シュティレ(隕鉄鳥)のドイツ語意味と音速飛行に鳥を捕まえる魔法【葬送のフリーレン】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

シュティレ(隕鉄鳥)とは葬送のフリーレンの38話に登場する鳥です。

一級魔法使い選抜試験の第一次試験ではシュティレ(隕鉄鳥)を捕獲することを課題とされていて、捕獲することは非常に困難とされています。

本記事では、そんな謎の多いシュティレ(隕鉄鳥)ドイツ語の意味、音速飛行、鳥を捕まえる魔法などについて解説していきます。

目次

シュティレ(隕鉄鳥)とは?音速飛行する

シュティレ(隕鉄鳥)とはどのような鳥なのでしょうか?シュティレは一級魔法使い選抜試験の第一次試験区域内に生息している鳥です。

非常に小さな鳥ですが、非常に頑丈でその頑丈さは竜種に並ぶほどと言われており、並大抵の拘束は意味をなさず、攻撃魔法も通じません。

飛行スピードが非常に早く、最大速度は音速を超えるほどです。その頑丈さとスピードは、ラヴィーネが水ごと凍らせて捕獲を試みようとしてもすぐに抜け出してしまうほどです。

魔力にも非情に敏感であり、警戒心が強いため魔力を察知するとすぐに逃げてしまいます。

また、シュティレ(隕鉄鳥)自身はほとんど魔力を持っていないので、魔力探知で見つけることも難しいです。捕獲は困難を極めます。

シュティレのドイツ語の意味や隕鉄鳥の意味

葬送のフリーレンの世界では、登場人物の名前がそのイメージや背景にちなんだドイツ語から名づけられていることが多いですが、シュティレ(隕鉄鳥)はどのような意味なのでしょうか?

「シュティレ」はドイツ語で「Stille(静寂)」を意味します。生息している場所が森の中ということや、フリーレンでさえ見たことがないというほどの存在の希少性からこの名前が付けられたのかもしれませんね。

では、もう一つの名前の「隕鉄鳥」はどのような意味なのでしょうか?

隕鉄とは、隕石のうち鉄・ニッケル合金を主体とするもののことを指します。

シュティレの鉄よりも固い頑丈さと、音速を超える飛行スピードはまさに隕石のようです。ぴったりのイメージの名前ですよね。

鳥を捕まえる魔法とは?

シュティレ(隕鉄鳥)を捕獲するにあたり、フリーレンは「鳥を捕まえる魔法」を使うことにします。

この魔法は狩猟を生業とする一族が編み出した民間魔法で、フリーレンが実験したところ魔物も含めて鳥のようなものはほとんど捕まえることがはすべて捕獲することができる拘束力があります。

フリーレンがこの魔法の話をした時、ラヴィーネが「なんでそれを黙っていたんだよ」と言いますが、「この魔法の射程は50cmで、そこまで近付かないと駄目なんだ」と返していました。

シュティレ(隕鉄鳥)は20mほど近づくとすぐ逃げてしまうため、何とかして近づいてこの魔法を使わないといけません。

フリーレンは何とかしてシュティレ(隕鉄鳥)を足止めできないかとカンネとラヴィーネに問いかけますが、魔力に敏感な上に魔法を通さないほど頑丈なのでおそらく逃げてしまうと返されてしまいます。

それぞれどうやってシュティレを捕まえた?

シュティレ(隕鉄鳥)の捕獲は困難を極めますが、フリーレンやフェルンたちはどのようにしてシュティレ(隕鉄鳥)を捕獲したのでしょうか?

フリーレン達はこちらから近づくと逃げられてしまうので、待ち伏せして「鳥を捕まえる魔法」を使うことにしました。

カンネは手当たり次第に池などの水場に魔力を込めていき、ラヴィーネは大きい湖を凍らせます。

シュティレ(隕鉄鳥)は魔力に敏感な鳥のため、魔力がある水場には近寄りません。

その習性を利用して魔力を込めていない池に陽動し、魔力を完全に消したフリーレンが待ち伏せします。

思惑通りに、シュティレ(隕鉄鳥)は池の近くにやってきて、フリーレンの肩に止まったところを「鳥を捕まえる魔法」で捕獲しました。

一方のフェルンたちは、フリーレンの作戦を開始したときにはシュティレ(隕鉄鳥)を捕獲していましたが、どのように捕獲したかの詳細は不明です。

まとめ

今回は葬送のフリーレンに登場する鳥、シュティレ(隕鉄鳥)について解説してきました。

一級魔法使い選抜試験の第一次試験になるほど、捕獲が難しく、音速を超えるスピードで飛行し、魔法も寄せ付けない頑丈な鳥ですが、フリーレンたちの見事な作戦で無事に捕獲できましたね。

このような鳥のイメージからシュティレ(隕鉄鳥)と名付けた作者のセンスにも脱帽です。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次