坂柳有栖(ありす/よう実)の正体ネタバレに理事長の娘!足不自由と綾小路好きで特別授業ベッドでやった?

坂柳有栖』はよう実ことようこそ実力至上主義の教室へに登場するキャラクターで頭脳明晰で非常に優秀。入学時から葛城康平と共に1年次Aクラスのリーダーを務めている女子です。

今回はよう実から坂柳有栖の正体なぜ足が不自由なのか?綾小路清隆との関係などについてご紹介したいと思います。

目次

坂柳有栖のプロフィール・声優

ここでは坂上有栖についてプロフィール声優をご紹介したいと思います。

学籍番号:S01T004737
誕生日:3月12日(魚座)
身長:150cm
スリーサイズ:B70(A)/W54/H77
所属:1年Aクラス→2年Aクラス
学力:A(93)
身体能力:D-(25)
機転思考力:B+(80)
社会貢献性:B-(65)
総合:B(66)
一人称:『私』
CV:日高里菜

プロフィールは上記の通りで、学力が極めて高くその体格故に身体能力は低いですが機転思考力や社会貢献性は平均値である為に総合評価はBという平均的な評価に落ち着いていますが、学力から見てわかる通り早すぎる程良く回る頭脳を持ってAクラスを上手く回し、Aクラスの実質的リーダーとして君臨しています。

声優は『ソードアート・オンライン』シリカ役、『トロピカル~ジュ!プリキュア』ローラ/キュアラメール役、『妖狐×僕SS』白鬼院凜々蝶役、『転生したらスライムだった件』ミリム役、『盾の勇者の成り上がり』フィーロ役など主に幼女や少女などの役柄が多く、キャラクターソングでCDデビューを果たすなどマルチな活躍をしている日高里菜さんが演じます。

坂柳有栖の正体は理事長の娘でホワイトルームを外から見ていた

ここでは坂柳有栖についてその正体綾小路清隆との接点についてご紹介したいと思います。

坂柳有栖の正体についてですが、正体という程の事ではなく、高度育成高等学校の坂柳理事長の娘であり、理事長を父に持つ事から『自分は真の天才として生まれた』という自負と絶対的な自信をもっています。

そんな坂柳有栖と綾小路清隆の接点ですが、有栖が7歳の頃に清隆の父親が開設した、人工的に天才を生み出す施設である『ホワイトルーム』を父と共に見学した事で、坂柳は一方的に綾小路の事を知っており、綾小路がホワイトルームの最高傑作だとも知っています。

また、有栖はホワイトルームに関しては『人工的に天才を生み出す事には興味がもてるが、色々と問題点がある』と述べていますが、見学の際に難題やチェスを淡々とこなす清隆に衝撃を受けてそれが有栖自身がチェスを始めるきっかけとなります。

坂柳有栖の足が不自由な理由

ここでは坂柳有栖について足が不自由な理由をご紹介したいと思います。

足が不自由な理由ですが、生まれついて持っている先天性疾患のせいで、その為にドクターストップが掛けられているので、運動はおろか歩行すら杖無しでは困難という作中最弱キャラクターになっており、運動能力を競う科目などには参加できずに彼女の大きなペナルティとなって居ます。

しかし、そのぺルティを補ってなお余りある頭脳を持ち合わせており、作中では南雲雅と争う程の神算鬼謀であり、現在まで彼女が指揮した試験での脱落者、Aクラスへのダメージは共にゼロという記録を叩き出しています。

坂柳有栖は綾小路が好き?

ここでは坂柳有栖について綾小路清隆への恋愛感情についてご紹介したいと思います。

恋愛感情については率直に述べると現状は好きなのかどうかわからないです。と、言いますのも元々ホワイトルームを始めて訪れた時に見かけた綾小路清隆に衝撃を受け、それ以来彼の事をライバルとして見てきており、清隆が高度育成高等学校に入学した際もライバルとして宣戦布告をするなどの動きを見せています。

しかし、彼と交友を深めて行くたびにライバルより憧れとしての彼の存在が大きくなりつつあるのも事実であり、同時に彼に好意を持ってる描写もなされているので、現状ではそれが恋愛感情なのかそれとも憧れからくる感情なのかはハッキリとしないと言えると思います。

坂柳有栖は綾小路と特別授業でやった?

ここでは2年生編6巻における坂柳有栖と綾小路清隆の動向についてご紹介したいと思います。

まず、見出しがやった?などと物凄くド直球な事になっていますが、これは2年生編6巻で綾小路の真の目的を知ってしまった坂柳を口止めするために特別授業と称してベッドへ押し倒すのですが、やったのかやらねえのかで一口にまとめてしまうとハッキリ言えばやってないと明言できます。

何故やってないと明言出来るかというと2年生編の第6巻特別授業のところで坂柳が綾小路にベッドへ確かに押し倒されますが、その後の会話で『男性のベッドに入ったのははじめて』『10秒で出たからノーカン』と書かれているので、結論として10秒で初めから中までは絶対無理なのでやっていないと明言します。

まとめ

今回はよう実に登場する『坂柳有栖』についてご紹介しました。

坂柳は7歳の頃には既に『天才は教育で決まるものではなく、生まれた瞬間に決まっているもの』と独自の理論を提唱するなどその才覚を発揮し始めており、表立っての行動は控えつつもその神算鬼謀をもってAクラスを影から統率するなら自らの才能を遺憾なく発揮しています。そして作中では綾小路との共闘策を取ったりなど、彼女から目が離せない展開が続いています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次
閉じる