ベガパンクは少女で女の子の性別?顔画像正体判明で声優安原義人は男!【ワンピース1061話】

ワンピース1061話にて、登場したのがベガパンクと名乗る少女でした。

これまでベガパンクはバーソロミュー・くまには男、緑牛にも男やおっさんと呼ばれていたことから、性別は男性だと思われてきましたし、アニメの声優も男性でした。

しかし少女の姿で登場したということは、何か理由がありそうです。今回はドクターベガパンクの正体や性別、顔画像や声優についてご紹介します。

目次

ベガパンクが登場

ワンピース1061話では、エッグヘッドという島に向かうという流れになり、そこにはコビーを救う為にヘルメッポがセラフィムを貸してほしいとベガパンクにお願いするという流れがありました。

そこで最後に登場したのが、ベガパンクと名乗る少女でした。

まさかの少女が登場ということでしたが、これまでのベガパンクを考えると少女という点がおかしく感じてきます。今回はそれを考察していきます。

よく見ると胸にはPUNK02と書かれており、2番目の個体なのかなと思わせるようなものになっています、

ベガパンクは男?声優は安原義人

これまでベガパンクの名前が出てきた時は、男だと紹介されてきました。

まずは緑牛と藤虎の会話で緑牛が『ベガパンクのおっさんは』と言っています。さすがに少女相手におっさんとは言いませんよね。

さらにバーソロミュー・くまも『世界最大の頭脳を持つ男だ』と言っていました。

2人の口からも男という言葉が出てきましたから、普通に考えて少女というのはおかしいですよね。

また、アニメでも声優は安原義人さんという男性の声で出演していました。これはシーザーと会話した時のシルエットでの声ですね。現在72歳の現役声優さんです。

遠隔ロボットもしくは今まで正体を隠していた

ベガパンクは、サンジの父であるジャッジやシーザーらと昔から知り合いでした。そのことから考えても年齢はかなりいっていると考えてもいいでしょう。

しかし見た目については自分に改造手術を施せば正直若く見せることなんてベガパンクの技術さえあればいくらでもできそうです。

そして少女という点については、今回登場したのが遠隔ロボットという線もあります。もしくは今まで登場していたベガパンクこそが、正体を偽り男だと見せていたというのもあるかもしれませんね。

この真相はすぐに明らかになるでしょうね。

ボニーとベガパンクの関係

今回ルフィたちはベガパンクのいる場所に向かう流れになったようですけど、そこでボニーとも出会いました。

ボニーのビブルカードには、『ベガパンクに父を元に戻してもらう』ということを書かれており、このことから、バーソロミュー・くまがボニーの父親であり、人格が消えた父を直してもらおうと考えているようなことなのかもしれません。

ちなみに麦わらの一味は冬島に到着していますが、過去にフランキーが2年の修業の時にいたのがベガパンクの出身地の『未来国バルジモア』であり、ここが冬島でした。

ただ、今回バルジモアにきたということではないようですね。

まとめ

ということで今回はベガパンクの性別について詳しくご紹介しました。

普通に考えて女性というのはありえないですけど、正体を偽っていたというなら全然ありえます。

これからベガパンクの正体やボニーの正体も明らかになっていくと思います。それが明かされる回が楽しみですね。

そもそもベガパンクは味方側なのかどうかまだわかりません。味方側になるといいですね。むりやり政府でパシフィスタやセラフィムを作らされていたならありえます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お勧め記事

目次