アルスの巨獣(アニメ)wikiや原作漫画に声優制作会社!何話何クール放送?

今回は2023年1月に放送が予定されている話題作『アルスの巨獣』の原作漫画やwikiをはじめ声優・制作会社や放送スケジュールについて解説していきます。

現在公開されている情報でも独特な世界観やストーリーが予想できる作品であり、原作の有無や担当声優さんについて気になる方は多いと思います。

そんな方向けにまとめているので、ぜひ目を通してみてくださいね。

目次

アルスの巨獣の原作マンガは?

『アルスの巨獣』は独特な世界観を放つ作品ですが、高い映像美やファンタジーアクションということもあって注目している方も多いと思います。そこで気になってくるのが原作となる作品の有無ですよね。

結論からになってしまいますが、『アルスの巨獣』は完全オリジナルファンタジーアクションと明言されているため、原作となる作品はありません。ですが2つの制作会社が共同で制作しており、うちの1つはゲーム開発も行っているDMM.comが制作に加わっています。

原作となる小説や漫画は存在しませんが、ゲームを参考にして制作された可能性はあるでしょう。とはいえ、共同制作で『完全フルファンタジーアクション』と公表しているため、ストーリー構成からオリジナルで作り上げていることは間違いないでしょう。

アルスの巨獣の声優キャスト・登場人物

『アルスの巨獣』は現時点ではまだまだ謎の多い作品ですが、独特な世界観と精巧な映像美から気になっている方も多いでしょう。2023年1月放送予定ですが、これまでにPVやキャスト情報についても続々と情報が公開されています。

ここでは『アルスの巨獣』に登場する人物と担当キャストについて、触れて行きます。

  • クウミ:羊宮妃那
    出生や世界については何一つ知らないが、アルスの救世主の証である『約束の指輪』がはまっているため、作中では鍵となる人物であることは間違いありません。
  • ジイロ:森川智之
    『死に損ないのジイロ』の名を持つ巨獣狩り。過去に起きた事件から心を閉ざし無気力に日銭を稼ぐ日々を送っていたが、カンナギの制御ができないクウミを救うために彼女と契約
    クウミ同様に作中で中心人物となる事は間違いありません。
  • ミャア:芹澤優
    猫の被り物を被った行商人。見た目とは裏腹に旅の経験からあらゆる知識を持っている人物
    クウミに『約束の指輪』を売り渡した張本人
  • メラン:峯田大夢
    ナギモリを目指して剣の腕を磨く青年。
    ケモビトと言われる種族で頭の耳が特徴的。
  • ロマーナ:日笠陽子
    『七草のロマーナ』の名を持つ治療を得意とするケモビト。
    戦場で医療班として活躍した経歴もありますが、カンナギを戦闘道具として扱うナギモリに不信感を抱いています。

現時点で判明している登場人物及び担当声優は上記の通りとなります。こうして見てみると壮観ですよね。これだけ豪華な声優陣が集まっているというのも注目を集めている理由の一つでしょう。

アルスの巨獣の制作会社

2023年1月より放送開始が予定されている『アルスの巨獣』。独特な世界観を高い映像美で描いている作品に加えて、声優陣も豪華であることから注目を集めていますが、制作会社について気になっている方もいるでしょう。実は『アルスの巨獣』は2つの制作会社で共同制作されている作品です。

  • 株式会社旭プロダクション
    1970年代からアニメ映像制作に力を入れて活動しており、『機動戦士ガンダムシリーズ』『銀魂』『劇場版ソードアート・オンライン』などの名作にも携わってきました。
    アニメ映像制作において、長い歴史と豊富な作品数の制作経験があり、アニメファンからも高い評価を獲得している制作会社ですね。
  • 合同会社DMM.com
    動画配信・オンラインゲーム・FX等の金融サービスなどあらゆる事業を手掛けている大手企業です。
    アニメーション制作を手掛けるのはDMM Pictures。事業を立ち上げたのは2017年と最近ですが、ここ数年で『すのはら莊の管理人』『ダイヤのA』『彼女、お借りします』など、人気作品の映像制作を手掛けています。
    アニメーション事業は今後も注目されることは間違いないでしょう。

制作会社に関しても壮観ですよね。『アルスの巨獣』が注目される理由が制作会社の大きさにもあるでしょう。

アルスの巨獣は何話何クール放送?

2023年1月に放送開始が予定されている『アルスの巨獣』。独特の世界観と映像美を持つ作品であり、豪華な声優陣と制作会社が手掛けていることから、現時点で高く注目を集めています。現時点で解禁されている情報だけでも視聴を考えている方も多いでしょう。

そこで気になってくるのが放送スケジュールですよね。『1クール12話前後で1話を濃い内容にするのか』『2クール24話前後でじっくりと描いていくのか』視聴する側からすれば、重要なポイントですよね。

個人的には恐らくは『1クール12話前後』での放送スケジュールとなるかな、と予想しています。要因としては制作発表時期が2022年9月27日と遅めのタイミングで発表されているからですね。

合同で制作しているので通常のアニメ制作ペースよりは早く進められることを考慮しても、放送までの猶予が3か月しかありません。発表時期より前に制作がかなり進んでいれば『2クール24話前後』で放送される可能性もありますが、制作発表された前後から取り掛かっているのであれば、期間的にも『1クール12話前後』が濃厚でしょう。

まとめ

今回は2023年1月に放送開始が予定されている話題作『アルスの巨獣』の原作作品の有無やwiki声優・制作会社や放送スケジュールについて考察しましたが、いかがでしたか?

豪華な声優陣+制作会社という点に加えて、前情報で解禁されている映像美から気になっている方も多いでしょう。原作となる作品はありませんが、オリジナルファンタジーアクション作品と明言されているため、迫力と見ごたえある作品になる事は間違いありません。

今後の動向は要チェックですね。

  • URLをコピーしました!
目次