ダンジョン飯シスル(狂乱の魔術師)の死亡かわいい最後どうなった?悪魔翼獅子の本に声優【小林ゆう】

本サイトでは広告を利用しています

4.7/5 - (3 votes)

「ダンジョン飯」九井諒子先生の原作小説です。2024年の1月からアニメ放送中であり、かなり話題になっています。

ジャンルはファンタジーでモンスターたちを現実でもわかる方法で調理しながら冒険もしていくという、グルメとファンタジーが混ざったジャンルとなっています。異世界の食材の調理で試行錯誤する様子が論理的に考察され展開されて話が進んでいました。

今回はそんな「ダンジョン飯」の登場人物のひとりであるシスルが死亡したのかについてや、かわいいとされている理由、または最後はどうなってしまったのか、悪魔翼獅子の本に声優小林ゆうさんについてをテーマに紹介していきたいと思います。

目次

狂乱の魔術師シスルがかわいい

シスルは外敵にはとても恐ろしい様子をみせます。ライオスたちに敵意を向けた時は無数のドラゴンを生み出して狂乱の魔術師としての恐ろしさが出ていました。

しかしそんな狂乱の魔術師としての姿とは打って変わって宮廷魔術師時代から大切な存在であったデルカルへはシスルの素の様子を見ることが出来ます。素の状態では無邪気な様子でこのギャップが可愛らしいです。ライオスとの対峙では敵意を向けても冷静に対応する彼に対し、取り乱してしまうシスルの様子が見れました。

この他、迷宮の管理人を長い間していたためか、情緒不安定で、皆のためだと思ってやることが狂乱の魔術師ともいえる独善的なふるまいに繋がってる場面もありました。しかし本人は良かれと思ってやっているので、とても楽しそうな様子で、これも可愛らしかったです。

狂乱の魔術師シスルの声優は小林ゆう

シスル役を演じる声優さんは小林ゆうさんです。小林ゆうさんの事務所はホーリーピークで2003年に声優として活動を始めています。それから2008年には第2回声優アワードにて新人女優賞という素晴らしい賞を受賞していました。

声優活動のジャンルは主にアニメやゲーム、ラジオで、活動開始から現在にかけて、幅広いアニメ作品のキャラを担当されています。このほかに音楽活動も行っていて、ユニット結成をしたこともあるようです。幅広い分野での活動をされていることが分かりました。

小林ゆうさんはたくさんの作品のキャラを演じているため、狂乱の魔術師のシスル役をどう演じるかに期待が高まります。

狂乱の魔術師シスルと悪魔翼獅子の二冊の本

狂乱の魔術師シスルは悪魔翼獅子を二冊の本に分けています。一つはダンジョン内の拠点で、もう一つは自ら所持していました。悪魔翼獅子の本ということもあり、本の表紙と裏表紙には翼の模様が刻まれて、かなり不気味な本となっています。

シスルが悪魔翼獅子を二冊の本に分けた理由として悪魔翼獅子との契約があります。デルガルと王国を救うため魔力を得たシスルですが、独善的な態度から国民、そして翼獅子とも思惑の違いが生まれました。シスルは王国のためを思ってダンジョンを管理していたわけですが、国民と対立することになるのは見ていて辛い展開でした。

これによって狂乱の魔術師シスルは、自分の思想に反することになった、悪魔翼獅子を二冊の本に分けることにより封印という手を打ったわけです。

狂乱の魔術師シスルの死亡や最後どうなった?

シスルは死亡したかに思われましたが、生きていました。正確には翼獅子に欲望を食われて生きる気力を失って廃人状態になってしまいます。

翼獅子は人の欲望を食べることを喜びとしていて、シスルの欲望を熟成させることを狙っていました。欲望を食らい不気味に微笑む翼獅子はまさに悪魔でした。

噛みついた翼獅子がシスルの体をすり抜けると、シスルは外傷がないことに不気味さを感じ表情が引きつらせています。これが翼獅子の欲望を食う力で、やがてシスルは自分の存在が消えてしまうかのような感覚を味わうことになっていました。この場面は翼獅子のおそろしさが現れていたと思いました。

まとめ

今回は「ダンジョン飯」の登場人物のひとりであるシスルが死亡したのかについてや、かわいいとされている理由、または最後はどうなってしまったのか、悪魔翼獅子の本に声優小林ゆうさんについてをテーマに紹介していきました。

狂乱の魔術師シスルと悪魔翼獅子の関係についてはとても衝撃的なものとなっていました。声優の小林ゆうさんがアニメで演じるシスルも気になるところです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次