刀鍛冶の里はなぜバレた?隠し方に犠牲者死亡キャラは?上弦の鬼の名前も【鬼滅の刃刀鍛冶の里編】

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

週刊少年ジャンプで連載され、2019年にアニメ化された大ヒットアニメ『鬼滅の刃』。今や日本のみならず、世界でも日本を象徴する大人気アニメとなりました。

その鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」が2023年4月よりがついに放送されます。前回の「遊郭編」から待望の続編に期待が高まります。

今回は刀鍛冶の里はなぜバレたのか里の隠し方に犠牲者死亡キャラはいるのか。上弦の鬼の名前などについて考察していきたいと思います。

目次

刀鍛冶の里編が2023年4月から放送

鬼滅の刃は2019年4月に第1期『「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』が放送されました。その後、続編となる劇場アニメ劇場版「鬼滅の刃」無限列車編が公開され、日本映画興行収入第1位を記録。勢いそのままに、劇場アニメをテレビシリーズとして再構成した『無限列車編』、『遊郭編が放送されました。そして2023年4月より『刀鍛冶の里編』が始まります。

前作の遊郭編から約1年2ヶ月。続編放送に先立ち、映画「鬼滅の刃 上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」がワールドツアー公開され、全世界で待望の続編にファンの期待も高まっています。

今回放送される刀鍛冶編は「甘露寺 密璃」「時透 無一郎」が活躍するエピソードです。柱の中でも人気の高い2人の登場が今から待ち遠しいですね。

刀鍛冶の里はなぜバレた?隠し方は?

刀鍛冶の里はなぜ場所がバレたのでしょうか。

これは玉壺の血鬼術が原因ではないでしょうか。彼の血鬼術は壺から壺への移動が可能です。この術で自身の望む場所へ壺を移動、周囲を探索、まだ壺を移動させ自身も移動。これを繰り返し、里の場所を探し当てたのではないでしょうか。

刀鍛冶の里は鬼殺隊でもごく一部の者にしか知しません。炭次郎を連れて行った隠も場所は知らず、途中何人もの隠を経由します。その際案内役の鴉やルートも何度も変わり、やっと里に着くことが出来ます。これだけ厳重に隠されていた里がバレてしまったのも、上弦の伍である玉壺の血鬼術があったからではないかと考察します。

刀鍛冶の里編の犠牲者死亡キャラは?

刀鍛冶の里編では犠牲者、死亡キャラないるのでしょうか

無限列車編では炎柱・煉獄 杏寿郎が死亡。遊郭編では音柱・宇髄 天元が左目と左腕を失い柱を引退。このように主要なキャラクターが死亡、あるいは犠牲になっています。

今回の刀鍛冶の里編では、炭次郎、禰豆子、不死川 玄弥、甘露寺 密璃、時透 無一郎、5人が上弦の鬼と戦います。ですが、この5人は誰も死亡しません。宇随のように戦線離脱のような重症を負うキャラクターもいません。

しかし、里が鬼に襲撃されるので多くの刀鍛冶が命を落とします。その死に方が非常に残酷です。刀鍛冶職人は剣士ではないので死んでしまう数もかなり多いです。

刀鍛冶の里編に登場する上弦の鬼の名前

https://twitter.com/you_cook_rubbit/status/1113737997801873408

刀鍛冶の里編に登場する鬼は2体です。

1体は上弦の肆・半天狗半天狗は老人のような姿をしている鬼で常に何かにおびえている様子が特徴的です。自身が追い詰められると、舌に「喜怒哀楽」のそれぞれ一字が刻印された4体の鬼に分裂する血鬼術を使います。分身が戦闘を行い、本体はネズミほどの大きさになり身を隠す戦術です。

自身を弱く善良な被害者、相手を弱者を虐める加害者と考え、追い詰められると4体が合体し憎珀天となり、炭次郎たちの前に立ちはだかります。

もう1体は上弦の伍・玉壺です。玉壺は壺と肉体が繋がった状態で、両目部分に2つの口、額と口部分に両目がある異形をしています。自身を至高の芸術家と称しており、芸術の為として残酷な所業を繰り返し行う残忍さがあります。壺から壺に移動が可能でこの血鬼術で刀鍛冶の里を発見したと思われます。

脱皮する事で屈強な半魚人の様な上半身に蛇のような下半身を持つ姿になり、直接戦闘を行えるようになります。鱗と肉体のバネにより俊敏な動きを可能とし、鱗は金剛石より硬いと豪語し、時透の前に立ちはだかります。

まとめ

https://twitter.com/Of4dx/status/1629366264140533760

今回は刀鍛冶の里はなぜバレたのか、里の隠し方や犠牲者死亡キャラはいるのか。上弦の鬼の名前について考察してきました。

厳重に隠されていた里が把握されてしまったのは上弦の伍・玉壺の血鬼術のせいだと思われます壺から壺へと移動ができる玉壺の血鬼術を使い、里の場所を把握したのでしょう。里の場所は鬼殺隊でも知っているものはわずかしか知らず、たどり着く方法も複雑化されていますので容易に見つけられるものではありません。

今回刀鍛冶の里編では主要キャラクターの死亡はありません。しかし、鬼の襲撃により刀鍛冶職人への被害が大きくて残酷的です。特に上弦の伍・玉壺は人を自身の芸術の材料として扱うのには見ていて嫌悪感しかないと思います。

登場する半天狗、玉壺はどちらも上弦の鬼で実力で言えば遊郭編の妓夫太郎、堕姫を凌ぎます。上弦2体を里の人々を守りながら炭次郎たち5人で戦う姿が早く見たいですね。

約1年ぶりのアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編での戦いが今から楽しみです!

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次