指出毬亜(まりあ)の彼氏や身長でかいとかわいいハーフ!ちゅんるんにお茶会とは

anime

今回は、『私に天使が舞い降りた!』白咲花(しろさき はな)役や、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』エマ・ヴェルテ役を演じる声優の指出毬亜(さしで まりあ)さんについて調べてみました。

指出さんの気になる彼氏情報や、かわいいという話やハーフという噂について、そして謎の愛称「ちゅんるん」やお茶会などについても調べてみました。

目次

指出毬亜の彼氏情報

指出さんの気になる男性関係ですが、現在は彼氏がいるという情報はありません。

指出さんは声良し、顔良し、スタイル良しとかなりモテそうですが、今はそういった相手はいないようです。性格がかなりの人見知りみたいなので、身近な男性は少ないかもしれませんね。

最近の若手女性声優はこういった情報がオープンになっていることは珍しいですよね。男性ファンに配慮しているのでしょう。

こういった情報がオープンになる日は果たして来るのでしょうか…

指出毬亜の身長がでかい?

指出さんの名前をgoogle検索すると、サジェストに『でかい』と出てきます。

指出さんの身長は163㎝と公表されています。20代女性の平均身長は157㎝前後で、女性声優も150㎝台が多いので大きい方ではありますね。

また、指出さんがメインキャラとして登場している『私に天使が舞い降りた!』『ラブライブ!虹ヶ先学園スクールアイドル同好会』で共演している声優陣の中ではトップクラスの身長ですし、身長が大きいというイメージを持つのは必然だと思います。

ちなみに、指出さん以上の身長を持つ声優も多いです。

小岩井ことりさん(167㎝)や、小林ゆうさん(168㎝)、青木瑠璃子さん(170㎝)等ですね。こういった方々との共演があれば、指出さんにまた違ったイメージを持つかもしれませんね。

指出毬亜がかわいい!ハーフ?

指出さんは、かなり顔立ちがかわいいですね!また本名だと思われる『指出毬亜』という名前もかなり珍しいお名前です。

これらのことから「指出さんはハーフなのでは?」といった話もあります。

普通に考えれば純日本人だとは思いますが、整った顔立ち手足が長くすらっとしたスタイル特徴的な名前と、ハーフだと思う要素は沢山あります。

これに関しては何の情報も無いので、どちらともいえないとしか言いようがないですね。

指出家の情報は毬亜さんが話すことも多いので、今後明らかになってくれると思います。要チェックですね!

指出毬亜のちゅんるんの意味とは?

指出さんの愛称は『ちゅんるん』です。「それはどういう意味?」と100人中100人が思うと思います。

ちゅんるんの由来はスズメの鳴き声のようです。指出さんの顔が丸い。スズメも顔が丸いということで、指出さんのお母さんが「ちゅんちゅん」と呼ぶようになり、それが「ちゅんるん」に変化したようです。

「毬亜」という名前を付けたのにも関わらず「ちゅんるん」と呼ぶ母親、謎すぎますね。

ちなみに、姉は「うみちゃん」と呼んでいたようです。ますます指出家の謎が深まるばかりです。

指出家の謎が解明される日は来るのでしょうか。

指出毬亜のお茶会とは?

https://twitter.com/sashidega/status/1450439348113973248

そんな謎の指出家では、誕生日にお茶会が開かれるようです。これもかなりの謎です。

そのお茶会には、姉が作った招待状を持っている人のみが参加できるようです。ここまではまだわかります。

まずお茶会の開会式が開かれ(?)、猫が挨拶をして(??)、指出家の誰かが作曲した校歌を各々が雰囲気で斉唱して(???)お茶会が開催されるようです。全く意味が分かりません。

ちなみに、指出家に遊びに行くとこのお茶会に参加できるそうですが、みんな首をかしげながら参加しているようです。

そして、指出さんは宿泊先のホテルで一人でお茶会なんかもしているようです。一人で「お茶会開始~。」と言っているそうです。意味が分かりませんね…

調べてみて、意味が分からないということが分かりました。この謎は人類には早すぎるかもしれません。

まとめ

https://twitter.com/sashide_m/status/1476971828015165443

今回は声優の指出毬亜さんについて調べてみました。普段ラジオ等を見ない方にとっては、可愛い女性声優というイメージがあったと思いますが、詳しく知るほど謎に満ち溢れていますね。

ですが、こういった謎も指出さんの魅力だと思います!これからも指出さん独特の雰囲気で、声優界を盛り上げていってほしいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次