九十九由基の質量付与の術式・星の怒り(ボンバイエ)の強さ能力!【呪術廻戦205話考察】

呪術廻戦205話にて、九十九由基の術式が『自らに仮想の質量を付与する』ものだと判明しました。

さらにその術式の名前が星の怒り(ボンバイエ)であり、呪具で式神の凰輪(ガルダ)も判明しました。今回は九十九由基の術式の強さや能力について解説していきます。

目次

誰も知らない九十九の術式

まず、最初に九十九の術式について話す前に、羂索の情報源についてお話します。

205話では、特級術師ならば総督部に術式を開示しているのが通常だそうで、しかし、羂索は総督部からは九十九の術式の情報は得られなかったと言っていました。

そもそも羂索が総督部と繋がっていたとか、総督部を脅していたのかわかりませんが、情報が筒抜けになっている状況がおかしいですよね。

これを考えるといつから羂索は総督部の内部に入っていたのかです。死滅回遊の時からなのか、その前から7日、気になります。

九十九由基の術式は質量

では、九十九の術式についてです。

先程羂索が九十九の術式を知らないと話していましたが、それ故に近づいてもらうのは困るとのことで、特級呪霊をだします。

そこで、九十九は自ら自分の術式を『質量だ』と言って開示して攻撃をしますが、使ったのはいつも身の回りにいた骨のような式神ですが、それを凰輪(ガルダ)と呼んで小さくボール上にして蹴ります。

すると当たった特級呪霊がそれだけで、破壊されてしまう威力でした。『質量』というのは、重さと同意と言ってもいいでしょう。その重さをどのくらい付与できるかわかりませんけど、とんでもない重さであることが伺えます。

術式の名前は星の怒り(ボンバイエ)

この術式の名前を聞いた時どういうことだよと思いましたけど、よくわかっていません笑

そしてそのまま羂索を殴りつけると羂索の腕がなくなるほどの威力でした。しかし羂索はすぐに反転術式で腕を復活させます。

それから、九十九が術式の説明をしますが、それは自らに仮想の質量を付与する「星の怒り(ボンバイエ)」という名の術式でした。

さらには、凰輪(ガルダ)という骨のような式神は、九十九が術式で作ったもののようで、呪具化した式神だとか。今まで最初からずっとふわふわ浮かんでいた謎の物体でしたが、ついにわかりましたね。

さらには、この凰輪は唯一九十九以外に術式の対象であるために質量を付与できるようです。

星の怒り(ボンバイエ)の能力・強さ

質量を付与することはわかりましたが、どんな能力なのか、強さなのか。

羂索は九十九の攻撃を見て、解釈します。

九十九が殴って来た時にスピードが落ちていないところを見ると術師本人への影響はないと考えました。質量を付与すれば通常なら重くなるということです。

九十九も『仮想の』と言っていたので、相手からは質量を感じるけど、自分は感じないということなんでしょう。

そしてこの質量ですが、羂索は『空性結界の循環定義に綻びが生じつまで殴り飛ばされた…』『術式対象の概念…その内包と外包に収まらない程の圧倒的質量』と言っていました。

ちょっと意味が不明だったのですが、九十九が破壊した羂索の特級呪霊ですが、『あらゆる障害を取り除くアジアの神の呪い』で『術式対象に概念が絡む特級呪霊』だと言っていました。これもよくわかりませんが、ともかく神レベルの呪霊を瞬殺できたほどの威力でした。

恐らく質量をどれくらい付与するかは変化させられるはずなので、その上限がどのくらいかですよね。あとは、当たらなければ意味のない術式でもあるかと思います。

まとめ

ということで今回は、九十九由基の術式についてご紹介しました。

まだ羂索の言った空性結界の循環定義に綻びという話については意味がわかりませんけど、ともかくとんでもない威力ということですね。

羂索との勝負の行方が気になります。

  • URLをコピーしました!
目次