ドリーとブロギー巨人族と太陽の神ニカ冬至祭の関係!初登場116話で1106話でルフィ達助け1076話でシャンクス再会!エルバフから迎えに来る【ワンピース考察】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

1106話にて、ドリーとブロギーが再登場して、ルフィを迎えに来たと言い、さらには太陽の神とドリーが発言していました。

今回は初登場が116話だったことやルフィ達を迎えに来たこと、エルバフへ誘導すること、巨人族と太陽の神の関係、エルバフの冬至祭との関係などご紹介します。

目次

ドリーとブロギーがエッグヘッドに

なんと海軍の船を沈めていたのは、ドリーとブロギーした。

他の巨人族は見えませんけど、デカい船で来たので二人以外にも乗っている可能性があります。

他は新巨兵海賊団のハイルディンとかですよね。

ただ、ドリーとブロギーはミスター3にやられるくらい弱かったので、正直どこまで強いのかと言う感じです。海軍の軍艦を沈めることはできるでしょうけど、黄猿やサターン聖を抑えることは無理でしょうね。

太陽の神と巨人族の関係と冬至祭


今回ドリーとブロギーの発言がありました。

ブロギー『なぜだなぜだと問いやがるぜドリー!』
ドリー『この世は必然しかねぇのになブロギー!』
ブロギー『ガバババ迎えに来たぞ麦わら!』
リー『ゲギャギャギャ!太陽の神よぉ〜〜〜〜〜〜!!!』


と言っていました。

ドリーが太陽の神を言っていたことについて、冒頭で『やってるじゃねえか!新聞で見た通り!』と言っていたので、エッグヘッドのニュースと手配書でルフィの姿を見たのでしょうけど、これはシャンクスから話を聞いているパターンもあるでしょう。

太陽の神ニカは、あのイム様が見ていた巨大な麦わら帽子から、巨人族との関係が疑われています。さらにはバッカニア族も巨人族の血が入った種族でした。以前のニカは巨人族だった可能性があります。

そしてエルバフには冬至祭という『太陽の死と復活のお祭り』があるそうです。死んだニカの復活を願う祭りとかでしょうか。それならやはり関係がありそうです。ドリーとブロギーがニカを迎えるためにエルバフへ連れて行くということかもしれません。エルバフに行けば冬至祭が行われそうです。

116話と1076話と1106話の関係

そして今回ルフィたちの前にきたドリーとブロギーですけど、なんと彼らの初登場が116話でした。

116話「でっけェ」
1076話「旧友」
1106話「君の味方」


こんな感じです。1076話は、シャンクスがエルバフに行った時にキッドの船を沈めた時のものです。

これまでこんな感じで登場していますけど、この6という数字に何かあるのかもしれません。

6と言えば、ジェルマ66なんですけど、巨人族にも6が関わっている可能性がありますよね。

ドリーとブロギーがエルバフへ誘導?

そして、これからエルバフへ連れて行くためにルフィ達に会いに来たんだと思います。

新聞でエッグヘッドの状況を見ていたのも多分あります。

ルフィたちのピンチを知ったからなのか、ただ単に迎えにきたからなのか。それともシャンクスに言われて来たのか。色々な理由が想像できます。

でもシャンクスの線も結構強いような気がします。やはり最後のロードポーネグリフはエルバフにありそうですよね。

まとめ

ということでドリーとブロギーについて紹介しました。

やはり巨人族とニカは関わりがあったといって良さそうですね。

その真実がいつ明らかになるのか、次週はまた休載だそうなので、早く次が見たいですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次