ゴールデンカムイ金塊の場所どこで五稜郭の井戸聖地!結末ネタバレ土地の権利書【金カム実写版映画】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

何度もアニメ化もされており、2024年1月19日から実写映画の放映も始まる人気漫画「ゴールデンカムイ」はアイヌが隠したとされる秘蔵の金貨をめぐり、主人公・杉元 佐一やアシリパなど多くのキャラクターが争いを繰り広げるストーリーです。

金塊は、北海道の土地の権利書とともに、五稜郭の馬用の井戸に隠されていました。今回は、そんなゴールデンカムイの結末についてネタバレしていきます。

目次

金塊を探す途中で土地の権利書を発見

本作は、主人公の杉元 佐一やアシリパ、土方歳三や永倉新八、鶴見中尉率いる第七師団がアイヌ秘蔵の金塊をめぐって争う物語です。

アイヌ秘蔵の金塊のありか誰にもわからないように暗号で隠されています。金塊のありかは、入れ墨で暗号が描かれた囚人の皮である「刺青人皮」を24枚分集めることで解読することができます。そして、杉元や土方、鶴見中尉は、刺青人皮をめぐって争うことになります。

度重なる争いの末、杉元たちはついに24枚の刺青人皮に書かれた暗号を集めることに成功し、金塊の隠し場所が「五稜郭」であることを突き止めます。

急ぎで五稜郭へ向かった杉元たちですが、そこにあったのは金塊ではなく、「土地の権利書」でした。

権利書とは刺青暗号から割り出された場所に隠されていた「土地の権利書」のことです。この権利書はアシリパの父親であるウイルクがアイヌの金塊の半分を使って購入した土地の書類だったのです。金塊が別なものに変わっていることで落胆した人間も多かったですが、やがて権利書の争奪戦が始まります。

金塊の場所は五稜郭のどこ

杉元たちが五稜郭の兵糧庫で見つけた「土地の権利書」は、蝦夷地(北海道)の広大な未開拓地の権利に関するものです。最終的に杉元とアシリパは、この土地の権利書を持って北海道へ行き、アイヌや北海道の地を守るために生きていくことになります。

そして、五稜郭には土地の権利書以外にも、ちゃんと金塊もありました。土地の権利書は、過去に金塊の半分を使って入手したものであり、残り半分の金塊は実在していたのです。

土地の権利書は五稜郭の兵糧庫に隠されていましたが、金塊は五稜郭の「馬用の井戸」の中に隠されていました。金塊を見つけたのは杉元、アシリパ、白石の3人でしたが、アシリパの希望により、災いのもとになるとの理由で金塊は見なかったことにし、いったん回収することなく、その場を立ち去りました。

馬用の井戸は実在する場所?聖地は?

ゴールデンカムイには、実在する様々な場所が出てくるため、多くの聖地があります。そして、そのほとんどは主な舞台である北海道に集中しています。その中には例えば、札幌市時計台などが有名な観光スポットも含まれており、北海道旅行と合わせて聖地巡礼ができます。

金塊の隠し場所であった五稜郭の用の井戸は、実在するなら最も重要な聖地となりますが、どうでしょうか。

五稜郭の馬用の井戸は実在します。実際に五稜郭に行けば見ることができますが、残念ながら井戸そのものがあるわけではなく、井戸跡があるのみです。例え跡地と言えど、ファンとしてはこの井戸跡地はぜひ訪れておきたい場所だと思います。土地の権利書や金塊をめぐって争いを繰り広げる杉元やアシリパたちを想像しながら五稜郭を訪れてみるときっと楽しいと思いますよ。

金塊の結末ネタバレ!白石が手にする

ところで、いったんは見なかったことにした金塊ですが、その後どうなったのでしょうか。実は、金塊は白石がすべて回収したことがわかっています。

杉元一派、土方一派、第七師団による三つ巴の争いの後、杉元やアシリパ、白石はそれぞれ別の道を歩んでいくことになります。杉元とアシリパは北海道へ戻り、アイヌや北海道の地を守りながら一緒に暮らしていくことにしました。

そして白石はというと・・・なんとこっそり井戸の中の金塊をすべて回収していました。

そして、その金塊を軍資金として、戦友である海賊房太郎の遺志を受け継ぎ、異国の地(おそらく東南アジアのどこか)に国を作ったのでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気漫画「ゴールデンカムイ」について、ストーリーの最重要事項である金塊の隠し場所についてネタバレしました。

本作は2024年1月19日より実写映画が放映されます。主人公の杉本は人気俳優・山崎賢人さんが演じており、おもしろい映画になっていること間違いなしです。気になった方はぜひ劇場に足を運んでくださいね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次