ラブオールプレー2期アニメの放送日いつからで内容ネタバレ!何巻どこからどこまでが続編続き?

ラブオールプレー』は小瀬木麻美先生による日本の小説。バドミントンを題材にした青春群像劇で、ポプラ社より全4巻が刊行されています。

今回はラブオールプレーから2期はあるのか?放送日はいつなのか?2期の内容に何巻のどこまで描かれるのかをご紹介していきたいと思います。

目次

『ラブオールプレー』1期アニメが放送!どんな内容だった?

4月よりアニメ絶賛放送中の『ラブオールプレー』ですが、ここでは1期のあらすじをざっくりと振り返っていきたいと思います。

水島亮は中学で勢いに任せてバドミントン部へ入部しましたが、きっちりとした指導がなく、持ち前のセンスと運動神経のみで県大会出場を勝ち取るまでに上達しました。

そこにバドミントンの名門である横浜湊高校のバドミントン部監督の海老原先生からスカウトが掛かかり、チームにも恵まれ始めましたが、自己流で強くなった自分が名門校に進学してやっていけるのだろうかと不安になり、進学をためらっていました。

しかし、同校の3年生で成績学年トップを収める姉の里佳から自分の才能をここで潰すのは勿体ないと強烈な後押しを受けて横浜湊高校への進学を決意、湊高校へと進学を果たします。

これで、今まで自己流でやってきて圧倒的に足りなかった経験不足を補う事が可能となった亮は部員たちを切磋琢磨しながらインターハイを目指していきます。

と、内容で、中学まで自己流でバドミントンをやって来た少年バドミントンの名門校へ進学した事で部員たちと切磋琢磨しつつインターハイを目指す青春群像劇となっています。

『ラブオールプレー』2期アニメの放送日や続編放送予定と原作ストック

4月から放送中のラブオールプレーですが、ここでは2期はあるのか原作のストックについてお伝えしようと思います。

まず、原作のストックですが、ストックと言う物は無く物語は既に全4巻で完結しています。ですので、今後ラブオールプレーに関しては他のアニメのように2期以降が制作される事は無くもし制作されるのならばそれは原作者がアニメの為に書き下ろした完全オリジナルストーリーとなると思われます。

続いて、2期はあるのか?についてですが、正確に言うと独立した2期は無くこのまま連続2クールで完結まで描かれるのではないかと予想しますが、その理由としては現在ラブオールプレーの放送されている土曜17時半~18時の枠10月より僕のヒーローアカデミア第6期に当てがわれる予定であり、分割での2クール放送はまずありません。

ですので、分割2クールや独立した2期ではなく4月~9月下旬ごろまで連続2クールで全4巻を描き切り、完結させるのではないかと予想します。

『ラブオールプレー』2期アニメが放送なら漫画何巻から何巻まで?

連続2クールも噂されているラブオールプレーですが、ここでは原作のどこまで描かれるのかについて予想したいと思います。

まず、前提として独立した2期は無く連続2クールで描かれるならばと言う事になりますが、原作は既に1~4巻の4巻分で完結していて同作の漫画の連載は4月より始まり第1巻もまだ発売されていない状況ですのでそこから考えて、連続2クールの2クール目は恐らく原作の第3巻と4巻が描かれると思います。

そして後述の見どころではもお話しますが、3~4巻なので舞台は大学にうつり大学に進学してバドミントンを続けている亮が描かれます。

『ラブオールプレー』2期アニメの見どころ・登場人物

アニメ『ラブオールプレー』について2期目の内容の見どころと登場キャラクターについてお伝えしていこうと思います。

まず、2期の見どころですが1期の主人公であった水島亮の先輩のであり、バドミントン部のエースである遊佐賢人横川祐介の大学進学後のお話が描かれます。怪我で長期離脱し、復帰した遊佐とダブルスを組んでいた横川祐介がシングルでも実力ある遊佐とこのままコンビを組んで世界を目指していい物かと葛藤する姿が描かれます。

ついで、2期の新キャラですが、新キャラの追加は無く舞台を横浜湊高校から大学に移しての遊佐と横川の活躍に軸を移して物語が進んでいきます。

『ラブオールプレー』2期アニメのネタバレ予想

『ラブオールプレー』について、ここでは2期の内容のネタバレをしたいと思います。

大学へ進学した横川祐介遊佐賢人の二人、遊佐は怪我をして長期離脱を余儀なくされて、リハビリの結果無事に復帰し、二人はダブルスとしてスタートを切ります。

しかし、横川はシングルでも世界を目指せる実力を有している遊佐をこのままダブルスの相手として一緒に世界を目指してもいいのかと思い悩み始めますが、中学の頃から様々な困難を乗り越えて来た横川は遊佐のパートナーにふさわしくなろうと決意します。

一方、先輩たちのいなくなった横浜湊高校では海外育ちで仲間が居なかった松田航輝が仲間について真剣に考え始めたり、東山 太一(ひがしやま たいち)、東山 陽次(ひがしやま ようじ)の双子が野球からバドミントンへ転向し、その違いに戸惑いながらもバドミントンの「ダブルス」に真剣に向き合ったりしていきます。

以上のような内容で2期が描かれると思われ、高校のエースだった遊佐賢人と横川祐介の二人を中心に描かれる大学編や、横浜湊高校に残っている後輩の松田や東山兄弟を中心に描かれるスピンオフなどが中心になると思います。

まとめ

今回は4月より絶賛放送中のアニメ『ラブオールプレイ』についてご紹介してきました。

アニメ本編としては横浜湊高校へ進学を決めた水島亮からスタートして舞台を大学へ移し横浜湊高校を卒業した遊佐と横川の視点へと移ってから再び高校へ戻り、後輩の松田や東山兄弟を描くスピンオフへシフトして完結すると思われますが、水島たちの物語がどうなってゆくのかを引き続き注目していきたいと思います。

  • URLをコピーしました!
目次