243話で高羽史彦が死亡で生きてる復活は?死装束で本当に死んだかネタなのか【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

呪術廻戦243話にて、高羽が羂索との漫才ステージが終わった後に高羽が、死装束で、死亡したような感じになりました。

高羽はそのまま死亡したのか?生きてるのか?ネタなのかなどご紹介します。

目次

高羽と羂索の漫才ステージ

243話では、高羽が羂索と漫才のステージを行い、最終的には羂索が高羽を満足させたからか、勝利したような形となっていました。

高羽は終わりたくねえよというと、羂索が泣くな、白けちまうだろと言って、もういいよと言った瞬間に現実に戻りました。

高羽は白い服を着ており、ありがとうと元気な顔で言うと、羂索は君超面白かったよと言います。

その瞬間乙骨が羂索の背後をとり、首を斬る形となりました。

高羽は死装束で死亡?

そして高羽は、死装束だったので、普通なら死んだと思います。

ただ気になったのが、普通にありがとうと言っていたことです。

勝負の決着がどう転んだかすらわからないですし、羂索が勝ったような感じになっていましたが、何がどう勝ったのかわかりませんでした。

この漫才勝負だけで死ぬというのは意味がわからないですよね。

ただ、羂索が単独でした戦いでは、必ず相手が死んだような状態でした。なので、死んだということもあるかもしれません。

高羽はまだ生きている?死んでいるネタで生きてる復活?

ただ、ワンチャン生きている可能性もあります。

なぜなら、高羽は死装束の状態でありがとうとネタのように言っていました。既に死んでいるなら、ありがとうなんて口にもしないと思います。

そして、乙骨が来た途端、高羽にも見向きもせず羂索を攻撃しました。

高羽の様子を悲しんだりはしていなかったようです。なので、この点においても高羽がまだ生きている可能性はあるのではないかと思っています。

もし死んでも高羽の術式なら普通に死なないと思うんですけどね。復活もありえます。

高羽は領域展開していた?

そして、生死には関係あるかわかりませんけど、乙骨がきた場合、羂索は呪力総量の移動に気づくはずでした。

しかしそれがなく、羂索が乙骨がいることを理解していませんでしたよね。

最初からこうするつもりだったのかという羂索の質問に乙骨は、高羽さんは人を殺せませんからと言いました。

そして、羂索は高羽を見て、『そうか…邪魔されたくなかったのか』と言いました。

これは、高羽が領域展開をして結界を張ったことで、外の呪力総量の移動が感知できなくなっていたのではないかと思っています。もしそうなら面白いんですけどね。

まとめ

ということで高羽について紹介しました。

個人的には死んでないと思っていますけど、羂索相手ですから、死亡した可能性も否定できません。

あの死装束もネタであってほしいです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次