戦桃丸はベガパンクに拾われた恩でルフィ味方!強さルッチ覚醒フォルムの手銃に一撃でやられる【ワンピース1069話考察】

ワンピース1069話では、海軍本部科学部隊長でベガパンクのボディーガードである戦桃丸が登場しました。久しぶりの登場ということで懐かしい感じですが、どのような役回りが来るのでしょうか。

今回の記事では、戦桃丸にはベガパンクに拾われた過去があり、その恩からベガパンクのエッグヘッド脱出の手助けをするルフィに味方することに触れつつ、戦桃丸の強さやルッチの覚醒フォルムの手銃に一撃でやられてしまったことについて考察していきたいと思います。

目次

1069話で戦桃丸がベガパンクに拾われた過去が判明

ワンピース1069話では、戦桃丸ベガパンクによって拾われていた過去が判明しました。

作中では、CP0を追い払ってくれという命令に対し戦桃丸がワイも謀反者になるぞと戸惑うも、ベガパンクに「食えないお前さんを拾ってやった恩人は私だが…どうする?」というセリフによって判明したことになります。

痛いところを突かれた戦桃丸は「圧がすげェな!」とごもっともなセリフを残しています。

ベガパンクの恩から戦桃丸はCP0に敵対する

ベガパンクの危機のために休日出勤を命じられた戦桃丸は、拾われた恩からCP0に敵対することになります。

登場時に「CPは味方!海賊は敵!CP0と一緒に戦えばいいのか⁉」と言っていたのにも関わらず、ベガパンクの脱出をルフィが手伝うと知ってからはすぐにCP0と敵対しているあたり、拾ってもらったベガパンクに対して恩義をしっかり感じていることがわかりますね。

戦桃丸がルッチ覚醒フォルムの手銃に一撃でやられる

戦桃丸は本来なら敵であるルフィとの会話の最中に、覚醒フォルムのルッチによる手銃によって一撃で胸を貫かれてしまいました。

息はまだあるように見えますが、かなりの致命傷に見えますね。

この描写は、自称ですが世界一ガードが堅い戦桃丸が覚醒フォルムルッチの攻撃で一撃でやられることによってルッチがルフィと再び対峙するまでに強くなったことを表現していると考えられますね。

戦桃丸の強さとセラフィムの権限

最後に戦桃丸の強さとセフィラムの権限についてみていきましょう。

以前、ルフィと戦った際にはかついでいるまさかりを使わずに圧倒するほどの強さを誇っていたため、今回はルッチによって一撃で致命傷を負ったものの決して弱くはないと考えられます。ちなみに、戦闘描写から見聞色の覇気及び武装色の覇気は使えるといったところでしょう。

セフィラムの権限について、戦桃丸は威権チップを持つ者よりもよりも上位の権限を持つため、CP0より上位権限者ということになります。

まとめ

今回の記事では、久しぶりに登場した戦桃丸について、その過去や強さ、セフィラムの権限等を見ていきました。自称ですがガードの固さ世界一と謳っていたのにもかかわらず、ルッチに一撃でやられてしまったのは驚きました。

ともあれ、今後どのような展開を見せてくれるのか楽しみですよね。

他にもワンピースについて、最新話や各キャラクター等の考察・解説記事がありますので、よければそちらのほうも見ていってくださいね。

  • URLをコピーしました!
目次