ハンターハンター サラサ殺した犯人誰で手紙メモの内容解読!ツェリードニヒにエイ=イ一家の仕業?【397話考察】

397話では396話で行方が分からなくなっていたサラサが見るも無残な姿で発見されてしまいました。その遺体の損傷は激しく、だれがこのようなことをしたのか気になるばかりですよね。

今回の記事では、木とサラサの顔に残された手紙メモの内容を解読しつつ、サラサを殺した犯人が誰かという点について、ツェリードニヒもしくはエイ=イー家の仕業である可能性について考察していきたいと思います。

目次

サラサを殺した犯人は手紙を残す

サラサはビデオを探しに森に出かけてしまい、そのまま殺されてしまいました。

作中では、バラバラにされてしまったサラサの遺体が袋には入れられており、木の枝につるされていたところをクロロを含む一行が発見したという描写になっています。

そして、その木とサラサの顔の部分にそれぞれ手紙のようなものが張り付けられていました。

木とサラサの顔の手紙には何が書いてあった?

その2枚の手紙について、現状では読者にはわからないようになっていますが、その内容を知るためのヒントが396話及び397話にあります。

そのヒントとは誘拐犯のセリフである「上納分の頭数(ノルマ)は達成」と「最後に一匹見つけたら…たっぷり遊んでいくか…」というものです。

ここから推察するにかなりえぐいことが書いてあったのではないかと推察することができます。

もうひとつは397話のクロロのセリフである『こいつらは……自分たちの「作品」を世界中に発表できる機会があると知ればそれを我慢できない…!!』です。

手紙をよく見てみると、上部に大きな文字でタイトルのようなもの、下部には小さな文字で説明みたいなものが書かれています。つまり、その手紙には「作品」を思わせるようなことが書いてあったのではないでしょうか。

文字が読めるクロロもウボォーギンから手紙に何が書いてあったのかという問いに対して頑なに言いませんでした。

サラサを殺した犯人はエイ=イ一家?

さて、この章からはサラサが殺した犯人が誰なのかということについて考察していきたいと思います。

まずは実行犯についてみていきます。

前述した通り子供たちの誘拐犯は上納分の頭数、つまりノルマと言っているので子供を納品することでお金を稼いでいるマフィアではないかと推測します。

ハンターハンターでは様々なマフィアが描かれていますが、そのなかでもBW号に乗船しておりツェリードニヒがしりもちとされているエイ=イー家の仕業ではないかと推測します。

サラサを殺した犯人はツェリードニヒ?

続いて、サラサ(子供たち)殺害を依頼した人物は誰なのかについて考えてみましょう。

結論から申し上げますと、カキン王国第4王子であるツェリードニヒではないかと睨んでおります。

人体収集家である彼が求めているのは「前途ある若者が極限状態下で産み出す総合芸術」とあるように、サイコパスとして知られています。この「総合芸術」と「作品が」同じようなニュアンスで使われているように感じられませんか?

さらに、特殊な趣味趣向を持つ者が秘かに集う闇サイトにおいて大量の緋の目を映した動画が投稿されたとありますが、これはツェリードニヒが作った大量の緋の目の動画がサラサを殺した犯人を見つけるために作った闇サイト投稿されたと解釈することができます。

もしこの解釈が正しければ幻影旅団とツェリードニヒとの確執がありますので、BW号船内で何かひと悶着があるかもしれませんね。

まとめ

今回の記事ではサラサを殺した犯人について、実行犯がエイ=イー家で依頼人がツェリードニヒである可能性について考察しました。

サラサが殺されてしまっただけでなく、残酷な形で殺されてしまったということが明かされたため、心が痛くなってしまう回でしたが、幻影旅団の行動理念が明かされる重要なところでもあります。

他にもハンターハンターについて各回の考察やキャラクターの解説記事等がありますので、もし興味がありましたらそちらもご覧になってくださいね。

  • URLをコピーしました!
目次