天使の悪魔の声優と性別は男女?過去に名前はエンジェル【チェンソーマン】

「チェンソーマン」に登場する天使の悪魔。公安のなかでもトップクラスの実力を持っていると言われています。

この記事では天使の悪魔の声優、性別、過去について紹介していきます。

目次

天使の悪魔の声優は内田真礼

性別:男性
所属 :公安対魔特異4課に所属する悪魔
外見:赤髪のロングで中世的な顔立ち
性格:気怠そうで不真面目
CV:内田真礼

天使の悪魔は4巻で初登場し、姫野の後任として早川アキとバディを組んでいます。仕事に対して不真面目だが、怠けなければ岸辺の次に強いと言われています。

容姿は天使と付く通り中世的だが、言動には悪魔らしさが垣間見えるところも多くあります。当初はアキとは合わない部分がありましたが、徐々に歩み寄る関係に変化していきました。

声優は2014年の第8回声優アワードにて新人女優賞を受賞した内田真礼さんが演じます。内田さんは他にも「中二病でも恋がしたい!」小鳥遊六花役、「ご注文はうさぎです??」シャロ役、「約束のネバーランド」ノーマン役もされています。

天使の悪魔の性別は男と女どっち?

結論から言うと天使の悪魔は「男性」です。

初登場シーンでは男性か女性は不明でしたが、マキマが天使の悪魔のことについて「4課で岸辺隊長の次に強いのは彼だよ」と言っていることから男性だと分かりました。

男性にしては他のキャラクターたちと並んだ時に身長が低く小柄で中性的な見た目をしていますので、デンジや読者から女性に間違われていました

天使の悪魔の名前はエンジェル

83話で天使の悪魔の名前が「エンジェル」と明かされました。またチェンソーマンの眷属の一人だということも判明しています。

チェンソーマンに登場する魔人たちの名前には天使の名前が多く使われています。

上位:熾天使→セラフィム、智天使→ビーム、座天使→ガルガリ
中位:主天使→ドミニオン、力天使→ヴァーチェ、能天使→パワー
下位:権天使→プリシン、大天使→登場なし、天使→エンジェル

天使の役割の中に「死を告げる」「魂を導く」ことがあります。これらのことを踏まえて天使の悪魔の名前の由来を考えると納得がいきます。また役割を考えると能力の「寿命を奪う」「寿命を使って武器を作る」も合っていると思います。

天使の悪魔の過去は?マキマの支配から一瞬逃れて思い出す

天使の悪魔の過去

天使の悪魔の能力は「触れることで寿命を吸い取る」、「奪った寿命で武器を作れる」です。

彼は南国の漁村で生まれ村の人々に囲まれて平和に暮らしていました。しかしそこにマキマが来たことにより平和な暮らしが一転してしまいます。マキマに能力の一つである「触れることで寿命を吸い取る」ところを見せて欲しいと言われ、最初は抵抗をしていた天使の悪魔もマキマの能力「支配」によって逆らえずに従うことになります。

結局、天使の悪魔は村人全員の寿命を吸い取ってしまい死なせてしまいました。この時の記憶はマキマに消されてしまい、都合のいい記憶にすり替えられていましたが75話で本来の記憶を思い出しています

マキマの支配から逃れる

地獄から帰還後、両手を失った天使の悪魔が入院しているところにバディの早川アキがきます。アキは天使の悪魔が処分されないように推薦状を書きます。同時に天使の悪魔はアキが契約している「未来の悪魔」から「自分と同居人のパワーがデンジに殺される」と言っていたと聞き、アキが死なないように協力をします。

二人はマキマなら何か方法を知っていると考え向かいます。涙ながらに訴えるアキにマキマはマキマ自身と契約するように言いました。操られてしまい「契約する」といったアキを見て天使の悪魔はマキマの能力で操られ大切な人たちを死なせてしまったことを思い出し、一瞬支配から逃れます

逃れた隙にマキマに攻撃を仕掛けますが、攻撃が届かず「マキマに全てを捧げる」と言い再び支配されてしまいます。

まとめ

天使の悪魔について紹介してきました。

マキマの支配から逃れられたが再び支配されてしまったりしながらも、第一部も生き残っています。第二部でも活躍が見れるのか楽しみですね。

  • URLをコピーしました!
目次