ヴィンランド・サガ2期アニメは何話何クールでどこからどこまで何巻?トルフィン奴隷編

ヴィンランド・サガは理想郷であるヴィンランドを目指していく、主人公のトルフィンの冒険が、とてもワクワクする作品です。

とにかく世界観が壮大といいますか、硬派な戦いの気配に包まれた世界の中で着実に一歩ずつ進んで行くトルフィンの成長が凄く熱いです。

そこで今回はヴィンランド・サガ2期アニメは何話何クールでどこからどこまで何巻?トルフィン奴隷編をテーマに紹介していきたいと思います。

目次

『ヴィンランド・サガ1期』の振り返り内容

内容としては理想郷であるヴィンランドに夢を見ているトルフィンが戦いに巻き込まれていく物語となっていますね。アシュラッドの手にかけられた、父トールズの戦士としての宿命をトルフィンも背負うことになるのですが、どんどん戦士として成長していきました。

戦いの壮絶さがかなり鮮明に描かれていく中で、トルフィンは仲間や新たな決意を作っていきます。戦いには策謀が渦巻いていて、トルフィンもその渦の中に巻き込まれていくのですが、情勢はウェールズ侵攻の阻止のための動きと、始まりともいえる故郷に帰ろうと決心するトルフィンの場面に移行するのでした。

そして遂に父の敵であるアシュラッドとの決着がつき、戦いの壮絶さが描かれていて見ごたえがあった一期でしたね。

『ヴィンランド・サガ2期』は何話何クール放送?

ヴィンランド・サガ1期ですが、2クールの24話が放送されて、かなりの長編として放送されていました。そして二期の放送日は2023年の1月ということで、次の冬アニメで二期が放送されることが確定していました。

果たして二期では何話何クール放送されるのかという点が気になるところですが、一期同様に2クール24話の構成になりそうだと考えられます。

原作は現在最新刊が26巻まで刊行されていて、一期では8巻までの内容が描かれていて、2クールペースなら原作の内容としてはきりがよい内容となります。

『ヴィンランド・サガ2期』は何巻どこからどこまで?

ヴィンランド・サガ1期では原作の一章分である第8巻までの内容が描かれていました。新章として第9巻からは奴隷編が開幕します。

奴隷編の区切りとなる話は、戦争も奴隷制度もない国を目指しながらヴィンランドに向かう決意をしたトルフィンの話が描かれている16巻となると言えます、2クール24構成なら、1期同様8巻ペースということにも繋がります。

そんなこともあり2クール放送の可能性も高いといえるでしょう。奴隷になったトルフィンがどのように変化していくのかに注目です。

『ヴィンランド・サガ2期』はトルフィン奴隷編?

原作において最初の章では父トールズの仇であるアシュラッドトルフィンが倒すという目標がありました。それは思わぬ形で終わりを迎えてしまいます。

その後トルフィンが奴隷になって生きてしまう話が奴隷編となります。奴隷になる生活の中でトルフィンは新たな仲間や考え方を身に着けていき大きく成長していくのです。

一回り大きく成長したトルフィンの掲げる戦争のやめさせる考えはとても壮大なものとなったと思います。トルフィンの成長過程がしっかりと描写されていて注目の集まる章でした。

まとめ

1期はアシュラッドが仇となっていましたが、敵ながらトールズの約束を守ったり、何かと信念を持っている人物だと思いました。トルフィンもそんなアシュラッドとの正々堂々とした決着を望んでいたと思うので、不本意な結末といえますね。

しかしながらトールズの目標が終わったのとは関係なく世界は動き続ける中で、トルフィンが奴隷として生活するというのは、落差が凄いなと思いました。

そんな中でどんな成長を見せて生まれ変わるのか、2期にて描写されるのがとても楽しみです。是非とも2クール24話として1期同様の長さで見てみたい作品といえました。

  • URLをコピーしました!
目次