神達に拾われた男2期アニメ続きのネタバレ内容最終回結末!何巻どこからどこまでで何話何クール?

2023年1月からアニメ「神達に拾われた男2」が放送します。原作は2021年12月にシリーズ累計発行部数が290万部を突破した小説であり、ラノベとコミカライズ化した異世界スローライフ系の物語です。

アニメ「神達に拾われた男2」は、2020年10月から放送されたアニメの続編で、ほのぼの異世界生活が今回も楽しめそうですね。今回は「神達に拾われた男2」前作の振り返りやラノベ小説何巻どこからどこまで?何話何クール放送?最終回結末までの内容ネタバレなど詳しくご紹介します。

目次

『神達に拾われた男1期』の振り返り

「神達に拾われた男」のアニメ1期は、前世では中年のおじさんだった主人公リョウマがあっけなく若く死亡し、三柱の神達の手厚い加護のおかげで異世界に少年として転生するところから始まります。

森で一人暮らししながらスライム研究していたリョウマは、ジャミール侯爵家に出会ったことで環境が一変。ギルドに入って冒険者となり大活躍したり、クリーニング店を営んだりします。

あたたかい周囲の人に支えられながらスローライフを送るリョウマは、侯爵家やずっと住み慣れた街を離れることを決意。ヒロインであるジャミール侯爵家の娘・エリアリアもまた魔法を学ぶため王都の学校へ。2人は3年後に会う約束をして自分の進む道へと向かうことになります。

リョウマの中身は中年のままですが、小さい2人の淡い初恋のような感じも最後は微笑ましかった1期ですね。再会のエピソードが描かれる時が今後あるのか、個人的には気になります。

『神達に拾われた男2期』はラノベ小説何巻どこからどこまで?

「神達に拾われた男」1期のストーリーは、原作小説の1~3巻の3冊分の内容でした。今回の2期は、4巻~6巻の内容がメインエピソードとして描かれるのではないかと考えられます。

内容としては、侯爵家を出て新たな町でクリーニング店の2号店を出店に奮闘します。“新たな街での出会いや挑戦が待っている”とアニメ公式サイトにて紹介もしているので、1期の始まりの街での物語とはまた違ったリョウマの成長がみれる気がして楽しみです。

原作小説は、2022年11月には最新刊の12巻が発売されており、2期を行っても余裕のストックがあることから3期などの今後続編も行うのか早くも気になりますね。

『神達に拾われた男2期』は何話何クール放送?

公式サイトには、「神達に拾われた男2期」が何話何クール放送か、まだ情報はありませんでした。1期を確認してみると、1クール全12話放送で行われています。

最近のアニメは1クール12話放送が一般的です。今回がアニメ続編で原作小説の人気はありますが、新生活の人が多い4月も超えて2クール行うことは難しい気がします。よって、前作同様1クール12話の可能性が高いです。

「神達に拾われた男2期」は1クール全12話の可能性が高い。

『神達に拾われた男2期』の最終回結末までの内容ネタバレ

「神達に拾われた男2」のアニメの内容は、上述しましたが原作小説4~6巻分の可能性が高いです。今回は小説3冊分の内容を大まかにご紹介します。

侯爵家を出ることを決意し、一人廃坑で暮らすリョウマに別の土地でクリーニング店の2号店出店の話があがり、店舗の候補地を探すために初めての一人旅に出ることに。さまざまな新たな出会いもあり、奮闘して候補の街を見つけてクリーニング2号店をオープンします。

無事にギルドの拠点に戻ったリョウマは、今度はギルド創立祭へ参加してイベントを楽しんだり、新人ギルドの教官として教習会に参加したりして過ごす日々です。そんな中、新種のスライム発見とリョウマの新たなスキルを得たりと成長に変化が見られます。2期の結末としては、リョウマ自身が予想外だった新たな変化や成長で終わりそうですね。

まとめ

今回は「神達に拾われた男2期」放送開始を前に、前作の振り返りや続編内容の予想までご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

あたたかい人たちに恵まれて過ごすリョウマの異世界スローライフですが、2期では新たな土地で奮闘しながら冒険者としても成長が見られそうです。

原作小説を読んで予習しながら、来年の放送開始を楽しみに待ちましょう。

  • URLをコピーしました!
目次