上弦の肆 半天狗の声優ピッコロで過去奉行人!イケメンで読み方【上弦の四/鬼滅の刃/古川登志夫】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

いよいよ4月からアニメ放送が開始する『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』。先駆けて放映されたワールドツアー上映『鬼滅の刃 上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』でついに上弦の鬼の声優が明らかになりました。

今回は刀鍛冶の里編で登場する上弦の肆・半天狗の声優や人間時代の出来事などについて考察していきたいと思います。

目次

『上弦の肆 半天狗』の声優はピッコロ役でもある古川登志夫

https://twitter.com/oricon_anime_/status/1624360094178873344

今回上弦の肆・半天狗の声優に決まったのは「古川登志夫」さんです。

古川さんは誰もが知っているドラゴンボールシリーズでピッコロの声優をされている方です。その他にもONEPIECEのポートガス・D・エース役など誰もが一度は聞いたことのある大ベテランの声優さんです。年齢を感じさせない独特で柔らかい美声と高い演技力で声優界の大御所と言われています。

今回の古川さんが演じる半天狗は常に何かに怯えている様子が特徴的な老人の鬼です。古川さんが演じられてきたピッコロやエースのように若く勇敢な役どころとは全く違う役どころですよね。

古川さんの独特な柔らかい美声から半天狗のイメージは想像もつきませんが、どのように演じてくださるのか今からとても楽しみです。

『上弦の肆 半天狗』の過去と奉行人

残虐な鬼にも同情するべき人間時代の背景があります。半天狗の人間時代はどのような人物だったのでしょうか。

半天狗は自身を目が見えないと偽っており、盗みと殺しを繰り返していました。そのことを咎め、奉行所に伝えに行こうとした人もまた殺してしまうのです。奉行所に連れていかれた半天狗は奉行人に本当は目が見えていることを指摘され、打ち首の刑を宣告されます。刑執行の前日、無惨が現れ、半天狗を鬼にしたと思われます。口封じのために奉行人を殺しに行き、最後に「その薄汚い命をもって罪を償う時が必ずくる」と言われます。

半天狗は人間時代から一貫して「自分は悪くない、自分は弱く、可哀想な人間だ」と思い込んでいました。盗みと働くのも、殺しをしたのも「この手が悪い」と認めることはしませんでした。

半天狗の目が見えないことを見抜いた奉行人の言った言葉は炭次郎が最後の一撃の際に言った言葉と同じでした。半天狗がずっと怯えている様子なのは、奉行人が言った言葉が現実になることを鬼になってからもずっと怯えていたのかもしれません。

『上弦の肆 半天狗』の人間時代はイケメン

半天狗の血鬼術は追い込まれれば追い込まれるほどその度に己の身を守ってくれる強い感情を血鬼術により具現化・分裂し勝ってきた鬼です。その半天狗の分身がイケメン揃いなのをご存じでしょうか。

半天狗の分身は全部で5体います。初めに分身するのが「積怒」「可楽」「空喜」「哀絶」です。この4体は舌に「喜・怒・哀・楽」の文字が刻まれており、各々の性格もまさに「喜怒哀楽」そのものです。そして本体が最も追い詰められた時「積怒」に他3体が取り込まれた姿が5体目の「憎珀天」になります。

半天狗との戦いの中、首を切られ分身する半天狗を炭次郎が「若返っている」と言っていました。このことから分身の見た目は半天狗の若い頃だと思われます。半天狗の見た目は2つ角に大きなコブがある老人ですが、この5体にも同じ位置に角があるので間違いないでしょう。

積怒、可楽、空喜、哀絶が青年のような姿に対して、憎珀天は少年のような見た目です。皆タイプな違いますがこの5人の姿がイケメンな為、若い頃の半天狗はイケメンだったと思われます。

『上弦の肆 半天狗』の読み方

鬼滅の刃では読みにくい名前のキャラクターが多く登場します。今回の半天狗も血鬼術による分身の名前も読みにくいですよね。

上弦の肆・半天狗は「はんてんぐ」と読みます。天狗の「狗」には「卑しい」という意味もありますので、人間時代の行いを考えるとピッタリな名前かもしれません。

半天狗の血鬼術で分身する5体は「積怒(せきど)」「可楽(からく)」「空喜(うろぎ)」「哀絶(あいぜつ)」そして「憎珀天(ぞうはくてん)」と読みます。

初見ではなかなか読むのが難しいと思いますが、4体の分身「喜怒哀楽」の特徴、性格が名前から把握できるので、考えられてつけられた名前だと思います。

まとめ

今回は上弦の肆・半天狗の声優や人間時代の出来事などについて考察してきました。

半天狗役はドラゴンボールのピッコロやONEPIECEのポートガス・D・エースの役を演じられている大御所声優「古川登志夫」さんです。古川さんが半天狗をどの様に演じられるのか楽しみです。

半天狗は人間時代、盗みと殺しを繰り返す悪人でした。半天狗がずっと何かに怯えていた様子の半天狗ですが、奉行人に言われた「その罪を償う時がいつかくる」という言葉が現実になることに怯えていたのではないでしょうか。

半天狗の血鬼術で現れる分身は炭次郎の発言から半天狗の若い頃だと思われます積怒、可楽、空喜、哀絶がイケメンなので早くアニメでも動く姿が見たいです。

刀鍛冶の里編で最大の敵である上弦の肆・半天狗。炭次郎たちの新たな戦いが今から楽しみですね!

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次