ケナンジアベリーの声優に現在デブで太ったけど若いドミニコス隊艦長!ベギルベウのパイロットでナディムの仇【ガンダム水星の魔女】

機動戦士ガンダム水星の魔女11話にて、プロローグでエリクトの父親であるナディム・サマヤを殺した仇である、ドミニコス隊のケナンジ・アベリーが再登場しました。

しかしその姿は太っており、現在はユリシーズの艦長になっているようでした。今回はケナンジの現在太ったことや、ユリシーズの艦長になっていることなどご紹介していきます。

目次

ケナンジ・アベリー再登場!声優は?

プロローグにべギルベウのパイロットとして登場したケナンジがユリシーズの艦長となって再登場しました。しかし、太ったその姿にネットでは、笑いが起きていました。

声優は上田燿司さんで、ジョジョ1部2部のスピードワゴンやシュタインズゲートのレスキネン教授などを演じた方です。最近ではBLEACHの0番隊の二枚屋王悦やチェンソーマンの早川アキの父親役もしています。

部下には、昔はエースパイロットだったという話にあの腹じゃシートベルト締まらないだろと言われていましたね。確かに締まらないですよね。

ケナンジ・アベリーが若い?

そして太ったこともそうですが、見た目が変わり若く見えました。

プロスペラとベルメリアの会話でプロローグの出来事が21年前だとわかっています。

当時ベギルベウに乗っていたケナンジですが、見た目から20代ほどに感じました。ということは現在は40半ばから50歳前後ということになります。

しかし今回登場したケナンジはかなり若く見えました。

さすがにケナンジが何か若く見せるようなことに関わっているとは思いませんが、ちょっと気になる見た目でした。

ケナンジ・アベリーはユリシーズの艦長

そして現在のケナンジですが、艦長になっていました。

当時はドミニコス隊のエースパイロットだったそうですが、現在はユリシーズの艦長ということですね。

ユリシーズというのは、現在はデリングの側近になっているラジャン・ザヒが艦長を務めていた戦艦です。そしてユリシーズも戦力の一つだと思いますが、監査組織カテドラル独自の部隊としてドミニコス隊とユリシーズがありました。

なので、ケナンジはこのモビルスーツ開発評議会の監査組織カテドラルの部隊の最上位の権力者となっていたというわけですね。

そして若い頃の表情がグエルと似ているなんて言われているようですね。確かにそうかもしれません。

ケナンジはナディムの仇

そしてプロローグでは、エルノラとエリクトを逃がすためにケナンジのベギルベウに一人で立ち向かったのがナディムでした。

結果、ナディムはケナンジに排除されて死亡してしまいます。

その時にはエルノラは泣きながらナディムとともに愛してると言ってその場を離れていきました。なので、普通なら相当ケナンジには恨みを持っていたもおかしくありません。

しかし、ドミニコス隊とも近い距離となっているプロスペラですが、何か直接手を下そうという意思はないように思えます。本当の目的が気になりますね。

まとめ

今回はプロローグから久々に登場したケナンジについてご紹介しました。

性格的には悪いという感じではなさそうなので、悪いキャラには見えませんでしたね。

今後は恐らく、襲撃されているプラント・クエタに救出に入ってくのではないかと思っています。さらにはグエルが救出されるのはドミニコス隊であり、そこでドミニコス隊に入るなんて流れにならないでしょうか?

  • URLをコピーしました!
目次