葬送のフリーレン フェルン声優死亡に年齢かわいい!丸い太いお母さん【市ノ瀬加那】

本サイトでは広告を利用しています

2.1/5 - (31 votes)

フェルンはフリーレンの弟子で一緒に旅をしている魔法使いの少女ですが、ネット上では死亡説も出ています。

そこで今回はフェルンの声優、死亡説が出た理由やお母さんと呼ばれるきっかけなどについて書いていきます。

目次

フェルンの声優は市ノ瀬加那

フェルンの声優は市ノ瀬加那さんが演じることになります。

市ノ瀬さんは他にも「Dr.STONE」小川杠役、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」スレッタ・マーキュリー役、「聖女の魔力は万能です」アイラ〈御園愛良〉役もされています。

市ノ瀬さんは影や儚さのあるキャラクターを多く演じていました。大人びている感じと徐々に心を開いていく様子をどんな風に演じられるのか楽しみですね。

フェルンは死亡する?

葬送のフリーレンは現在11巻まで発売されていますが、フェルンは死亡していません。しかし、フェルンを検索すると死亡というキーワードも出てきます。

死亡すると噂されるきっかけとなったのは第95話「無名の大魔族」です。この話ではフリーレンが忠告した無名の大魔族ソリテールとシュタルク、フェルンが戦うことになります。

手を休めることなく攻撃をしてくるフェルンにソリテールは様々な質問をしていきます。そして、更に攻撃をしようとしたフェルンですが、右肩に剣のような形をした武器が貫通します。

この戦いでシュタルクも負傷してしまいピンチに陥ってしまうので、フェルンに死亡説が出たのでしょう。フェルンは重要キャラクターの一人なので、死亡してしまう展開は低いと考えられます。

フェルンの年齢とかわいい

フェルンの年齢はフリーレンと旅立つ時には15歳でしたが、最新の黄金郷編では20歳となっています。

フェルンのかわいいところ

  • 芯が強い
  • 表情が豊か

フェルンは僧侶ハイターに拾われとても慕っています。そのハイターももとにかつて仲間だったフリーレンが訪れ、フェルンは魔法を教わることに。フェルンは一人でも生きていけるよう一人前の魔法使いと謙遜ないくらいの実力を身に着けました。そして魔法の特訓もひたすら打ちこんだりと一つのことをこなしていく芯の強さを持っています。

基本的にはあまり表情が変わらないことが多いですが、作中では様々な表情を見せています。例えば気に入らないことがあるとむっすーとしてしまったり、ふとした時の笑顔など大人っぽいフェルンが見せる子供っぽいところが可愛いと言われています。ストーリーが進むにつれて、フェルンも表情に感情が出てきているのでこれからも色々な表情を見れたらいいなと思います。

フェルンが丸いや太いと言われる

フェルンはたびたび丸いや太いとい言われています。その理由について見てみましょう。

  • 顔が丸い
  • 太った
  • まんじゅう
  • まんまるい

ストーリーが進むにつれて作画の影響もあるかもしれませんが、フェルンの輪郭はどんどん丸くなっているなど上記のように言われています。特にアニメでの作画が公開されると、原作よりも顔と体型のふっくら具合が協調されていてファンからは「フェルンが太ってる」と言われることが多くありました。

確かにフェルンは作中での食事の様子を見ているとその分なのではを思います。特に最初の頃と比べて明らかに丸くなっているのと、作者がもともと絵が上手いので意図的なのではとも考えられています。

フェルンはフリーレンのお母さんのよう

フェルンはお母さんとも呼ばれています。理由はフリーレンが私生活ではだらしなく世話をしているからです。他にもシュタルクの世話を焼いたり気苦労も絶えません。

フェルンはフリーレンに対し「フリーレン様ってだらしがない人なのですか」と聞いているシーンがあります。確かに周りが散らかっていたり身支度や着替えも手伝っていましたね。

フリーレンの身の回りの世話をしていくうちにフェルンは「フリーレンのお母さん」のようだと気づいてしまいます。フリーレンもフェルンが起こした時に寝言で「お母さん」と言っているところがあったので、すっかりフェルンがお母さんというイメージは定着してしまっていますね。

まとめ

葬送のフリーレンに登場するフェルンについてまとめてきました。フェルンは話が進むについてどんどんお母さんのようになっていっていますね。しかし、子供っぽいところがあったりと可愛らしい一面もあります。

可愛らしいところに反して魔法の実力もかなりだったりと今後の成長も楽しみですね。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次