243話で羂索が死亡確定で復活生き返る?乙骨に首斬られ呪力に気づかなかった理由意味は高羽の領域展開?【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

呪術廻戦243話にて、高羽との漫才ステージが終わった羂索が、乙骨の呪力に気づかず、そのまま首を斬られて死亡しました。

しかし、私の意志は受け継がれるとして、まだ何か続くような言葉を残しました。

そこで今回は羂索が死亡したことや、乙骨の呪力に気がつかなかった理由、高羽の領域展開ではないかなどご紹介します。

目次

羂索が死亡!生き返る?

243話では、羂索と高羽の漫才ステージが続きましたが、途中で高羽が終わりたくねえと言ったものの、羂索がそれを終わらせました。

これは高羽が満足したという意味だったのかもしれません。

そして、漫才ステージが解除された後は、高羽が死装束を着て死亡したような感じでしたが、突如後ろに乙骨が現れました。

そのまま羂索の首を斬ってあっけない死となりました。ただ、首の状態でもまだ喋っており、私の意志は受け継がれると言っていました。

想像以上に簡単に羂索が死にましたけど、この役目は乙骨にしかできなかったでしょうね。

そして、私の意志は受け継がれるというのは、また術式で誰かの身体に乗り換えるのか?ただそんな言い方には聞こえなかったので、正直ここで本当に死亡したように思えます。なので生き返りはしないのかなと思います。

羂索が乙骨の呪力に気づかなかった理由意味は高羽の領域展開?

羂索は乙骨が来ていたことに気づきませんでした。

・場是だあの呪力総量の大きい乙骨だぞ
・なぜ気が付かなかった
・そうか、邪魔されたくなかったのか…(高羽が映る)


こう言っていました。

羂索は高羽を見ながらこれを言ったことから、個人的には高羽は無意識で領域展開を発動していたのではないでしょうか。

漫才ステージが領域展開であり、その結界内にいたことから、外の呪力感知が遮断されていたとかではないでしょうか。高羽の邪魔されたくなかったというのは、羂索との漫才を邪魔されたくないが故に領域展開もしくは結界で遮ったのだと思います。

ただ、領域展開だと、外から中に入るのは、簡単ですから、ちょっと違うかもしれませんけど、今回の回答は高羽の領域展開くらいしか思いつきません。

乙骨が速すぎる

そして今回驚いたのは、羂索は正直乙骨を見くびっていたと思います。

羂索はこれまで1000年生きてきましたけど、どんな戦いにも生き残ってきました。あの九十九のブラックホールですか生き残りましたからね。

それを考えると、乙骨もいきなり登場したからといってすぐには死なないと思っていました。

力量的にも油断していたとはいえ、そう思います。

しかし羂索の想像以上に乙骨の力量は凄く、そして速い、虎杖母親のアンチグラビティシステムを発動するよりも早く一瞬で後ろに回って剣だけで仕留めました。

乙骨は術式を何か発動するまでもなく、そうしたということですよね。

後ろを振り返った羂索のさらに後ろに回り込んだのはコピーで何かの術式を発動したとかではなく、普通に速さで上回ったということだと個人的には思っています。

初めからの計画

そして羂索が最初からこのつもりだったのか?という質問に対して、乙骨は高羽さんに人は殺せませんからと言っていましたね。

なので、最初から乙骨がここに来ることを想定した作戦だったのでしょう。

高羽に術式について話さないほうが良いと言ったのは天使でしたよね。羂索が呪力総量の探知ができなくなることも織り込み済みだった可能性もあります。

とすれば、高羽の術式ってまじで凄いですよね。羂索もノリノリでお笑いやってましたからね。

まとめ

ということで羂索が死亡したことについて紹介しました。

あとは誰に意志が受け継がれたのか。この意志とは羂索の身体を乗っ取る術式のことではないと思っています。

それならそう言うでしょうからね。意志ならば羂索以外の誰かがその思想を持っていることになります。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次