五条悟VS宿儺は235話で五条が勝つ勝利の結末結果!死亡フラグ?【呪術廻戦】

3/5 - (2 votes)

長く続いた五条悟と宿儺の戦いですが、235話にて、ついに決着がついたのではないかという状況になりました。

そこで今回は宿儺と五条の戦いの結末と死亡フラグではないかという内容についてご紹介します。

目次

虚式茈で大ダメージ

呪詞の詠唱で威力を増した五条の術式。先に顎吐を破壊した蒼を留めておいて、そこに赫をぶつけることで虚式茈を発動させました。

その結果、五条も巻き込まれましたが、黒閃ゾーンで反転術式の治癒力を高められたことや自分の術式でダメージが少なかったこと。宿儺は満身創痍で回復もままならず、魔虚羅も消滅したことから、日下部が五条の勝利ということを言いました。

とんでもない威力ですよね。

長い戦いも13エピソードで終わったということでしょうか。

宿儺は死んでないのに勝利?

そして皆さんおかしいと思ったでしょうけど、宿儺はまだ死んではいません。

左腕をなくしボロボロの状態ではありましたが、普通にまだ息があります。正直勝利というのは対呪霊だと、普通に殺すことが勝利ですよね。

ただ、伏黒を取り戻していないので、完全に殺し切ることは五条も望まないはずです。なので、宿儺は殺せないといった状況ではないでしょうか。

使える式神も脱兎くらいだと思いますが、これから宿儺はどうするのでしょうか。

日下部の勝利宣言は死亡フラグ?

そして日下部の勝利宣言がちょっと五条の死亡フラグにも思えてきます。

先程言った宿儺が死んでないことや、前回で宿儺は次の戦いに備えるためにも奥の手を隠しているという話をしていました。これはやはりフーガや万からもらったものがそれに当たると思います。

なので、ここで宿儺が終わるということはまずないと思うんですよね。

ということはどんでん返しがあるはずです。伏黒をまだ元に戻せないなら、宿儺に何か交渉するのか、そもそもどうやって元に戻すのかわかりません。

羂索や裏梅

そこで高みの見物をしていた羂索や裏梅もまだいるでしょうし、急遽五条の邪魔をしてくるかもしれません。

そうすると五条もかなり疲れているので、獄門疆に封印された時のように隙ができるはずです。

もしそうなれば、五条も死ぬような何かが襲ってくることもあり得るでしょう。

裏梅はさすがに五条の相手にはならないでしょうけど、羂索は色々できますからね。

この段階ならすぐにでも五条に加勢したほうが良いかもしれません。

まとめ

ということで宿儺と五条の戦いは五条の勝利で終わったことや、死亡フラグではないかについて紹介しました。

宿儺が負けては先に進まないので、ちょっと微妙な結末の気もしますが、宿儺もこのままでは終わらないはずです。撤退して逃げるとかもありえるでしょう。伏黒の体だけでも置いていってほしいです。

  • URLをコピーしました!
目次