グエルパパ(ヴィム)死亡でグエルが父親殺しで闇落ち?グエ虐過ぎる脚本『スレッタマーキュリーに進めていない』【ガンダム水星の魔女】

機動戦士ガンダム水星の魔女第1クール最終回の12話にて、グエルパパことヴィム・ジェタークが自身の息子であるグエル・ジェタークに殺される展開となりました。

今回はヴィムが死亡したことでグエルが闇落ちしてしまうのか?などグエ虐過ぎる脚本についてご紹介していきます。

目次

グエルパパがディランザソルで出撃

今回プラントクエタが襲撃されてから、それに対抗するために、自らの会社の機体であるディランザ・ソルになんとヴィム・ジェタークが自分で乗ると言い出して乗ることになりました。

そして外に出ると、ジェターク社旧式MS である「デスルター」がフォルドの夜明けが使っていたことに対して、怒っていましたね。

これってアーシアンに誰かがMSを横流ししていたということでしょうか?

テロ組織が持っているのはちょっと変ですもんね。

グエルが脱出しデスルターを奪う

そしてグエルは、ガンダムがいることを知り、スレッタいるのか?と発言して、外へ向かいます。

そうしてデスルターを乗っ取ったのか、グエルがそのまま外へでで、スレッタの下へ向かおうとしていました。

しかし、出てきたのはディランザソルでした。

グエルは恐らく相手がジェターク社の誰かだとは思ってはいましたが、スレッタを救いたいために、まだ死ねないと攻撃をやめない相手にこちらからも攻撃することを余儀なくされました。『俺は敵じゃない!』と言っていましたしね。

ここの葛藤する苦しいグエルの表情はやばかったです・・・

『スレッタ・マーキュリーに進めていない!』でグエルパパが死亡

そして、グエルパパとグエル、互いに親子だと知らない状態で戦います。

グエルパパは複数弾のミサイルを放ち、グエルが目前で食らいそうになりますが『死ねない…死にたくない!俺はあいつに…スレッタ・マーキュリーに進めていない!!』と言って、ディランザソルに向かっていきます。

そうして、突っ込んだ結果、相手に謝ったものの、そこでやっと相手がヴィムだと気づきます。これはきつかったですね。まじでグエ虐が過ぎます・・・

そこでのヴィムの一言「グエル、無事だったか、探したんだぞ」というここでやっぱり親なんだなというヴィムの表情が見えました。まじで悲しすぎます。

ヴィムは正直いい親ではなかったでしょう。グエルが結果をだし続ければ良い親だったかもしれませんけど、グエルを見放していましたからね。小会社で面倒を見るような感じでしたし。

グエルは親殺しで闇落ちする?

今回最終的には、フォルドの夜明けが撤退しました。

恐らくこの結果、グエルも助かることとなったでしょう。しかしグエルは既に学園にはいないので、戻ることはないのではないかと思っています。

ただスレッタには会いたいという気持ちがあるかもしれません。

そのために一度は顔を見せるかもしれません。しかし父親を自らの手で殺してしまったので、精神的にこれまで以上に一番やばいこととなりそうです。

もしかすると、それを聞いたラウダがグエルを殺そうとしてくる展開もあるかもしれません。今回アーシアンとスペーシアんの戦争みたいになりましたけど、今後のグエルの動きが見えませんね。

どうなっていくのか2クール目が気になります。

まとめ

今回はグエルパパをグエル自身が殺してしまったことで闇落ちするのではないかについて紹介しました。

まじでガンダム史上でもとんでもない親殺しの悲しい展開になりました。

親だと気づかないままグエルも死ねないからと仲間を殺そうとする展開になりましたけど、これ、親じゃなかったらよかったということでもないと思います。これラウダが乗っていたということもありえますからね。

  • URLをコピーしました!
目次