ケネスとギギはやった寝た?その後の関係に日本九州!メイス・フラゥワー も【閃光のハサウェイ】

劇場公開された「閃光のハサウェイ」が、2023年1月15日から全四話で地上波アニメ放送されます。主人公のハサウェイとヒロイン・ギギ、軍人のケネスの三角関係が見どころの一つの物語です。

ケネスはハイジャック事件がきっかけで、その後の生き方が大きく変化するキャラクターといえるでしょう。今回はケネスとギギはやった寝たのか?二人の関係とは?その後、日本の九州に向かったのか?メイス・フラゥワー の破局しギギとの関係修復したのか?詳しくご紹介します。

目次

ケネスとギギはやった寝た?

ケネスとギギは、やって寝た可能性は低いです。ハサウェイを裸で誘うシーンはあったものの、ケネスに対してそんなシーンはありませんでした。

親しみやすい印象でのケネスですが、女好きと思われる誘い方でアピールする様子が。ケネスは、ハウンゼンの客室乗務員のメイス・フラゥワーを口説いていました。

そして、ギギは、80歳の大富豪の愛人です。それもカーディアス・バウンデンウッデンという、大企業カーディアス保険会社の創業者の人物のようですね。ギギの言動や態度から男をもてあそぶ悪女のイメージが強く、気になった方が多かったのかもしれません。

ケネスはギギを勝利の女神とたたえていますが、一時的にはギギの保護者のような立場でした。ギギはハサウェイを想っていたので、ケネスとやって寝た可能性は低いです。

ケネスとギギの関係

ケネスとギギの関係は、親子のような関係です。上述しましたがギギはハサウェイを想っておりケネスに対しては父親のように想っていました。

ケネスも口説く様子は見られましたが、一時的にギギを保護したりと保護者的なイメージが強いです。そのため、恋愛関係ではありませんでした。

上述したとおりギギは19歳ながら、男性をトリコにする美貌の持ち主です。今は親子のような関係でも、その後の行動で関係が変化しているかもしれませんね。

ケネスとギギのその後はハサウェイ母の故郷の日本九州

ケネスとギギは、その後、行動を共に日本の九州に向かいます。ケネスは軍に嫌気がさして辞表を提出しますが、ハサウェイの父親が自分の後任に配属されることが判明。

父親に息子を処刑させないよう、ケネスの独断でハサウェイを処刑します。ハサウェイの死後、ギギは再びケネスの元に戻って二人は日本へ。

ハサウェイの母の故郷、九州へと向かうためです。共通の友人だったハサウェイをとむらうため、二人で向かったのかもしれません。

小説ではギギのその後は描かれていませんが、きっとケネスとしばらく一緒にいたのでしょう。ギギはケネスと恋愛関係になったのか、視聴者の判断で分かれるのも楽しみの一つでしょうね。

ケネスとメイス・フラゥワー の破局とギギとの関係修復

ケネスはメイス・フラゥワーと破局し、ギギとの関係を修復したわけではありません。ギギとは恋愛関係ではなかったからです。そしてメイス・フラゥワーとは付き合う前の段階で関係が終了。

見事成功して香港でのデートの約束をし、メイスは期待してケネスの部屋をたずねると、そこにはギギの姿が。その時に偶然、一緒にいたギギが原因になり、進展せず終わりました。

ギギは上述した男性の愛人ではありますが、ケネスの不倫相手だったわけでもありません。エピローグで「日本に着いたらよりを戻すよう言ってみる」とケネスがギギに話しているため、メイス・フラゥワーをまだ想っているようですね。

まとめ

今回は閃光のハサウェイのケネスとギギの関係や、二人のその後にメイス・フラゥワーのことについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

初代ガンダムの完結編と言われていますが、戦争にハイジャックと大人な恋愛描写もあり、様々な人の関係性が気になる物語でもありますね。

ぜひ劇場版映画を見たり、原作小説を読んでアニメ放送を待ちましょう。

  • URLをコピーしました!
目次