ガンダム水星の魔女12話最終回はいつ放送日?タイトルにネタバレ予想も【第1クール】

機動戦士ガンダム水星の魔女11話が放送され、プラント・クエタが襲撃を受けた所で終わりました。

そして第1クール12話最終回はいつ放送されるのか?タイトルやネタバレ予想もご紹介します。

目次

水星の魔女12話最終回はいつ放送日?

2022年12月25日に機動戦士ガンダム水星の魔女11話が放送され、第1クールの放送が残り1話となりました。

分割2クール放送ということが決定しているためにこの後もまだまだ続きますけど、12話について次週に放送されるというスケジュールではなかったことがわかりました。

ではいつ放送なのかといえば、1月8日(日)の放送になります。

1月1日(日)を飛ばしての年越し最終回となります。

11話放送から2週間後となりますが、頑張って待ちましょう!

水星の魔女12話のタイトル

そして12話最終回のサブタイトルが『逃げ出すよりも進むことを』になります。

これはYOASOBIの『祝福』の中にある歌詞の一つですね。

逃げ出すよりも進むことを
君が選んだのなら

誰かが描いたイメージじゃなくて

こんな感じでサビの直前部分の歌詞ですよね。

なぜ、この部分が選ばれたのかと言えば、スレッタがいつも言っている『逃げたら1つ、進めば2つ』という言葉と通ずる部分があるからではないでしょうか?

水星の魔女12話のネタバレ予想

そしてサブタイが『逃げ出すよりも進むことを』となっていますが、12話ではどんなないようになるのでしょうか?

現在フォルドの夜明けに襲撃を受けているプラント・クエタですが、そこでスレッタトミオリネが分断されてしまいました。

ソフィが単独でデリングを殺そう行動する中でスレッタを見つけることとなりましたね。ソフィはスレッタに興味を持っていたので、スレッタをあのまま殺すようなことはしないと思っています。

そして太って艦長になっていたケナンジ率いるドミニコス隊もいるので救援に入るはずです。ただ通信ジャミングされているので、来た時にはあとの祭りになっている可能性が大きいですね。

今回誰かは必ず死ぬと思います。まずミオリネとスレッタは死なないでしょうが、2クール目の途中までぜずっと再会できないということになると思います。スレッタはそのままソフィに人質にされるかもしれません。

デリングはやはりここで退場するような気がしますね。ただクワイエットゼロの計画があるので、それは恐らくデリングかプロスペラしか決行できないでしょうから、どちらかは生き残るでしょうね。

まとめ

ということで今回は水星の魔女12話についてご紹介しました。

年越ししての最終回ですけど、かなり先になります。待ち遠しいですけど、さらにそこから2クール目を待たなくてはいけませんね。

ともかく最終回を楽しみにしましょう。

  • URLをコピーしました!
目次