進撃の巨人完結編後編の放送日いつ!何巻何話からでネタバレラスト結末

本サイトでは広告を利用しています

記事の星評価

アニメ最終章である「進撃の巨人 The Final Season 完結編」前編が、2023年3月4日にNHK総合にて放送されました。この時に集大成の後編の時期も発表したことで、ファンの盛り上がりも最高潮ですね。

今回は、進撃の巨人The Final Season完結編の前編の放送は?後編は放送日はいつなのか?2023年秋なのか?後編の内容は単行本何巻何話からなのか?後編のネタバレ最終回ラスト結末まで詳しくご紹介していきますので、早速みていきましょう。

目次

進撃の巨人final season完結編前編が3月4日に放送

進撃の巨人 The Final Season完結編の前編が、2023年3月4日にNHK総合で放送されました。放送前にはシーズン4までをまとめたアニメを数回に分けて放送し、完結編への期待と盛り上がりは最高潮でしたね。

完結編は二部作で構成されており、前編は今回1時間スペシャルで放送されました。アニメ初回放送開始から10年の節目の2023年に、完結編で終了するとはなんだか感慨深いですね。

地ならしをして暴走するエレンや巨人たちをとめるため、みんなにとっての最後の戦いが始まりました。今回もアニメーション映像や声優陣の演技も素晴らしく、あっという間の1時間でしたね。

進撃の巨人final season完結編後編は放送日はいつ?2023年秋

後編の放送日は2023年秋放送が決定しましたが、日程はまだ未発表です。前編公開後に正式に発表され、前編と同じようにNHK総合にて放送されることが明らかになり、告知PVは絶賛公開中です。

告知PVは、雲の映像と一緒にファルコがよく見る夢を語るのみでした。夢の内容は、「空を飛んでいた」ジークの記憶の話と、2023年秋公開の文字。原作内容を知っている方には、このシーンだけでも盛り上がっていることでしょう。

現在NHK総合では、4月からはTIGER & BUNNY 2をアニメ放送し、映画も放送することが決定。アニメは2クールあり、映画を夏休みに放送すると考察されます。

このことから、早ければ2023年9月か10月には放送される可能性が高いです。夏には正式に発表もあるかもしれませんし、情報を待ちましょう。

進撃の巨人final season完結編後編は何巻何話から?

https://twitter.com/KODANSHA_JP/status/1409277864407560195

後編の内容は、原作単行本34巻135話から最終話139話までです。33巻が前編内容だったことと、原作は既に完結済みのため34巻の単行本1冊分である、135話から最終話まで描かれることはもう明らかですね。

また前編同様に30分では収まりきらないため、1時間スペシャルだと考察します。今までのアニメの集大成にもなるので、前編の反響で内容は変わりないですが、後編の長さは変わる可能性も十分ありそうです。

前編からの続きとして、世界を滅ぼすために始まったエレンの地ならし。残った者たちでエレンの行動をとめることができるのか?巨人たちがどうなるのか?最後の戦いの結末が、秋まで気になって仕方ないですね。

進撃の巨人final season完結編後編のネタバレ最終回ラスト結末

上述したとおり、後編は最終巻34巻の1冊分の内容です。大まかなあらすじとネタバレを含め、最終回ラストの結末まで確認していきます。

パラディ島以外の人たちまで攻撃し、次々と人の命を奪い土地を支配していく巨人たち。エレン含めた巨人たちの目指す先が判明したミカサたちは、沢山の犠牲を伴いながらも巨人たちのところに向かいます。

始祖の巨人の力を手に入れたエレンは、歴代の9つの巨人を生み出してきてしまい、ミカサたちは苦戦。リヴァイは苦肉の策として、救出班と起爆班の二手に分かれることを指示します。

そしてミカサは頭痛を訴え、みんなはジークの記憶の夢の意味を知ることに。エレンの身体を見つけ、世界を平和に導くことができるのか?気になる結末は後編で見届けましょう。

まとめ

今回は進撃の巨人The Final Season完結編の二部作から、最終回までの結末まで確認してみました。アニメーションでどんな風に描かれるのか、これから楽しみですね。

漫画では分かりにくい描写も、アニメーションだとより丁寧に描いて楽しみやすくなりそうな気がします。

前編を見返したり、原作単行本を改めて全巻見返すのも後編までのおさらいが出来てより楽しめそうです。後編の詳しい情報公開を楽しみに待ちましょう。

  • URLをコピーしました!


スポンサードリンク

目次