黒馬テンセイのモデルが小林旭と105巻SBSで判明!意味能力や読み方強さに何話登場で海軍階級も

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

大人気漫画『ONE PIECE』105巻のSBSにて海軍黒馬テンセイのモデルが明かされました。赤犬が元帥になり、ますます勢力を拡大している海軍。ルフィたちの新たな敵として立ちはだかることとなるでしょう。

今回は登場当時から注目されていた黒馬テンセイの意味や能力、強さなどを考察していきたいと思います。

目次

黒馬テンセイのモデルが小林旭105巻SBSで判明

ONE PIECE105巻SBSで「黒馬テンセイ」のモデルが「小林旭さん」だと判明しました。

尾田先生は海軍本部のモデルを昭和の名優から取り入れています。今回モデルとなった小林旭さんも昭和の名優として有名な方です。1973年より「仁義なき戦いシリーズ」に出演したことで知られています。
尾田先生は「仁義なき戦い」シリーズがとても好きで、出演していた俳優さんをよく海軍本部のキャラクターのモデルとしています。

小林旭さんが黒髪で、黒馬テンセイが黒髪ではない点について尾田先生は「こうやって僕の好きな日本の伝説の俳優さん達を海軍上層部に置いていくと…みんな黒髪にならない!?って事に気づいて笑。ベタしませんでした。」と答えていました。

黒馬テンセイの読み方と名前の意味

「黒馬テンセイ」は「くろうまてんせい」と読みます。海軍本部のキャラクターは皆、色+動物の法則で名づけられています。赤+犬=赤犬、黄色+猿=黄猿、青+雉=青雉などで、今回は黒+馬=黒馬です。

テンセイという名前ですが、モデルとなった小林旭さんに由来があります。小林旭さんが仁義なき戦い完結編で二代目会長をしてまとめ上げていたのが「天政会」(てんせいかい)でした。ここから黒馬の名前テンセイをつけたのでと思われます。

黒馬テンセイの能力強さ

黒馬テンセイの能力はまだ明かされていません。しかし、海軍元帥赤犬、大将黄猿とトップに君臨する2人に敬語を使わず普通に話していることから彼らと同等の能力があるのは間違いありません。

また、赤犬はマグマ、黄猿は光、青雉が氷、とそれぞれ名前の色に合った能力を持ち合わせています。ですので、「黒」に合った能力を考えると必然的に強い能力を持っているのではないかと考察します。

そして「黒馬」は他にも多くの意味を持ちます。悪夢や死を象徴とする場合があったり、「ダークホース」と読むことができます。様々な意味があることから、黒馬テンセイが作中において何らかの重要な役割があるのではないかと考えられます。

黒馬テンセイは何話に登場

https://twitter.com/japanpaintgarud/status/1551586974116777984

黒馬テンセイは第1054話「炎帝」で初登場しました。本編では1か月の休載を経て再開された回でした。そこに新たなキャラクターの登場でとても注目されました。また、赤犬が元帥になってから同等に話していたのは黄猿のみでしたので、敬語もなく話す黒馬は当然かなりの能力者だろうと読者に印象つけました。

1054話に登場後、黒馬テンセイは出てきていませんが、最終章に向けて確実に重要キャラであること、ルフィたちに必ず立ちはだかるであろう強敵に間違いないと思います。

黒馬テンセイの海軍階級

https://twitter.com/kamitetsu2/status/1553698567751335937

黒馬テンセイの海軍階級はどのくらいの位置なのでしょうか。

登場した時肩書は「海軍犯罪捜査局“局長”」と書かれていました。「海軍犯罪捜査局」という初めての部署が出てきました。黒馬テンセイは作中において、サボが主犯とされるマリージョワでの事件について捜査中と報告していました。ですので、主に海賊ではなく、革命軍に対しての捜査を行っている部署であると思われます。

また、元帥・赤犬、大将・黄猿と黒馬テンセイは普通に会話していました。その様子を見ると、局長は大将と同等の階級ではないでしょうか。

まとめ

https://twitter.com/Eiichiro_Staff/status/1631444325006712833

黒馬テンセイのモデルが小林旭と105巻SBSで判明!意味能力や読み方強さに何話登場で海軍階級について考察してみました。

黒馬テンセイのモデル小林旭さんは仁義なる戦い完結編で天政会(てんせいかい)の会長役を演じられていた昭和の名優さんです。1054話「炎帝」で海軍犯罪捜査局局長として初めて登場しました。その能力、階級は未だ不明です。しかし、赤犬、黄猿と普通に話していることから彼らと同等の能力、階級であるのだと思われます。

様々な伏線が潜んでいそうな黒馬テンセイの登場ですが、彼が今後どのように作中に出てくるのか、能力はなんなのかこれからも楽しみです!

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次