ひきこまり吸血姫の悶々2期アニメ続き続編はいつから放送日?何巻どこまで?

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

ひきこまり吸血姫の悶々は第11回GA文庫大賞優秀賞を受賞した作品であり2023年10月からアニメの放送も開始しています。

今回はひきこまり吸血姫の悶々の2期アニメ続き続編はいつからなのか何巻どこまでやるのかについて書いていきます。

目次

『ひきこまり吸血姫の悶々』1期の人気や作画はどうだった?

現在放送されている「ひきこまり吸血姫の悶々」の評価について見ていきましょう。SNSを見てみると「キャラデザは可愛い」という感想は多くありましたが、ギャグなのかシリアスなのはどう楽しめがいいのかわからないといった意見も見られました。

作品の都合上、百合要素がところどころ出てくるのでそういった部分が苦手な方やグロ系が苦手だと楽しめないかもしれません。

作画も「最初は良かったけど段々と落ちてきている」「萌え作画のクオリティは高め」など評価が分かれていました。

『ひきこまり吸血姫の悶々』2期の放送予定や放送日いつから?

ひきこまり吸血姫の悶々2期の放送についてはまだ公式サイトから発表はありません。しかし、結論から言うと2期がある可能性は十分高いと思います。

主な理由

  • 原作のストックが十分
  • 日本・海外ともに人気が高い

2期を放送するといっても原作のストックがなければ制作できません。ひきこまり吸血姫の悶々は小説12巻、漫画3巻まで出ておりアニメは小説をベースに制作されているので、ストックは十分あると言えます。刊行されるペースも1年間に3冊なので2期が制作されるまでの間にストックを確保する時間もありそうですね。

次に日本と海外の動画配信サイトで人気なのが挙げられます。日本ではdアニメストア、海外ではAnime Trendingを例に見てみると、どちらも10位前後に入るほどの人気で国内外問わず反応は良いと思います。

なので、原作のストックもあり配信サイトでの反応も悪くないので2期は制作されると思われます。

『ひきこまり吸血姫の悶々』1期は漫画小説の何巻どこまでやった?

現在放送中のひきこまり吸血姫の悶々ですが、どこまで放送されるのか気になると思います。アニメで放送された9話ではコマリたちがゲラ=アルカに招待され八英将のネリアと話すところまで放送されており、ちょうど小説3巻の最初の部分となります。

アニメの4話分で小説1巻分となるので、このペースで進んでいくと小説3巻の最後までアニメ化されると思われます。漫画の方は3巻まで発売されていますが、すでにアニメの方が先行しているので気になる方は小説の方を読んでみてくださいね。

『ひきこまり吸血姫の悶々』2期は漫画小説の何巻どこからどこまでやる?

ひきこまり吸血姫の悶々2期は制作される可能性は高いと思いますが、どこまでアニメ化されるのか気になりますね。

1期と同じように全12話で30分放送だと仮定すると小説3巻分がアニメ化されると思います。そうすると1期で3巻の内容まで放送されているので、2期は4巻から6巻までがアニメ化されることになります。

4巻からは新たなキャラクターや今まで以上の大きな騒動にコマリたちが巻き込まれたりなど見どころも多く、ストーリーもますます盛り上がっていきます。そして7巻からは新しい展開となっていき区切るところが微妙となってしまうため次回に期待を持たせられる6巻までになると予想します。

『ひきこまり吸血姫の悶々』2期の見どころは?

気になる2期の見どころについても紹介していきたいと思います。

1期でも登場した逆さ月のメンバーが今回も何人か出てきて、それぞれが大きな動乱を起こすために暗躍している人物となっています。4巻では序盤からコマリたちも巻き込まれることになりどのように切り抜けていくのかといった見どころがあります。

そして6巻ではコマリたちは新たに第七部隊に配属されたエステル・クレール、サクナと一緒にフレジール温泉街へ行くことになります。エステルの実家である紅雪庵で起きた殺人事件にコマリたちは巻き込まれますが、それはコマリに対するサプライズのためだったのです。更にはコマリの母親に関する情報もあったりと注目ポイントも多くあります。

まとめ

ひきこまり吸血姫の悶々の2期アニメ続き続編はいつからなのか何巻どこまでやるのかについて書いてきました。

現時点では原作ストックも十分なので2期は制作される可能性は十分あると思います。1期の続きが気になる方は是非とも原作小説を読んでみてくださいね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次