悪魔の実とは誰かが望んだ人の進化の可能性でこうなれたらいいなという人類の未来が能力で能力者は異次元を生きる者たち【ワンピース1069話考察】

ワンピースには、悪魔の実によって各キャラクターが様々な能力を使って活躍をします。1069話では、そんな悪魔の実についてベガパンクがある仮説を唱えました。

今回の記事では、悪魔の実とは誰かが臨んだ人の進化の可能性であり、その能力はこうなれたらいいなという人類の未来だということに触れつつ、能力者は異次元に生きる者たちであることについて解説していきたいと思います。

目次

1069話で悪魔の実の仮説がベガパンクによって語られる

ルフィがルッチと戦闘しているさなか、ベガパンクはある仮説を唱えました。

その仮説とは、悪魔の実の正体についてのものでした。今まで悪魔の実そのものが一体どのような意味が込められているかは謎な部分が多かったですが、ここにきていきなりその正体について語られたのは正直驚きましたよね。

作中では、万物は望まれてこの世に生まれるというベガパンクのセリフに続いて悪魔の実について言及されました。

悪魔の実とは誰かが望んだ人の進化の可能性

それでは、悪魔の実の仮説の内容についてみていきましょう。

まずは、悪魔の実が誰かが望んだ「人の進化」の可能性である点についてです。簡略化すると、悪魔の実=人の進化となりますが、なかなか概念的でわかりにくい感じがしますよね。

ワンピースの世界では、悪魔の実は各個人がなりたいと思った姿に変身することを人の進化として捉えるという意味が込められているということだと思います。

悪魔の実の能力とはこうなれたらいいなという多岐に渡る人類の未来が能力

次に、悪魔の実の能力についてみていきましょう。

ベガパンクは悪魔の実の能力について「ああなれたらいいな…!こうなれたらいいな…!多岐にわたる人類の未来が能力である!」と述べています。

これは、現在の人類が各々こうなりたいと思い描き、そして人類が新しい人類へと進化する未来こそが悪魔の実の能力といったところでしょうか。

悪魔の実の不自然さは自然の母である海に嫌われるという罰を背負って存在

上記では、悪魔の実の概要について触れましたが、ベガパンクはその悪魔の実の不自然さにも言及しています。

ベガパンクが語っている内容について悪魔の実がとても万能であると感じさせますが、それと同時に不自然さが存在します。

その万能ともいえる悪魔の実は、その不自然さから生命の源、自然の母とされる海に嫌われるという罰を背負いながら存在しているというものです。

能力者とは誰かが思い描いた異次元を生きる者たち

https://twitter.com/natsurinabc/status/1602062989464834048?s=29?

ベガパンクは最後に悪魔の実の能力者についても説明しています。

作中では、能力者とは誰かが思い描いたいくつもの異次元を生きる者たちであるとされています。

これはこうなりたい、ああなりたい、こうなってほしい、ああなってほしいなどの人々の思いや願望が具現化した世界(異次元)を生きているのがいわゆる能力者だと言っているのでしょう。

人々の空想上を生きる人と言えばわかりやすくなるかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では長年謎だった悪魔の実について、概要やその能力等を解説していきました。最終章に突入したということで悪魔の実などの物語の根幹の部分が徐々に明らかになってきましたね。

とはいえ、今回のベガパンクによる悪魔の実の仮説は、詳しい解説というよりもあくまでも概要だと思いますので、今後さらに深堀がされると思います。

他にもワンピースの最新話やキャラクターについての記事を挙げておりますので、もしよければそちらのほうも見てみてくださいね。

  • URLをコピーしました!
目次