エーデルの声優年齢エルフでかわいいドイツ語意味!強さ魔法も【葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

葬送のフリーレンの一級試験編で登場する、二級魔法使いのエーデル。

見た目は幼くかわいらしいですが、語尾は「~のじゃ」などとギャップがあります。作中の中ではいわゆる「のじゃロリ系」ですね。

本記事ではエーデルの声優、年齢、エルフでかわいい、ドイツ語の意味、強さと魔法について解説していきます。

目次

エーデルの声優

葬送のフリーレンのアニメが2クール目に入り、人気ストーリーの一つである一級試験編に突入しました。

一級試験編では新たに多くの人物が登場し、後のストーリーにも関わってくる人物も現れてきます。それに伴って、追加の登場人物の担当声優も発表されました。

しかし、本記事を執筆時点(2024年1月16日)では、まだエーデルの担当声優は発表されていません。

一級試験の二次試験から活躍し始めるからだと思われますが、発表が遅い気もしますね。ちなみに、一次試験の後半から活躍し始める、メトーデとゼーリエの担当声優もまだ発表されていません。

ネットやSNS上では、語調が独特なので結構声優さんを選びそうという声もありましたが、「五等分の花嫁」の中野四葉を担当した佐倉綾音さんや、「スパイ教室」のエルナを担当した水瀬いのりさんを期待する声がありました。

個人的には、「化物語」の忍野忍を担当した坂本真綾さんもエーデルの声に合っているのではないかと思います。。

エーデルの年齢とじゃの語尾からエルフ?

エーデルは子供っぽくかわいらしい見た目や可愛いものが好きという性格とは裏腹に、冷静で一人称は「儂」、語尾には「~のじゃ」とつけるしゃべり方をするので年齢が分かりにくいですよね。

エーデルの正式な年齢は作中でもはっきりと分かっていませんが。また、フリーレンやゼーリエのようなエルフというわけでもないようです。

エーデルは、魔法都市オイサーストの精神魔法を生業とする魔法使いの一族の生まれで、一級試験の際に他の魔法使いがエーデルのことを「精神魔法の専門家」として認知しているため、かなり有名な一族であることが伺えます。

エルフは恋愛本能や生殖本能が欠落しているので、エーデルの一族は人間と考えるの妥当かと思われます。

また、エルフの特徴の長い耳の描写も無く、同じく魔法都市オイサースト出身のカンネ、ラヴィーネとは顔なじみであり、一級試験後には一緒に菓子パンの話題で盛り上がて散るところを見ると、見た目通りぐらいの年齢なのかもしれません。

エーデルのドイツ語意味

葬送のフリーレンに登場するキャラクターの名前は、そのキャラクターの特徴や過去や背景からくるドイツ語から名づけられていることが多いです。

ドイツ語でエーデルとは、「edel=高貴な」を意味するようです。

これはエーデルが、有名な精神魔法を生業とする魔法使いの一族として生まれているところから名づけられているのだと思われます。

エーデルの話し方や、「これ以上痛いのは嫌じゃ」「働くのは嫌じゃ」といった発言やめんどくさそうな態度から、実は甘やかされて育ったお嬢様なのかもしれませんね。

しかしお金持ちなのかと言われるとそうではなく、エーデルが新作の菓子パンのどれを買うか悩んでいると、レルネンが3種類全部買っているところを見て「ブ…ブルジョワじゃ…!!」こ驚いた様子でした。

エーデルの強さと魔法

エーデルは、一級試験の際に二次試験で負傷を負ってすぐに脱落してしまうなど、あまり目立ったところはありませんでしたが、精神魔法については作中の中でおそらく最強クラスです。

エーデルは有名な精神魔法を生業とする魔法使いの一族あり、その腕前は広く知られていて、レルネンが黄金卿のマハトとの対決の際に直接依頼をするほどです。

精神魔法は対象の精神を操り、自分の意のままに動かすことができる魔法です。決まれば勝負を決めてしまえますが、対象と目を合わせないといけないこと、魔族や複製体などの人の心を持たないものには効かないと言った欠点もあります。

また、精神魔法を使用して相手の記憶を読み取ると言うことも出来ますが、これは相手の体に触れる必要があります。

黄金卿のマハトの記憶を読んだ時には、レルネンが作った一瞬のすきにマハトの体に触れ、百年分の記憶を読み取りました。

魔族の精神構造は人間とは大きく違うため、記憶を読むには耐えがたい苦痛があると言われています。エーデルは鼻血を出しながらも、それをやってのけたのです。

これにはマハトも驚いており、フリーレンも「とんでもないほどの精神魔法の使い手だ。」と称賛していました。

まとめ

本記事では葬送のフリーレンに登場するエーデルについて解説してきました。

可愛らしい見た目ながら、「のじゃ」というしゃべり方や面倒くさがりの性格ながら、時には勇敢に飛び込むことのあるギャップ差が大きい魔法使いですね。

担当声優の発表とともに、アニメではエーデルの活躍がどのように見ることができるのか期待したいところです。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次