シュトルツの声優に意味死亡生きてる?ハンバーグ誕生日も【江口拓也/葬送のフリーレン/シュタルク兄】

本サイトでは広告を利用しています

5/5 - (1 vote)

現在アニメが放送されており話題の『葬送のフリーレン』

フリーレンと共に旅する仲間の1人である戦士のシュタルクというキャラクターが登場します。

今回はシュタルク優しいところや兄シュトルツの存在や名前の意味、誕生日にハンバーグを食べることなどについてご紹介していきます。

目次

シュタルクの兄シュトルツの声優と名前の意味

シュタルクには歳の離れた兄がいます。名をシュトルツといい、ドイツ語で「強い」という意味があります。
シュタルクの生まれ育った村は戦士の村で、シュトルツはその村で最強の戦士だと呼ばれていました。

声優については江口拓也さんです。スパイファミリーではロイドの声もしていますね。

2人の父は厳しく、シュトルツは村の誇りだと褒め称えますがシュタルクは失敗作だと言いシュタルクのことは全く認めていませんでした。それに対してシュタルクも寂しい気持ちを抱えていたようです

強いことが価値として認められる村で、兄だけはいつもシュタルクに優しくシュタルクが強くなることを信じてくれていました

シュタルクが修行中に飛ばした泥で強さの証とされる汚れ1つ無い白い外套を汚してしまった時には、その集中力を褒め、構えを直すようにアドバイスをしていました。

シュトルツはまだ生きてる?死亡してる?

シュタルクの故郷の村はシュタルクが小さい頃魔族に襲われました。家は焼かれ戦士たちも苦戦していたようです。

シュトルツはシュタルクを生かすために村から逃げるように諭します。そうしてシュタルクは逃げアイゼンに拾われ戦士として育てられたのでした。

村の人たちを置いて逃げたと語るシュタルクの口ぶりからすると、シュトルツは魔族に襲撃されたことで死んでしまっているような雰囲気がありますが、実際死亡しているかは分かっていません

シュタルクを逃した時は怪我をしているような様子ではなく、まだ余裕がある状態でした。なので今でもどこかで生きている可能性があります

もしシュトルツが生きていたらこの先いつか兄弟で再会することがあるかもしれません。

シュタルクの誕生日祝いはでかいハンバーグ

シュタルクは故郷の家族と過ごしていた時から誕生日にプレゼントをもらったことがありませんでした。プレゼントをあげないという風習があったわけではなく、大切にされていなかったのだとシュタルクは考えています。

しかし兄のシュトルツはシュタルクの誕生日に父親に内緒で大きなハンバーグを作って食べさせてくれたのでした。

シュタルクの師匠アイゼンもプレゼントをあげたことはありませんが、誕生日には大きなハンバーグを作ってくれていたようです。アイゼンの故郷の風習で、頑張った戦士を労う意味が込められています。

勇者一行として旅をしていた時も誰かの誕生日の度に「頑張った者は皆戦士だ」と言い、「馬鹿みたいにでかい」と称されてるハンバーグを振る舞っていました。

現在ではシュタルクの誕生日にフリーレンがアイゼンにもらったレシピで「馬鹿みたいにでかいハンバーグ」を作ってみんなで食べたのでした。

シュタルクは優しい

シュタルクはアイゼンに弟子として育てられたとても強い戦士ですが臆病ですぐに弱音を吐いてしまいます。しかしとても優しい心の持ち主です。

フリーレンたちと出会った時は竜に襲われた村を守るためずっと用心棒として滞在していました。村の人たちは優しいシュタルクをとても慕っているようでした。

一緒に旅をしているフェルンによく強い言葉をかけられていますが、言い返すことはほとんどなく、むしろ自分が悪くなくても謝るなど、とても器が広いです。

頼まれたことは嫌とは言わずに引き受け、自然に人助けをするような人物で、滞在する街や村ではいつも人に慕われています

人の気持ちを考えて行動している印象が強く、人を励ましたり元気がない人のそばにいてあげたりしています。そんな強くて優しい人物です。シュトルツが優しかったから、シュタルクも優しくなったのかもしれません。

まとめ

今回はシュタルクについて、優しいところや兄シュトルツの存在や名前の意味、誕生日にハンバーグを食べることなどについてご紹介してきました。

とても強くて優しい青年で、歳の近いフェルンとの会話が可愛く、ツッコミ的な役割も担っているとても魅力的なキャラクターです。

そんなシュタルクの魅力をぜひアニメや漫画で見てみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次