246話で日車寛見の覚醒天才理由なぜで領域展延!五条悟と並ぶほどの才能の原石に宿儺が魅せられていた【呪術廻戦考察】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

呪術廻戦246話にて、宿儺相手に狙われて死亡するかと思っていた日車ですが、なんとこの土壇場で覚醒してきました。

日車の覚醒理由や天才な理由はなぜなのか?五条悟と並ぶほどの才能の原石とはどういう意味なのか?宿儺も魅せられるほどのものとは何なのか?領域展延や覚醒した日車は何をするのかなどご紹介します。

目次

日車が覚醒

日車は虎杖との会話の中で既に死ぬ意思を固めているようでした。

そんな中、宿儺に追い詰められた日車は斬撃を受けます。しかし、領域展延で斬撃を中和してなんとか防ぎました。

これもいきなり日車が使ったんでしょう。そこでこんなナレーションが入ります。

『術師として覚醒して二ヶ月弱。異常な成長速度。宿儺は魅せられていた。再び煌々と光を放つ必死剣処刑人の剣。そして、五条悟と並ぶほどの才能の原石に』

これえげつないですよね。五条悟と比べられたのは何人かいますよね。五条と宿儺より回復速度が早い秤。五条より呪力量が多い乙骨、五条の術式にも対抗しうる高羽の術式などです。

今回は五条と並ぶほどの才能でした。

五条悟と並ぶほどの才能の原石とは?

では、五条悟と並ぶほどの才能の原石とは何なのでしょうか?

五条は術式と六眼によって呪力消費がほぼなく、フルパワーで相手を攻撃したり無限で身を守ったりしていましたね。

しかし、これは五条は普通の人間であったなら、ここまで昇華した術師にはならなかったでしょう。しかしそうなったのは、五条に才能があったからだと思います。

日車はなぜ覚醒したのかと言われば、天才だからとしか言えないでしょう。天才というのは、異常な理解力や実行力などがあると思います。さらには応用力など普通の人には難しくて時間がかかることをすぐにできてしまう、それが天才でしょう。

そして紹介された異常な成長速度が一番の鍵なんでしょうね。経験の浅さから招いた宿儺の呪具を没収してしまったことなどを置いても、まだ術師になって二ヶ月弱なのに、今どんどん吸収して成長していっているということです。

宿儺も魅せられたものとは?

そして、宿儺は日車を見て、五条悟と並ぶほどの才能の原石に魅せられたとなっていましたね。

これおそらくは宿儺はまだ殺さずに戦いを教えていくのではないかと思っています。

こうやるんだと言う感じで呪力操作を教えて、最終的に反転術式も使えるのではないかと思っています。

術式が領域展開ですから、これ以上日車は領域展開は使わないでしょう。となれば、他の人も使えるような術を使うはずです。領域展延が始まったということは、三輪の簡易領域からの抜刀術のようなものも使ってくるかもしれません。

他にも色々やれそうです。

日車の領域展延や覚醒したら何をする?

では先程の話と被りますが、日車は領域展延の他に何をするのでしょうか?

攻撃手段は処刑人の剣のみなので、剣術かもしれません。しかし術師なので術を使うはずです。

虎杖の逕庭拳ような打撃技は使わないでしょうね。

となれば、呪力放出によって強化したり、呪力性質が何かに偏って鹿紫雲のように電撃を使えるようにもなるかもしれません。

まとめ

ということで日車の才能について紹介しました。

とにかくかっこよすぎる日車。呪術廻戦のキャラで一番好きです。

でも自分が死ぬような事を言っているので、死ぬかもしれません。最後までに生き残っていてほしいです。

おそらく246話の話の通り、伏黒を解放するのは日車になるでしょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次