、今回のように烏鷺の術式が二度も使えるようでした。

ただランダムというのが戦術的には使えないですよね。領域はいつまで展開できるかわかりませんけど、宿儺二トドメを刺せるほどの攻撃がないとダメですよね。

烏鷺亨子空間を面で操る術式

一番最初は空を操る術式として、紹介されていましたけど、宿儺は『空間を面で操る術式』と考えていたようです。

空間を写真のように面で捉えることができます。烏鷺はその空間を引っ張ったりしていましたね。乙骨は宇守羅彈(うすらび)を使っていましたが、これは捉えた相手ごと面を割って攻撃する技でした。

そして、宿儺の捌を叩き込む前に、乙骨は空間をカーテンのように引っ張っていたのが見えました。これ、連続で刀を拾ったということなのでしょうか。ほぼ二つ同時に術式を発動していましたからね。

ドルゥヴの式神の術式

宿儺の説明では、式神の軌道に不可侵の結界を張る術式と言われていた術式です。

乙骨は小さなリカちゃんを三体出して宿儺に向けて飛ばしていましたよね。

ドルゥヴは仙台に出てきた術師で、なんと弥生時代にいたとされる術師でした。二度目の受肉ということで宿儺より古い人物でした。

そんなドルゥヴは、二体の式神を使い、その動いた軌跡に結界領域を作り出すものでした。

ただ、戦ったシーンはなかったかと思います。一瞬で乙骨に殺されていましたからね。

シャルル・ベルナールの未来予知

そして、シャルルの未来予知の術式です。乙骨と会っていたシーンあったっけ?と思いましたけどね。

シャルルは秤と戦っていたはずですから。

そして、武器はG戦杖。漫画に使うGペンをイメージしたもののようです。

乙骨は条件は満たしたと言っていましたが、これは、対象の血液をG戦杖に溜めることです。つまりは宿儺の血液ですね。溜めた血液量によって、何秒か先に未来を見ることができます。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次