チェンソーマン141話の考察感想!鞭と槍の武器人間がファミリーバーガーに登場【ネタバレ】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

前回までは須郷ミリとバルエムがチェンソーマン教会を案内しましたが、今回はなんと鞭と槍の武器人間も登場しました。

今回は、チェンソーマン141話『普通の人生プラス』について、鞭と槍の武器人間が登場したこと、なぜかチェンソーマンをおびき出そうとしていること、ファミリーバーガーが出てきたことなどご紹介します。

目次

チェンソーマン141話のネタバレ

スーパーでチェンソーマンパンシリーズを見ていたデンジとナユタ。半額セールのようでした。

それをいくつか買って、チェンソーマン教会入信案内のポスターを通り過ぎるとそこに悪魔が現れます。デンジがスターターに指をかけようとした時、そこにチェンソーマン教会の信者学生が現れて悪魔を退治してしまいます。

家に帰って犬たちと一緒にパンを食べるデンジとナユタ。テレビを見て、風呂に入って、歯を磨いて、寝るだけの1日を過ごします。寝れないデンジはチェンソーマンのポスターを見ます。ナユタが寝れないのか聞くと、おれはこれからどうなってくんだと発言。

学校卒業して就職して、その後今より幸せになれるのかと言うとナユタはデンジちゃんは私が一生一緒にいてあげるよ、そうすればデンジも幸せでしょ、だってこんなに可愛い子とと言います。それを聞いたデンジは再び寝ます。

ファミリーバーガーで会話していたウェポンズ。そこには須郷やバルエムの他に鞭と槍の武器人間もいました。バルエムによれば、明日はチェンソーマン教会の信者共は礼拝の日だそうで、悪魔がでてもデビルハンターは活動しないとか。

ゴキブリみたいに出てくる民間と公安を殺していけば、正義感が溢れ出したチェンソーマンが悪魔を倒しにくると発言。なぜチェンソーマンにでてきてほしいのか理解できない須郷がそれを聞くと、鞭の武器人間が明日の私達は武器だから余計な事を考えるなと言います。

須郷は俺は人間だからちゃんと考えさせろと言います。すると

バルエムが俺たちは人でもあり武器でもあり悪魔でもあり、人を殺す為に生まれてきたことが共通点だと言います。そんな俺達なら明日何人殺しても神様は許してくれると言います。

チェンソーマン141話の感想

流れ的に他のウェポンズも出てくるとは思いましたけど、さすがにレゼやクァンシではなかったようです。

鞭と槍の武器人間が出てきましたけど、鞭はサングラスをしていましたね。槍の方は発言すらしていないようでした。

そしてなんとファミリーバーガーは驚きでした。このファミリーバーガーは4階に入っていたので、コベニがいたチェンソーマンに破壊されたファミリーバーガーは1階だったのでとは違うと思いますけど、4階建てだったという可能性もあります。

ファミリーバーガーはチェーンなのかもしれませんね。コベニここで働いていたら面白いんですけどね。

チェンソーマン141話の考察

今回のバルエムの話はちょっとよくわかりませんでした。

礼拝の日はチェンソーマンを崇めるということなのか、謎に悪魔が出ても動かないということでした。そこで公安と民間のデビルハンターが悪魔を倒すために出てくるということでしょうけど、それを殺そうとしているようでした。これを聞くと完全に敵ですよね。

そこでバルエムはチェンソーマンに悪魔を倒しにこさせたいようです。これもキガちゃんが黒幕でやろうとしていることなのか。

そして鞭の言っていた明日は武器だということは、武器人間になると理性を失うとかあるのでしょうか。まさかないでしょうけど、デビルハンターを殺そうとしているということですよね。これ須郷も従うのでしょうか。

ちょっと謎過ぎます。キガちゃんの目的は食べ物が好きなので。ノストラダムスの大予言で地球が滅亡しないようにしたいはずです。そこに今回の話がつながるということなら、どういうことなのでしょうか。

デビルハンターをウェポンズが殺すなら、吉田VSウェポンズなんて図式が出てくる可能性もありますね。

まとめ

ということで今回はチェンソーマン141話について紹介しました。

ちょっと伏線のような回でしたね。次回はウェポンズが武器化して、デビルハンターを殺す地獄絵図が出来上がるのでしょうか。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次