ノートレットレンブラン(ミオリネ母親)の意味や死亡理由!デリングと2人で決めたことに地球アーシアン?【ガンダム水星の魔女】

機動戦士ガンダム水星の魔女第1クール最終回である12話にて、デリングの口からミオリネの母親である『ノートレット』の名前がでました。

そこで今回はデリングの発言の意味やノートレットの名前の意味、死亡理由など考察してみました。

目次

デリングのノートレット発言

12話では、フォルドの夜明けの襲撃を受けたプラント・クエタでは、ミオリネとスレッタが分断され、ミオリネが進んだ先でデリングと出会いました。

そこで攻撃の被害からミオリネを守ったのがデリングでした。そこでの会話です。

デリング『生存確率の高い方を選択しろ』『ノートレットならそうする』
ミオリネ『なんでお母さんが出てくるのよ』
デリング『二人で決めた…何かあればどちらかだけでも』
ミオリネ『言い訳なら聞きたくないわ なんで一緒に逃げなかったのよ!』
ミオリネ『卑怯者 最初からそう言えばよかったじゃない!』

ここで初めてミオリネの母親の名前が出ました。しかしなぜこの時ノートレットの名前を出したのか?気になりますね。

1期で出てきてもいいのに出てこないというのは、2期でデリングとノートレットの過去をやるかもしれませんね。

ノートレット・レンブランの名前の意味

ではまずは、ノートレットの名前の意味についてです。

デリングもミオリネの意味のある名前ではなかった感じなので、正直ノートレットも意味はないかもしれません。

単純に、『図柄の入った短信用二つ折りカード』というのがノートレットだそうです。ちょっとここからの繋がり履きたいできなさそうですね。

ただ、この名前はなんかミオリネとの繋がりがありそうな感じでしっくりするんですよね。

イメージ的に凄い優しいけど勇ましいといった母親な感じがします。

ノートレット・レンブランの死亡理由

そしてノートレットが既に死んでいる説です。これは恐らく作中では既に死んでいるということになっていると思われます。

デリング『生存確率の高い方を選択しろ』『ノートレットならそうする』『二人で決めた…何かあればどちらかだけでも』という言葉から、ミオリネはやっとデリングの母親に対する気持ちを理解したんだと思います。

これは、過去にデリングとノートレットで生死を分けるタイミングがあって、どちらかだけでも生きる選択をするために分かれるといった意味あいにもとれます。そうなればデリングが生きる選択をした一方ノートレットは逆に死ぬ選択をしたということにもなります。

ただ、この会話の中でミオリネが『言い訳なら聞きたくないわ なんで一緒に逃げなかったのよ!』『卑怯者 最初からそう言えばよかったじゃない!』という発言です。

ネットでは、ガンドアームの技術もしくはガンダムによって死んでるという説がつぶやかれていました。

ノートレット・レンブランはアーシアン?

ずっとミオリネは母親の地球に行きたいと思っていました。これは母親がアーシアンであって、その故郷を訪れたいとか、決闘の商品としての道具にするデリングから離れて母親が住んでいた場所に行きたいという気持ちがあったからかもしれません。

スペーシアンの大きな企業のトップとしているデリングでしたが、もしノートレットがアーシアンならちょっと変な感じになりますよね。

スペーシアン企業はアーシアンから疎まれていますし、この立場からノートレットもアーシアンの人たちに嫌われていたかもしれません。裏切り者とか言われて。

ミオリネが家庭菜園をしているように、ノートレットは経営などビジネスとは縁遠い人なのかもしれません。

まとめ

ということで今回はノートレットについてご紹介しました。

まだ名前しか出ていないので、全く正体がわかりません。デリングが結構年老いているので、ノートレットもある程度の年齢でしょう。

見た目は結構なおばあちゃんになっている可能性もありますが、ミオリネの美貌ですから、ノートレットも若く綺麗かもしれません。第2クールで登場するのが楽しみです。

  • URLをコピーしました!
目次