243話 羂索の私の意志は受け継がれる相手は誰?天元・裏梅・九十九・虎杖・釘崎に肉体乗っ取りじゃない?【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

呪術廻戦243話で、羂索は乙骨に首を斬られて死亡しましたが、最後に『私の意志は受け継がれる』と言いました。

これはどういう意味なのか?誰かに乗り移るのか?その相手は誰なのか?など考察してみました。

目次

羂索が死亡

高羽と羂索が2人で漫才ステージをやったあと、満足したのか死装束で高羽が横になっていました。高羽は死んだのかどうかわかりませんでした。

そんな中、羂索の後ろに乙骨が現れて一瞬で首を斬ってしまいました。そうして羂索が死んだと思われるような流れになります。ただ、首だけになった羂索はそのまま話しており、『そうか道半ば残念だよ だが私の意志は受け継がれる』と言いました。

これはどういった意味なのか、これから考察していきます。

羂索の今回目的は天元と人類の同化


羂索はなんのためにこんなことをしているかというと、黄櫨折や高羽にも説明していましたね。それは楽しいからやるといったようなことでした。

そんな羂索の今回の目的は、天元と人類の同化であり、全体が呪霊になるようなものでした。

そしてそれを成すためには、死滅回遊が終わることが条件だとも言っていました。なので、死滅回遊を終わらせる為に何かを残しているのだと思います。

天元と人類が同化してしまえばどんなことが起こるのかわかりませんけど、確実に必要だと思われるのが『呪霊操術』です。なぜなら天元は呪霊操術で操っており、取り込んだ真人も同じように呪霊操術で取り込んだはずだからです。

私の意志は受け継がれるの意味は?

では、羂索が言った『私の意志は受け継がれる』ですが、これには二つの意味があるはずです。

それは羂索自身が体を乗り移る術式を持っているために、他の人に乗り移ることで、目的を達成するという意味の受け継がれるです。

そしてもう一つは『意志』と言っているので、自分は死ぬけど他の誰かが自分の目的を達成するために動くということです。

どちらになるかわかりませんけど、普通に考えれば、言い方的に羂索は死ぬけど、他の誰かが意志を継ぐという意味でしょうね。術式の通りの意味なら、意志なんて言葉は使わないはずです。

私の意志は受け継がれるの相手は誰?

では、羂索の意志を継ぐ相手は誰なのでしょうか?

もし術式を使って体を乗り移るという意味であれば、死体でしょうね。これまでも死体に乗り移ってきたようですから。

その場合、天元、九十九、釘崎辺りになるでしょうか。釘崎は死にたてほやほやなので微妙ですけど、釘崎に入っても強くはないので、さすがに入らないかなと思っています。

そしてあとは死体ではないですが、虎杖です。虎杖のことを重要に思っていなかった羂索ですけど、今ならどう思っているかわかりません。

他は生きている人物が意志を継ぐなら、裏梅でしょうか。裏梅は羂索のことは嫌いなイメージですけど、宿儺の為に動くなら、裏梅は何でもしそうです。

強い人物でないとあまりイメージは付きませんから、正直あまり考えられません。五条の死体に乗り移ったらとんでもないんですけどね。

まとめ

ということで今回は、羂索のワタシの意志は受け継がれるの意味について考察してみました。

個人的には、体の乗っ取りではなく誰かが死滅回遊を終わらせてくれるような人物が羂索の代わりに動くでしょうね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次