くまクマ熊ベアー3期の放送日はいつからで何巻どこからどこまで?人気や原作ストックも

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

2023年4月から放送開始したくまクマ熊ベアー2期「くまクマ熊ベアーぱーんち!」。原作は小説で「小説家になろう」で連載され、PASH!から単行本小説、ライトノベルとして出版し、また漫画も連載しています。

今回はくまクマ熊ベアー3期についての考察をしていきたいと思います。放送日いつなのか何巻までがアニメ化するのか、人気と原作ストックについて解説していきますね。

目次

『くまクマ熊ベアー』2期アニメの人気

くまクマ熊ベアーは神様の手によって異世界に送られたゲーマー少女「ユナが最強アイテムくまさん装備のパワーと魔法、そして現代世界の知識を駆使して自由気ままな日々を送る物語ですね。

1期のアニメ放送はただ原作をなぞっているわけではなく、1話では作品をわかりやすくするためにあえて異世界でのユナの生き方を放送しています。

2期のエンディングテーマは1期と同じく、ユナ役の河瀬茉希が歌っていますね。

また、原作小説内ではアニメは神様がユナの異世界での出来事をアニメにしているという設定であり、神様から送られてきたテレビで自分を題材にしたアニメをユナ本心も視聴しているというがあります。

2期の放送で新しいグッズなども販売されておりますおり、これからの放送も期待が高まりますね。

『くまクマ熊ベアー』3期アニメの放送予定

現在アニメ3期の情報はありませんが、2期の最終回に制作の発表を行う可能性はありますね。

原作は20巻ほど連載ぐらい人気がありますから、この先の内容も映像化して欲しいと思っています。3期の制作がないとしても、劇場版の発表を行うとも考えられます。

その場合は劇場版を公開した後に3期制作の発表をするかもしれませんね。

仮にすぐに制作の発表がなかったとしても、原作小説や漫画の人気が高まり、ファンの期待に応える形で3期の制作が訪れるかもしれません。

『くまクマ熊ベアー』2期アニメは漫画小説何巻どこまでやった?

https://twitter.com/pashcomics/status/1661334900765782016?t=DsHVAErRylvHtLV2vMg9nw&s=19

現在放送されている2期「くまクマ熊ベアーぱーんち!」が原作と漫画をどこまでアニメ化するのか考察していきますね。

くまクマ熊ベアーの原作は「小説家になろう」に連載されている小説で、PASH!ブックスから小説単行本が短編を含めて20巻出版されていますね。また、文庫本7巻、漫画10巻もPASH!系列で出版しております。

アニメ1期では原作小説の5巻の海編までは放送されました。2期は5巻108からのスタートになります。現在8話までは放送されており、8話は173話に含まれています。

現状の放送を1クール12話までのスタンスなら原作小説10巻の最後260話まではアニメ化すると思います。ただし、原作のエピソードを全ての映像化は尺の都合でカットされるかもしれません

『くまクマ熊ベアー』3期アニメは漫画小説何巻どこからどこまで?原作ストックは?

https://twitter.com/pashcomics/status/1588456397003710465?t=3jxd1HAkP265qpSEfcoQUA&s=19

もし3期が放送するとなると、原作小説11巻の261話からの放送をスタートすると思います。

前半は小説14巻までは独立したストーリーが展開され、後半は368話あたりから時系列的な繋がりを持ったお話にするかもしれませんね。

エルフの里、学園祭、砂漠などを放送していくと思います。また、和の国関係の話は日本人のユナに関わりのある食べ物やイベントがあると思いますので、アニメ化して欲しいです。学園祭に関しても現代で引きこもりだったユナがどのような反応をするか楽しみですね。

後半からは従業員旅行編に突入して旅行の7日間を放送すると思います。ユナが従業員達と海のあるミリールに向かってバカンスをする話しです。

『くまクマ熊ベアー』3期アニメの新キャラや見どころ

https://twitter.com/kumabear_anime/status/1646076439018766336?t=BO5d2dxBVK4HH_sltCOvWQ&s=19

ここでは3期に登場する可能性がある登場人物の紹介をしていきたいと思います。今回紹介するのは学園祭編でユナと関わる人物「ティリア」「ルトゥム・ローランド」の2人を紹介していきますね。

ティリア

エルファニカ王国の王女でフローラの姉です。

気さくで明るい性格であり、誰とでも分け隔てなく接することができますね。王都の学生でシアとは同級生の友人です。

家族や友人から聞かされているユナに興味があり、会いたいと思っていますが、間の悪さが重なってしまい中々会えませんね。

学園祭にてようやくユナと会うことができるので登場が楽しみです。

ルトゥム・ローランド

ルトゥムは孤児院の補助金を着服していた悪徳貴族「エイズ・ローランド」の兄です。

エイズのような悪党ではありませんが、騎士団に女性はふさわしくないという差別的な思想を持っています。騎士としての実力も高い人物です。

学園祭に登場し、ユナと戦うことになります。

原作小説では着服以外の悪事が露見したことでクリフに処刑されてしまった人物ですが、アニメではクリフに殴られて以後は登場していないので、もしかしたら生きている可能性があります。

3期では兄と一緒になってユナやクリフに復讐し現れるというアニメオリジナル展開になるかもしれませんね。

まとめ

以上で3期について考察は終わりです。

アニメ2期も順調に放送されています。最近はコロナなどで放送延期が発生するアニメは多いですが、問題なく放送されるのは嬉しいですね。

小説でも漫画でも安定的に連載されていますから3期や劇場版の制作が期待できます。3期では学園祭の話しが気になりますからもしアニメオリジナル展開を作るとしたらそこがいいと思っています。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次