スパイ教室アニメ1期何巻どこまで何クール?なろうに声優一覧豪華で制作会社作画も

スパイの活動が活発になる世界において難関任務を達成するスパイのプロフェッショナル集団の活動が描かれる作品こそスパイ教室です。

第32回ファンタジア文庫において大賞を受賞したということで、かなり人気のある作品となっていて、2023年の冬アニメとしてまもなく放送され期待が集まっています。

そこで今回はスパイ教室アニメ1期何巻どこまで何クール?なろうに声優一覧豪華で制作会社作画もをテーマに紹介していきたいと思います。

目次

『スパイ教室』何話何クール放送?

スパイ教室は現在原作小説とコミックが発売されていますが、原作小説は本編が8巻、短編が3巻、コミックが3巻描かれています。またコミック3巻における内容が原作小説1巻に当たる内容となっていて、キリが良い話となっています。

内容としてはスパイとして不可能任務に挑むチーム「灯」のメンバーが、ガルガド帝国の生物兵器サンプル奪還を目指す話となっていました。

アニメは基本的に1クールが多いのでスパイ教室も12話1クールとなってくるといえますが、原作ストックは小説ならかなりあり、小説を中心に展開されていくと予想されます。その場合2クールも十分に描けるストック量なので、続報が気になります。

『スパイ教室』に小説家になろうはある?

スパイ教室第32回ファンタジア大賞の大賞受賞作なので、小説サイトとして作品が掲載されることになる、小説家になろうにはないようです。

書籍化にはいろんな方法がありますが、ファンタジア大賞に応募して、大賞受賞をしたことによって書籍化された形となっていると言えますね。

なので直接賞に応募して、書籍化されたので小説家になろうの経由ではありませんでした。大賞受賞作ということで、本当に凄いですし、人気もあり期待も高まっていると思いますね。

『スパイ教室』の小説・漫画何巻どこまでやる?

スパイ教室は原作小説が8巻と短編3巻が描かれていて、漫画が3巻描かれています。そして漫画3巻の内容は原作小説1巻の内容となっていました。

1クール12話構成にアニメがなったとしても、漫画の内容は流石に超えてくると予想できます。原作小説が8巻もあるわけで、その中でキリの良い内容となるとのみんなが直面した任務の中でをはじめとした暗殺者を対象にする不可能任務の内容が描かれる3巻までの内容が描かれそうです。

が発足してから正式なチームになっていく様子を見ていきたいところです。後は大体1クールアニメだと原作3巻辺りまでの内容が描かれる傾向があるようで、小説3巻までの内容になりそうだと予想します。なので漫画は全て3巻までの内容が描かれると思いますね。

『スパイ教室』の声優豪華で声優一覧

リリィを演じるのが雨宮天さん(代表作「この素晴らしい世界に祝福を!」アクア役)、グレーテを演じるのが伊藤美来さん(代表作「五等分の花嫁」中野三玖役)、ジビアを演じるのが東山奈央さん(代表作「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」由比ヶ浜結衣役)

モニカを演じるのが、悠木碧さん(代表作「魔法少女まどか☆マギカ」鹿目まどか役)、ティアを演じるのが上坂すみれさん(代表作「中二病でも恋がしたい!」凸守早苗役)、サラを演じるのが佐倉綾音さん(代表作「Charlotte」友利奈緒役)

アネットを演じるのが楠木ともりさん(代表作「チェンソーマン)マキマ役」、クラウスを演じるのが梅原裕一郎さん(代表作「ゴブリンスレイヤー」ゴブリンスレイヤー役)でした。本当に豪華すぎて期待が高まりますね。各作品の主役級キャラを演じる声優さんが勢ぞろいということで、最高すぎました。

『スパイ教室』の制作会社に作画

制作会社は「feel.」でした。代表作は「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」などをはじめとして有名作品がたくさんありました。

更に俺ガイルはかなりクオリティが高い大人気作品ということで作画もかなり良く、とても完成度が高いといえる作品をだせる、技術があると言えて、期待が高まります。

スパイ教室はどんなクオリティの高い作品になってくるのでしょうか。きっと凄いクオリティの出来上がりになっているに違いありません。

まとめ

今回は2023年の冬アニメとして放送されるスパイ教室における、アニメ化されそうな原作範囲についてや、出演する豪華キャストの情報を中心に紹介していきました。

どこまでの原作範囲をアニメ化するのかは、放送されるまで実際のところ分からないので、かなり注目が集まり気になるところです。

そしてなんといっても出演するメンバーも豪華キャストというのがわかり、期待したい作品となっていると言えますので、放送が待ち遠しいです。

  • URLをコピーしました!
目次