ゲナウの声優で相棒死亡にドイツ語意味!強さ黒金の翼を操る魔法【新垣樽助/葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

「週刊少年サンデー」にて大人気連載中のファンタジー漫画「葬送のフリーレン」。その登場人物のゲナウは主人公のフリーレンたちが受験した一級魔法使い試験の試験官を務めた武闘派な男性魔法使いです。

試験後のエピソードでもメトーデとコンビを組んで再登場しており、地味で冷徹そうな第一印象とは裏腹に根は人情派な人物となっています。今回は、そんなゲナウの強さや担当声優についてご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

目次

ゲナウの声優

ゲナウは、フリーレンたちが受験した「一級魔法使い試験」で試験官を務めていた男性の魔法使いです。試験の後も、魔族の討伐依頼を受けて北部高原に向かったフリーレン一行と再会する形で再登場しました。

七三分けの髪型と糸という見た目での地味な雰囲気を纏っており、不愛想でとっつきにくいため一見すると冷徹そうにも感じますが根はとても情に厚い人物です。そんなゲナウのアニメでの声は、声優の新垣樽助さんが担当しています。

新垣さんの主な代表作には「新テニスの王子様」シリーズの木手永四郎や「ビッグオーダー」のアブラアン・ルイ・フラン、「僕のヒーローアカデミア」の通形ミリオや「はたらく魔法さま!!」のバーバリッティアなどがあります。

ゲナウの相棒の死亡

ゲナウには、かつてともに任務にあたっていた相棒がいました。その相棒は見ず知らずの人のためでも本気になれる性格で、いつも笑顔で騒がしくゲナウにも親しくしてくれる人物でした。

しかし、ある任務で魔族との交戦中に子供を庇って殺されてしまいます。この一件をゲナウは「私だったらそんな馬鹿な真似は絶対にしない。」とメトーデに話しており、北部高原での任務にあたる一級魔法使いは三度の飯より闘いが好きだと言った上で「お前は俺のようになるな」とメトーデに忠告し彼の反面教師になりました。

なお、相棒が眠る棺の前で「優しい魔法使いは長生きできない」とゼーリエに言われた際は「立派な最期でした」と柄にもないことを言っています。そんなゲナウにゼーリエは「お前は優しさの欠片も無い嫌な奴」と評しますが、弟子の最期はできるだけ見たくないようで優しい人間にならないようゲナウに忠告していました。

ゲナウのドイツ語意味

「葬送のフリーレン」の登場人物の名前や地名などの単語は、ドイツ語が由来となって使われていることが多いです。ゲナウは「Genau」と書いて時間や量、数や機能など実際の値と寸分の狂いもなく一致している正確さを表す言葉です。

どんな些細なことでも徹底して注意を払う入念さや、綿密さといった意味でも使われています。また、相手の話していることに対して、「私もそう思う!」と同意していることを伝えたいときに「Genau!」と言って使うこともあります。

相手を卑下するような言動とは裏腹に非情な人間にはなりきれず、心の奥底に正義を隠した根は優しいゲナウにはぴったりの名前と言えるでしょう。

ゲナウの強さと黒金の翼を操る魔法(ディガドナハト)

1級魔法使いの中でも武闘派なゲナウは、主に魔族との熾烈な闘いが続いている北部高原での任務を担当している魔法使いです。戦闘経験が豊富で魔族との騙し合いにも慣れており、魔法使いながら前衛がいなくても戦えるオールラウンダータイプとなっています。

使い魔の鳥を使って周囲の警戒を行うなど、戦闘系の魔法以外でも一通りは使えるようです。また、ゲナウが得意とするのはこの世ならざる物質を作り出すことができる攻防一体の魔法「黒金の翼を操る魔法(ディガトナハト)」です。

ディガトナハトは魔力でできた黒い翼を背中に作り出し、翼による斬撃や防御、飛行を可能にします。魔族の将軍の強靭な肉体を一撃で切り裂いたり魔力の剣による斬撃を防ぐなど、極めて高い強度を持っているため接近戦向きの万能魔法です。

また、発動する際は顔に右手を添えて厨二病のようなポーズをとるのが特徴となっています。射程距離が短いのが唯一の欠点ですが、それ以外はほぼ完璧な戦闘用魔法と言えるでしょう。

まとめ

今回は、「葬送のフリーレン」のゲナウについてご紹介してきました。一級魔法使い試験で登場したゲナウはその後北部高原を担当する一級魔法使いとして再登場しており、彼のバックグラウンドも深堀りされています。

この再登場により、冷淡で無感情に見える彼の中にも良心があって人並みの葛藤を経験していることが分かったことで魅力が上がりました。特に、シュタルクとの共闘を通してゲナウの本心を知り、彼のファンになった読者も多いでしょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次